セブンイレブンで売ってる冷凍の大量殺戮兵器、すっごいコスパいいよ! 2015年12月24日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0


ちびまる子ちゃん → ちびで丸い子供

ちび ⇔ でかい

丸い ⇔ 四角い

子供 ⇔ 成人

つまり、「ちびまる子ちゃん」の反対は、でかくて四角い成人女性「片桐はいりさん」であるとは考えられないだろうか?


ダウンロード

孫の手と間違えて自撮り棒を使って背中を掻いた高齢者の孫の手が自撮り棒になる呪い 2015年11月29日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0




やれ「アヒル口」だの「美魔女」だの「モテカワ女子」だの、散々好き放題言ってくれてるけども。

そんなもん、「いくつもの飲み屋やキャバクラをはしごして、一晩中飲み歩き遊び歩き回った挙句に、最後のシメとしてコンビニでビスコ買って食うおっさん」とかの方が断然かわいいだろ。



鬼に自撮り棒 犬も歩けば自撮り棒に当たる チャンスを自撮り棒に振る 2015年11月05日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

歩きスマホをしていたら異次元に迷い込んだ皆さんこんばんは。
ハロウィンを中井貴一の仮装で過ごした↑野です。

なぜだか分からないが、ここ数年間、Gloveの『Face』の「鏡に映ったあなたとふたり」の部分だけが頭の中で響き渡って困る。

KEIKOの声でも響くし、自分自身の声でも響く。
勝手に頭の中に木霊する時もあれば、自分で心の中で叫んで歌う時もある。

しかもめちゃくちゃキレがよく、勢いのある歌い方をしている。
「鏡に映ったッッ!! あなたとふたりぃッッッ!!!」って鳴ってる。

そしてごくたまに歌詞の別の部分の「あなたの胸ぇ~にはすぐ飛び~込めぇぇないぃぃッ!!!」と出てくることもある。

もちろん今のところこの頭の中の癖が役に立ったことはない。
でも、物は何でも使いよう、頭の使いようで石ころも宝石となるこの世の中、活かそうと思えば活かせるのではなかろうか。

なんにも根拠はないんだけど、海外一人旅をしている時に現地のインド人とかにボッタクられそうになったり、トラブルに巻き込まれそうになった時に「鏡に映ったッッ!! あなたとふたりぃッッッ!!!」ってすごい剣幕で言ったら相手がビビって引きそう。

全然確信とかはないんだけど、なんとなく相手に効きそう。
肝がすわっていてとんでもなく図々しいインド人のおっさんも、さすがに「分かったよ、悪かったよ」みたいな感じで引きそう。

もちろん日本語なわけだから意味は通じてないよ?
通じてはいないんだけどね、でもなぜか相手を圧倒する不思議な力がこのフレーズにはある気がする。

これが「やわらかな風が吹くこの場所で」とか「半径3メートル以内の世界でもっともっとくっついてたいのさ~」とかだとダメ。
もうね、全然ダメ、「あの鐘をぉぉぉ~!鳴らすのはあなぁぁぁ~たぁぁぁ~!!」とか論外だからね。

ボッタクリインド人「へい、日本人?バラナシのホテルまでタクシー!安いよ安いよ!」
観光客「じゃあ乗ってみようかな」
(1時間後)
ボッタクリインド人「はいじゃあ○○ルピーね」
観光客「いや高すぎるでしょ!ガイドマップにはその数十分の一が相場だって書いてあるぞ!」
ボッタクリインド人「払わないとタクシーから降ろさないからね」

観光客「鏡に映ったッッ!! あなたとふたりぃッッッ!!!」
ボッタクリインド人「ごめん悪かったよ、お代は無しでいいから…」


な?


…え、なにその反応?
こっちが一生懸命ブログ書いてんのにスマホいじりながら見てんじゃねえよおい。

あ?なんだよその態度、お前が先にそんな感じにしてきたんだろが!
…おい!ちょ、待てよ!暴力はやめろよ!そういうの出したらお前、それは違うからな?社会的にあれだからな?

痛っ!おいやめろよ、そこ骨とか出てる所だから!けっこう痛み感じる所だから!
おい、や、やめっ…


鏡に映ったッッ!! あなたとふたりぃッッッ!!!


カウントダウンTVを御覧の皆さんにだけ感染する新型ウイルス 2015年10月26日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0


富士そば店内で結婚式を挙げた皆さんこんばんは。
温水洋一に冷や水を浴びせかけて「ぬるま湯に浸かったような生き方してんじゃねえよ」と説教する↑野です。

僕はとうとう東北大学川島隆太教授をも越える、オリジナルの脳トレ方法を思いついてしまった。
そう、それが『即興ヒット曲メドレー脳トレ法』だ。

そもそも脳といってもたくさんの場所に分類することができ、それぞれが協調しつつも独自の役割を担って機能している。
その中でも現代の人間にとって大切な箇所が、前頭前野と海馬だ。
海馬は主に記憶などに関わり、前頭前野は記憶・対人能力・行動力、その他にもたくさんの機能を担当する鍛えるべき場所だ。

