ぶらり一人旅:狭山丘陵(トトロの森)編Ⅱ 2012年10月30日 企画 トラックバック:0コメント:0

全国の森に住みたい皆さんこんにちは、↑野です。

去年の夏に狭山丘陵を訪れて堪能し、狭山丘陵を知り尽くした気になっていた僕は狭山丘陵のホームページを見て失禁しました。
確かに僕は去年狭山丘陵の多くを堪能しました、しかし、狭山丘陵は広く、まだまだ巡れていない地域は多く残っているとのこと。

そして、とある日になぜか一時間しか寝てないのに急に目が覚めてしまい、しかも二度寝出来ないほどに目が冴えてしまったので、あ、これはもうトトロに呼ばれてるなと、子供の時にだけあなたに訪れる不思議な出会いが俺にも来ちゃったわなこれ、と解釈しまして、始発で緑の楽園へとこれ旅だったのでございます。


 
 
 
 
2012_1016_065547-CIMG2684.jpg
はい、ということで懐かしのこの入口。
バス停から2分ほど歩くとすぐに来ることができます。

ちなみに、始発で来たのでバス停に着いた時点で朝の6時だったのです。
町中で野球のユニフォームを着た高校生ぐらいの少年に「おはようございます」と声を掛けられ、朗らかな気持ちに。

2012_1016_065134-CIMG2681.jpg
町中の猫もこの歓迎ぶり。

2012_1016_065636-CIMG2685.jpg
このフェンスから広がる森の中も久しぶりですな。

2012_1016_065018-CIMG2680.jpg
茂りに茂っている。
茂るか茂らないか、彼らにそういう概念はない、茂ることとは生きること、それが彼らにとっての茂りなのだ。 しげを

2012_1016_065742-CIMG2686.jpg
どんどんと先を行く。

2012_1016_065840-CIMG2687.jpg
この地点ではまだ東京都。
まずはインフォメーションセンターがある中心地とその近くにある六地蔵へ行くのが良さそう。

2012_1016_065920-CIMG2688.jpg
金木犀の香りが薄く引き延ばされて、まるで天然のアロマテラピーのように常に包んでくる。
気温も暑すぎず寒すぎず、このタイミングで来て良かった。

2012_1016_070123-CIMG2690.jpg
ナショナルトラストが頑張って自然環境の保全を行って下さっています。
いろんなプログラムなんかも年中開催しているようなので是非参加してみては。

2012_1016_070400-CIMG2691.jpg
小さな憩いの場の横にあるトイレなのですが、ええ~、この名前は、ちょっと、別のあれに聞こえるからやめといた方が…。

2012_1016_070745-CIMG2694.jpg
赤い実はじけた。



2012_1016_071109-CIMG2695.jpg   2012_1016_071311-CIMG2698.jpg   2012_1016_071511-CIMG2699.jpg



2012_1016_071705-CIMG2700.jpg
久しぶりの出会いの広場が見える、行ってみることに。

2012_1016_071756-CIMG2701.jpg
相変わらず誰もいない。

2012_1016_072041-CIMG2704.jpg
この辺りが狭山丘陵でも、特に森の中に入って行ける自然の濃い部分ですね。

2012_1016_071935-CIMG2703.jpg
いやー、しかしほんと、人一人いない静かな森だな~。
と、思っていたところ、

2012_1016_071851-CIMG2702.jpg
するとなんと、森の賢者らしき人がいました!
さっそく話を聞いてみたいと思います。

2012_1016_072150-CIMG2705.jpg
僕「やっぱり森の賢者だけあって、自然環境の保護とかが一番の願いなんですか?」
森の賢者「いや、女子高生と結婚したいと思っているよ」

僕「服が色落ちし過ぎじゃないですか?」
森の賢者「賢者は色落ちしてからが賢者なんだよ。逆に服が色落ちしていない内は賢者だなんて言えないからね」


2012_1016_072705-CIMG2708.jpg
その後、インフォメーションセンターに行ってみたのですが、朝早すぎて開いてなく、インフォメーションを全くいただけず。

2012_1016_072608-CIMG2707.jpg
仕方がなく、自分で地図を参考にしながらまだ行ったことがない部分を周ることに。

2012_1016_072742-CIMG2709.jpg
なんかこういうのやってるからお前らも来いや!

