食べログに日本全国の御神木の評価とレビューを書き込む藤岡弘 2013年02月07日 日記 トラックバック:0コメント:0

去年のクリスマスはローストチキンに悩みを打ち明けていた皆さんこんばんは。
毎年家に来たサンタさんには身分証明書の提示を求める↑野です。

先日、駅内デパートに行った際に、櫛が壊れて捨てたきり買ってないことを思い出し、櫛を買いにダイソーへ行こうと思った。
僕は「ダイソーで櫛を買うぞ」という表情を固め、ダイソーに行って櫛を買ってくる意外にあり得ない歩き方で、「ダイソーで櫛を買う」と呟きながらダイソーへ向かった、街ゆく人々は僕がダイソーで櫛を買うということに喜びを感じながら颯爽と歩いていた。

僕は櫛を買った。
税込105円の櫛を買った。

そして家に帰ってから櫛を袋から取り出して見てみると、なんと、櫛の持つ所に「HIGH-CLASS」と書かれていた。
僕はびっくりした、100円ショップで105円の櫛を買ったというのに、この櫛はHIGH-CLASSだというのだ。
僕はダイソーで櫛を買っただけで、一瞬の内にして上流階級の仲間入りをしてしまったのだ。


 
 
そういえばさっきから上流階級の匂いがすると思ったんだよね、その、なんていうか、ほら、首のとこらへんがムズムズするし。
ああ、もうこれ完全にあれだわ、上流階級のやつだわ、上流階級にINした時に誰もが感じる噂のあのやつだわ、間違いないわ。

ごめんなみんな、俺な、もう昔の俺とちゃうねん、わいは変わってもうたんや!
ウチかて変わりとうなかった、変わりとうなかったんや!せやけど仕方あらへんやんか!この街が、あたいをそうさせてん!

しかし、ここで皆さんのような心のけがれた人たちならば、どうせ「いやそれは本当に高級品なんじゃなくって、適当にそう書いてあるだけっすよ。やめられない止まらないとは言われていても結局は結構すんなりとやめられる、かっぱえびせんみたいなもんなんすよ。ミスターSASUKEと言われてるけど一回もSASUKE制覇したことない山田勝己みたいなもんですよ」とか言うんでしょうな。

ほんと卑怯だなお前らというやつは。
じゃあなんだ?俺が騙されてるとでも言うのか?100円ショップに売ってるHIGH-CLASSなんて欺瞞だとでも?
ほんとは中国とか東南アジア辺りの安い賃金で大量生産された、低コスト低品質大衆向けコモディティだとでも?

ほんと嫌らしいやつだなお前らというホモ・サピエンスは、そりゃ少子化も止まらねえよ。
現に櫛の持ち手の所にHIGH-CLASSと書いてあるんだよ、HIGH-CLASSじゃないわけないだろ、こっちは犯行現場押えてんだよ。
なんでもかんでも疑ってかかりやがってよ、デカルトかお前らは。

これか、これが嫉妬の嵐ってやつですか、怖い、怖いわ~民衆の羨望の矛先!
俺だって好きで上流階級になったわけじゃねえよ、ほんとは素朴に暮したかったさ、でも仕方がないじゃない!
現にHIGH-CLASSなんだから!HIGH-CLASSと書かれた櫛を買ってしまったのだから!もうあの頃の二人には戻れないのよ!

大丈夫だって、俺はそんな、自分が上流階級になったからって、付き合い方を変えるような最低な人間じゃないからさ。
お前らみたいな庶…、君たちと同じ人間なんだから、神の前にはみな平等!ほらほら、一緒にサイゼリヤ行こうか?な?ははは!


……やめにしようか、こんな馬鹿げた芝居。


そうだね、はっきりと打ち明けるよ。
確かに俺のこのHIGH-CLASSと書かれた櫛に浅薄な女どもは群がって来る。
友達になったはずのないたくさんの人間から電話はかかって来る、身に覚えのない招待も受ける。

でもこんなのが本当に幸せだと思うかい?
はは、幸せなわけがないじゃないか…、あいつらが評価してるのは俺じゃない、俺のHIGH-CLASSという肩書だ。
もしも俺がこのHIGH-CLASSと書かれた櫛を失ったら、一夜にして奴らは俺の元を去る、それだけの関係だ。

この櫛を手に入れてから俺の人生は変わった、悪い方にね。
誰も信じられなくなったよ、何をしても楽しくなくなったよ、以前はあんなに充実していたのに。

戻れるものならあの頃に戻りたい。
そう、あの日駅内デパートのダイソーに行き、105円出してこの櫛を買う前の、すべてが輝いていたあの頃に。

俺の生活は荒れた。
耐え切れなかったんだ、櫛でしか俺を見ない奴らにも、櫛でしか自分を語れない自分自身にも!

でもそんな時だった、君が僕の目の前に現れたのは。

君だけは俺を櫛として見なかった、君だけが俺を一人の人間として見てくれた。
ありがとう、とても嬉しかったよ、そして救われた、あの時やっと人間に戻れた気がしたんだ。


俺はもう櫛にもHIGH-CLASSにも振りまわされない。
君の髪をこの櫛でそっとやさしく梳きながら、生涯を生きていく。


そう決めたんだ。



                              2013_0201_092511-CIMG2979.jpg
                                                  Fin.png
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/609-d830ab6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)