それらをバランスよく鍛えることができるのが、この即興ヒット曲メドレー脳トレ法なのだ、なのだなのだ。

やり方は簡単。
動画やテレビの80年90年代ヒット曲CDボックスのCMで見られるような、あのメドレーを自分で即興でやるだけ。
例えば、「あのー日あのーときーあの場所でー君とー出会わーなけーれーば、…ロォンリーチャアアップリィイイーン!!」という具合に、ヒット曲のサビの部分を歌い、短めに切ってすぐにまた他の曲を歌い出し、また次の曲を…の繰り返し。

この一見単純なゲームには複数の能力が必要とされる。

1.歌う歌を考える
2.音程や歌詞を間違えないように注意しながら歌う
3.次の歌を考えながら今の歌を歌わなければならない(実際、次の次の次も予め考えて頭の中にストックした方がより効率的)
4.その曲が本当に80年代のものか?など、テーマに合致している曲かを思い出して判断しなければいけない

などなどだ。

これにより、ワーキングメモリーと呼ばれる短期記憶保持能力が鍛えられる他、いろんなことを同時並行的にこなす能力や、判断力も鍛えられるし、そもそもアカペラで歌を歌うこと自体前頭前野に良いという。

もちろん、初心者は最初の頃は難易度を軽くするために時代などのテーマを決めなくてもいいと思う。
慣れてきたら「90年代リリースの曲」とか「女性ボーカルの曲」とか「ミリオン突破の曲」とかのテーマで範囲を絞る。
そうやってテーマを決めて範囲を絞ることにより、アウトやセーフの冷や冷や感も加わり、よりゲーム性が高まって楽しくなる。

もちろん、このゲームは合コンや職場での休憩時間でも大活躍。
山手線ゲームのように、複数人が順番に歌を繋いでいくというバケツリレー方式で盛り上がること間違いない。

聞こえる…僕には聞こえる…、職場や居酒屋で「いや部長それ古すぎっすよー!寺尾聡はアウトっすよー!」「ええ~!○○君若いのに米米クラブ知ってるのぉ~!」「お前さっきから松任谷由実ばっかじゃねえか!」などの楽しそうな声が…

もうすでにやってらっしゃる方も多いかもしれないが、やっていない方は是非ともやってみていただきたい。
盛り上がりながら、もしくは、なんとなく暇で周りに人がいないときなどに、気軽に楽しく脳トレできるのだから。


ちなみに、Youtubeなどで90年代~2000年代ヒット曲メドレーを聴いているときに、浜崎あゆみや宇多田ヒカル、EXILEなどに混じっていきなり大泉逸郎の『孫』が流れ出したときに、笑わない人間はこの世にいない。


国民的ヤリマンコンテスト 2015年10月20日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

塩のことを執拗に塩化ナトリウムと言い続ける皆さんこんばんは。
ビタミンCのことを執拗にアスコルビン酸と言い続ける↑野です。

以前Twitterでもつぶやいたのだが、「TSUTAYAが準新作100円クーポンを出した瞬間に日本全国のTSUTAYAのアダルトコーナーに準新作のAVを借りに集まってくる男たち」が「国家の非常事態の時に王様が一声呼びかけると全国から集って来る普段は普通の人として暮らしてるけど実はすごい実力を隠し持ってるツワモノたち」みたいでちょっとカッコいいと思う。

アニメとか映画とかでそういうシーンを見るとなんだかワクワクして昂揚感を感じませんか?僕には彼らがそう見えている。

説明する間でもないだろうが、TSUTAYAからの準新作クーポン配信=王様の呼びかけであり、
全国から集う強者たち=クーポン使用でお得にアダルトビデオを借りに来た男たち、

ということだ。

もうあれだから、俺にはもう彼らがとんでもない英雄にしか見えてないからね。
映画『アルマゲドン』で、隕石が地球に接近していることが判明してNASAが全米中から募ったスペシャリスト集団みたいなね?
ドワナクローズマイアイだよ、そりゃエアロスミスもドワナフォールアスリープコーズアイドゥミスユベイベだわそりゃ。

もう絶対クーポン配信されてから数時間後に、屈強な身体をした男たち6人ぐらいが横一列に並びながら、覚悟の決まった鋭い目つきでゆっくりとこっちの方に歩いてきてるわ、その生中継をそいつらの家族が涙ながらに観てて、奥さんあたりが息子を抱きしめながら「見て、パパよ。あなたもパパのように立派な人間になるのよ…」と、溢れる涙に身を震わせながら言い聞かせてるわな。

世界中の人々が息をのみながら見守るわけだよ、彼らが準新作100円クーポンでAVを借りるその勇姿を。
自分たちがあの場にいない背徳感と、彼らに対する憧れと、そしてもちろん尊敬の念の複雑に混じり合った気持ちを抱いて。

そして借り終わった後には、世界中が歓喜の渦に巻き込まれながらも、残された家族や友人は切ない感情に揺さぶられるわけだ。
確かに彼らは大きなことをやり遂げた、しかしまた、犠牲にもなったのだ、みなが素直に喜べるはずもない。

しかし世界は、歴史は、このようにしてしか前へと進めない時もあるのである。
そりゃ犠牲無き進歩の方がいいに決まっている、しかしそれでは前に進めない時代もあるのだ。

そのようにして歴史は紡がれてゆく。
そして男たちもまた語り継がれ、その中に織り込まれていくのだ。


そう、人は誰しも英雄になる可能性を秘めている。


レンタルショップでお得にAVを借りただけで。