2012_1016_072913-CIMG2711.jpg
この季節は丘陵内の様々な所にススキが生えています。

2012_1016_073257-CIMG2712.jpg
人っ子一人いねえ。

2012_1016_072429-CIMG2706.jpg
なんかすごくモッサリした植物。

2012_1016_073600-CIMG2713.jpg
えっ?

2012_1016_073610-CIMG2714.jpg
えっ!?こういう鳥って、こういう風にいるもんなん!?こんなん普通に地面の上にいるの見たことないけど!?
そしてよく見たら目がめっちゃ怖い!クスリやってるやろ!

2012_1016_073740-CIMG2716.jpg
ものっすごい食べられそうなキノコがある。

2012_1016_073803-CIMG2717.jpg
もうこれ完全に味噌汁に入ってるやつやんけ。

2012_1016_073942-CIMG2718.jpg
ちなみにこれが六地蔵だそうです。
完全に六つのお地蔵様が並んでる、笠地蔵的なやつだと思ってました。

2012_1016_074115-CIMG2719.jpg
ここからは尾根道に入って狭山丘陵の一番北西部を目指すことに。

2012_1016_074127-CIMG2720.jpg
染料に使えそうなブルーベリーみたいな実があちこちに。



                 2012_1016_074258-CIMG2721.jpg

     2012_1016_074705-CIMG2722.jpg           2012_1016_074836-CIMG2723.jpg

どんどん歩いて行く。
尾根道を歩いている時には軽く30人ぐらいとすれ違うのであいさつ疲れした。
登山ではなく丘陵なのですが、やはりあいさつするのがマナーなのですね。


2012_1016_075055-CIMG2724.jpg

2012_1016_075223-CIMG2725.jpg
ハート形の葉が所々にたくさんあって和むわ~。

2012_1016_075445-CIMG2727.jpg
そうこうしている内に、去年も行ったあそびの森に辿り着いた。

え?「あそびの森なんだからちゃんと遊んでくださいよ」って?

あのね、…いい加減にしてくださいよ!!
僕のこといくつだと思ってるんですか?とっくの前に20歳を超えてるんですよ!?それを…










2012_1016_075348-CIMG2726.jpg

2012_1016_075557-CIMG2729.jpg

2012_1016_075839-CIMG2731.jpg


2012_1016_080630-CIMG2733.jpg
あそびの森を出るとすぐそこにプールがある。

2012_1016_081128-CIMG2735.jpg
こんな所に公園があったとは。

2012_1016_081159-CIMG2736.jpg
ちょうど今の季節は田んぼが黄金色に染まっていますね。

2012_1016_081501-CIMG2738.jpg

2012_1016_081618-CIMG2740.jpg

2012_1016_081552-CIMG2739.jpg
めちゃくちゃでかいキノコ、写真だと分かりにくいですが、500mlペットボトルよりでかいぐらい。

2012_1016_083759-CIMG2742.jpg
さすがはトトロの森と呼ばれているだけあって、ドングリがあちこちにたくさん落ちている。

2012_1016_083822-CIMG2743.jpg
この閉塞した日本社会に在って、葉っぱや木の実など、自然が生み出す純粋たるものに興味を向ける聖なる子供たち。

2012_1016_084037-CIMG2745.jpg
今回もまた知らない内に埼玉県入りしていた。
丘陵内をさ迷っている間に何度も東京都と埼玉県を出たり入ったりするわけです。


    2012_1016_084113-CIMG2746.jpg               2012_1016_084314-CIMG2747.jpg
                  2012_1016_084814-CIMG2748.jpg
    2012_1016_084907-CIMG2749.jpg               2012_1016_085406-CIMG2752.jpg


