ぶらり二人旅 伊豆編 2013年07月01日 企画 トラックバック:0コメント:0

先日彼女と初めての旅行で2泊3日の伊豆旅行へ行ってきたというだけのこと。


 

特急列車スーパービュー踊り子号で池袋から伊豆半島南部の下田駅まで直結で到着。
 
2013_0824_130310-CIMG3014.jpg2013_0824_134148-CIMG3021.jpg
やはり伊豆下田ということで、マンホールは黒船だし、当然毎日決まった時間に黒船が港に襲来する。
ペリーは一日10時間以上、6人体制でシフトを組む。
下田にペリーは500人はいるのだという。

2013_0824_134127-CIMG3020.jpg2013_0824_134742-CIMG3022.jpg
2013_0824_135848-CIMG3024.jpg2013_0824_140039-CIMG3025.jpg
下田公園に入り、見晴らしの良い場所から雄大な山々と爽やかな色合いの海に囲まれた豊かな港町を見やる。
時間の流れがゆったりとしているのがはっきりと分かる、朝はあの大都会池袋にいただけに余計にね。

2013_0824_130401-CIMG3015.jpg2013_0824_141929-CIMG3026.jpg
観光スポットのペリーロードを歩く。
面白い建物、お店が連なる陽気な散策道。
ペリーは見つからず、ペリーに似た人も見つからず、ペリー気取りのお調子者さえも見つからず。
2013_0824_131457-CIMG3016.jpg
見つかったのはペリーロードの横道で眠るペリ猫。

2013_0824_151345-CIMG3029.jpg2013_0824_151357-CIMG3030.jpg
港町ならではの新鮮魚介類を使った地元の海の幸に舌鼓を打つ。
特に伊豆で名産の金目鯛の煮付けを食す↑野氏、美味しさの余り、金目鯛並みに目を見開く。

2013_0826_093857-CIMG3031.jpg
旅館に到着。
南伊豆の閑静な温泉地帯である蓮台寺にある老舗の旅館。

ほぼ24時間蓮台寺温泉に入り放題、部屋の中の内湯も大浴場も1300年の歴史を持つ蓮台寺温泉。
僕は朝起きたら蓮台寺温泉に入り、夜帰ってきたら蓮台寺温泉に入り、これがほんとの入り浸りなのだろうか。

庭の池にはカモたちが群れを成して泳ぎ、なんと青鷺までもが佇んでいたという歓迎ぶり。

旅館でゆっくりダラダラするというこの贅沢。
二人で初めて生活を共有しダラダラするというこの何ものにも代えがたい贅沢。

二日目は稲取駅から伊豆アニマルキングダムへと行き、その後、あの有名な白浜海岸を堪能した。
デジカメを持って行くのを忘れたため、写真はないけどそれもいいよね。

生まれて初めて生でカピパラを見つつ触れ合い、撫でまわした↑野氏。
恍惚の表情を見せながら↑野氏の絶妙なテクに唸るカピパラ氏。
↑野氏が絶妙なテクでカピパラ氏を撫でまわす姿をスマホで撮影していた彼女氏。

なにこの構図?と思った。

白浜海岸では海際の浜辺を歩き、白浜神社と、岬の先端に立った。
海の色がマリンブルーからエメラルドグリーン、さらに透明とグラデーションになっており、海には浸からず感動に浸る。


        2013_0826_121807-CIMG3051.jpg
最終日は、伊豆高原の大室山へ。
大室山は高原地帯に偶然火山活動によってできた大きな起伏だそうです。
まさに高原の上にできた高原、高原オブ高原。

天気は曇りだったものの、素晴らしい景色を見ることができた。


2013_0826_114059-CIMG3033.jpg2013_0826_122307-CIMG3052.jpg
リフトを使って大室山の頂上へ。
あくまで高原であり、火山活動によってできた起伏なので、木ではなく草がびっしりと生えそろうまさに高原の山!

2013_0826_115113-CIMG3036.jpg2013_0826_120526-CIMG3044.jpg

2013_0826_115124-CIMG3037.jpg2013_0826_120119-CIMG3043.jpg
右の写真の上の方にうっすらと映っているのは、あの伊豆大島です。
伊豆大島にも一度は行ってみたいね、今度はあっちから伊豆半島を見てみたりしちゃったりしてね。

2013_0826_120729-CIMG3046.jpg2013_0826_120743-CIMG3047.jpg
山に囲まれた土地に田んぼが。
なんか綺麗な柄になってる。

2013_0826_121508-CIMG3049.jpg2013_0826_121519-CIMG3050.jpg
火山活動によってできただけに、大室山の中央は窪んでいる。
そして窪んでいる部分をアーチェリー場にしている。
偶然の火山活動によってできた山の、その中央の窪みの中でアーチェリーをするというこの発想、さすが伊豆やで。

ということで、360°どこ見てもいい景色じゃねえか!

2013_0826_135249-CIMG3054.jpg2013_0826_135712-CIMG3055.jpg

その次は同じく伊豆高原の、今度は海岸側へ行って、城が崎のピクニカルコースを満喫。
綺麗でありながら激しい波の押し寄せる岩場は迫力満点かつ雄大な景色。

2013_0826_135726-CIMG3056.jpg2013_0826_135756-CIMG3057.jpg

2013_0826_135903-CIMG3058.jpg2013_0826_141045-CIMG3059.jpg

2013_0826_141433-CIMG3061.jpg2013_0826_144956-CIMG3062.jpg


2013_0826_145400-CIMG3063.jpg2013_0826_150228-CIMG3064.jpg



…とまあ、伊豆を満喫していろいろと楽しめて最高だったのですが。



        2013_0824_133413-CIMG3018.jpg

彼女と喜びや贅沢な時間を共有できたのが何よりの宝でした。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/664-988cd4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)