豚汁はひとつの国家であることが最新の研究結果により明らかに 2012年12月22日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

今年のセンター試験会場が最寄りの餃子の王将店内に指定された皆さんこんにちは。
早くも2013年にセクハラをしている↑野です。

突然ですが、最近、いつどこでどのようにプロポーズすべきかを考えています。
これからの時代は古いと思うんだよね、夜景の見えるオシャレなレストランやスイートホテルの一室だなんて。
もっとクサい奴らになると、雪だるまの中やワイングラスのワインの中に婚約指輪を入れておくとかやちゃってね、しゃらくせえ!
そんなありふれたモースト・オブ・ザ・ピーポーは脱して、二人だけのスペシャルメモリー、築いちゃおうぜ!

だからまず僕が考えたのは、あえて世間と反対をやってみるということ。
つまり、みなが特別な場所や時間を選ぶなら、こっちは普通中の普通、日常中の日常、陳腐中の陳腐が望ましいのではと。
日常の中に、プロポーズという、人生でも上位に入る驚きの非日常の瞬間が迷い込むからこそ、さらにいいわけですよ。

だから僕がお勧めするのは、平日昼時の吉野家店内か、休日朝10時のブックオフ105円コーナーですね。
これはもう間違いないと思う、なんなら汚めの自転車漕いで行くとなおよろしいかと思う。
だって絶対されると思わないでしょ?二人で村上春樹辺りを105円で買おうと目を血走らせてる最中にですよ。
お前の頭の中がハードボイルドワンダーランドじゃねえかと。

まあ、少なくとも、サプライズという点ではかなりの効果が見込めるのではないかと思う。

若しくは、少しフェイントを織り交ぜるために、あえてディズニーランド辺りがいいのではないかと思う。
ここであなたたちときたら、「ちょ、何言ってんすか↑野先輩ちょっとちょっと~!ランドでエレクトリカルパレード観た後に幻想的な夜景を背景にプロポーズとかマジ定説っしょ?マジウケますわ~!今度一緒に中野のサイゼリヤ行きましょうよ~!」とか言うに違いありませんが、まあ、話を最後まで聞いて下さい、あとミラノ風ドリアとドリンクバーで。

もちろんディズニーランドの中でいい雰囲気に酔いしれている最中にはプロポーズしませんよ。
パレードの後でも、ランドの近くのホテルの一室でも、高級な料理に舌鼓を打った後でもありませんとも。
そう、ここは変化球として「アトラクションに乗るための行列の中」でやるわけですよ。

そしたらもう相手「ええ~」てなりますよね。
「ええ~、確かに、いきなりディズニー誘われたし、付き合って長いし、なんかそわそわしてるから、今日辺りプロポーズの告白来るかも…と覚悟はしてたけど、今!?ここで!?前の奴らが無駄に高くて甘ったるいポップコーンを首からぶら提げてる後ろで!?スプラッシュマウンテンの水しぶきわずかに来てるけど!?さっきミッキーが小さい声で『シフト…』って言ったのが聞こえたこの場所で!?ミッキー今日は9時~18時らしいけど!?けっこうガッツリ稼ぐ気でいるみたいだけど!?」て最初はなりますよね。

でもしばらくすると思えてくるわけです。
「あっ、でも、こんな意外なタイミング、想定外な場所でプロポーズしてくるなんてこの人、これからもずっと数々のサプライズで私を驚かせてくれるはずだわ、そう、開園以来、伝統的価値観は変わらずも、数々の斬新な演出とキメ細かいサービスで常に進化の足を止めず、長年にわたって訪れる者たちを魅了し続ける、この東京ディズニーランドのように!」と思えてくるはず。

場所やタイミングに対する不満よりも、その意外性の方を高く評価してくれる結果になるはず。

とまあ、こんな感じでね、もっと普通でいいじゃないか、なにも特別な夜を演出なんかしなくてもいいじゃないですかと。
これから一生を共にしたいということは、それすなわち日々の平凡な日常を共に刻むということですよ?
ならば、その約束をするプロポーズという行為も、いつもと特段変わらぬ日常の中でこそ、果たされて然るべきではなかろうか。


じゃ、僕は千葉県でミッ○ーのシフトがあるのでこの辺で。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/604-b9cc1452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)