2012_1016_085127-CIMG2750.jpg
たかだか水滴のくせしてなに調子乗ってんだこら。

2012_1016_085621-CIMG2754.jpg

2012_1016_085653-CIMG2755.jpg
木々が斜めに生えていて、錯覚で少し酔う、右に寄って歩きそうになる。

2012_1016_085907-CIMG2756.jpg

2012_1016_090149-CIMG2757.jpg
ちらっと建物が見えるので近づいて行く。

2012_1016_090238-CIMG2758.jpg
神社があった。

2012_1016_090300-CIMG2759.jpg
須賀神社というらしい。
狭山丘陵は麓の方の町との接触点辺りに神社が多い。

2012_1016_090431-CIMG2760.jpg
またまた尾根道に戻って先を行く。

2012_1016_090846-CIMG2761.jpg
廃車が佇む。
良くはないことだけど、なんだか芸術の香りを感じてしまう。

2012_1016_091221-CIMG2762.jpg

2012_1016_091548-CIMG2764.jpg
そうこうしている内に目的の場所、狭山丘陵の北西部にある六道山公園に辿り着いた。
奥に見えているのは展望台。

2012_1016_091653-CIMG2765.jpg
心洗われるような広場がある。

2012_1016_092009-CIMG2766.jpg

2012_1016_092202-CIMG2767.jpg
畑なんかもある。

2012_1016_100154-CIMG2771.jpg
ここからは、元来た道を帰るのもなんだかあれなので、せっかくだからと一旦町の方へ行ってみて、住宅の中を歩きながら、次の目的地こと里山民家を目指すことに。
自然もいいですけど、住宅街や町も好きなのです。

2012_1016_095116-CIMG2768.jpg
住宅街内のあらゆる掲示板に照英氏のポスターが貼ってある、そういう宗教なのだろうか。
それにしても表情、凛々しっ!

町中がものすごく長閑だったので、「さすが埼玉県の町は長閑だな~」と思いながら歩いていたら、ギリギリ東京都だった。
もう僕には、どこが埼玉県でどこが東京都か分からないよ。
瑞穂町という町で、最寄駅が箱根ヶ崎駅ですね、一度は来てみるといいよ。

2012_1016_095904-CIMG2769.jpg
家政婦かおまえは。

2012_1016_101037-CIMG2774.jpg
住宅街から勘を頼りに丘陵へ戻ると、なんと調度いい所で入ったらしく、すぐに里山へと辿り着く。
ここは急に開けた、里山民家のすぐ裏の田んぼ。

2012_1016_101158-CIMG2776.jpg
カエルちゃん。
おっさんみたいな顔してたけど。

2012_1016_101400-CIMG2779.jpg
案山子がけっこうリアルで、本物の人間が中に混じっていないかと何度も確認してしまった。
こらカラスも騙されるわ。

2012_1016_101519-CIMG2782.jpg
風に揺れる黄金色の稲穂。

2012_1016_101434-CIMG2780.jpg
ほんとに「へのへのもへじ」って書くんや、ベタやなぁ~。

2012_1016_101741-CIMG2783.jpg

2012_1016_101758-CIMG2784.jpg
ということで、すぐそこの里山民家に行きます。

2012_1016_102220-CIMG2785.jpg
民家の門がこれなんですが…

2012_1016_102232-CIMG2786.jpg
やっつけ仕事すぎるやろ!ボコボコにされたみたいになってるやんけ。

2012_1016_102312-CIMG2787.jpg
こちらがメインの民家。
屋根の向かって右の部分が少し欠けているのは僕のせいじゃありません、僕はむしり取ってません。

2012_1016_102845-CIMG2791.jpg
多摩モノレールの旅の時の砂川七番駅近くの古民家や、府中市郷土の森博物館内の古民家と同じような作り。

2012_1016_102343-CIMG2789.jpg
蔵もある。

2012_1016_102421-CIMG2790.jpg
中は狭山丘陵の説明やパンフレットがたくさん置いてある。

2012_1016_102326-CIMG2788.jpg
なんかムックのパチもんみたいなのがいる、と思って近づいてみると、

2012_1016_103228-CIMG2794.jpg
怖いわ!夢に出てくるわこんなもん。

2012_1016_102903-CIMG2792.jpg
そして敷地内にはこの季節特有のコスモスが。
よく世話が行き届いていて素晴らしく和みます。

2012_1016_103308-CIMG2795.jpg
もうこれとか、完全にとなりのトトロでサツキとメイちゃんが洗濯を足で踏み洗いしてた時の汲み上げ井戸だよね。

2012_1016_104138-CIMG2800.jpg
また丘陵に戻って、一部尾根道をまた歩いて、最初のインフォメーションセンター付近へ戻る。

2012_1016_110340-CIMG2802.jpg
戻ってきました。
インフォメーションセンター近くの展望台。

2012_1016_111937-CIMG2804.jpg
こっちは去年も来た、冒険の森の方の展望台デッキ、相変わらず良い風景が広がる。

2012_1016_112315-CIMG2806.jpg

2012_1016_113854-CIMG2812.jpg
そして今年もまた、丘陵の間にある県道を歩いて湖を目指す。
とはいっても、今回は前回と同じ湖ではなく、別の湖を目指します、同じだと面白くないからね。

2012_1016_114726-CIMG2813.jpg
そしてまたしてもいつの間にか埼玉県所沢市入り。
埼玉県のみんな!俺だぜ!俺が来たんだぜ! 埼玉県所沢市お住まいのTさん「↑野さんに来ていただけて最高です(虚ろな目)」

2012_1016_120241-CIMG2816.jpg
前回は標識に向かって左側に進んだわけですが、今回は真っすぐ標識側に行きます。

2012_1016_120327-CIMG2817.jpg
ものすごく毒々しい色のレストランがそびえ立つ。
それにしても毒々しい色だなと思っていたら、このレストランの名前が「ブルーベリー」らしい、黄色の方が多いだろうが。

2012_1016_120401-CIMG2818.jpg
なにこの辺り?毒々しい色の建物しか認めない独自の建築基準法とか施行されてるの!?

2012_1016_120517-CIMG2819.jpg
サイクリング・ウォーキング用ロードをひたすら歩く歩く、足が棒のようだよ。

2012_1016_124104-CIMG2831.jpg
去年は遠くから眺めるだけだった西武ドームも、こんなに近くまで来た。

2012_1016_121307-CIMG2822.jpg
そして来ました多摩湖!きれいにもほどがある。

2012_1016_121405-CIMG2825.jpg

2012_1016_123036-CIMG2828.jpg
より近くで見られる場所へ降りて行く。

2012_1016_123238-CIMG2830.jpg
海みたいだな、なんか海っぽい匂いもするし。

2012_1016_132000-CIMG2832.jpg
いつの間にか遊園地に来ちゃったよ。
ここがあの有名な西武園遊園地なのか。

2012_1016_132638-CIMG2835.jpg
その後も、多摩湖の周りをサイクリングロード沿いに歩きながら、次なる目的地へと進む。

2012_1016_133322-CIMG2836.jpg
見る位置の違いで見え方が随分と違うのが湖のおもしろいところですね。

2012_1016_133604-CIMG2839.jpg
多摩湖を見渡しながら歩ける長い長い歩道。

2012_1016_133926-CIMG2842.jpg
魚もいよるわ。

2012_1016_134005-CIMG2844.jpg

2012_1016_134308-CIMG2846.jpg
狭山湖の時と同じく、湖の反対側は町、いい町ですな。
ちなみに、言うの忘れてましたけど、ここが都立狭山公園です、目的地の一つですね。

2012_1016_135206-CIMG2850.jpg
確か、以前多摩モノレールの上北台駅から行った自然公園の中でもこれ見ましたね。
実際、あそこも多摩湖のすぐ近くにあり、ここと距離的にすごく近いらしい。

2012_1016_140722-CIMG2851.jpg
狭山丘陵と多摩湖を満喫した後は、しばらく歩いて武蔵大和駅へ。
ここから少し離れた、本日の最終目的地、八国山緑地へと向かいます。

2012_1016_145842-CIMG2852.jpg
ここが最終目的地の八国山緑地。

2012_1016_145907-CIMG2853.jpg
緑地の名前で気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、となりのトトロのサツキとメイのお母さんが入院していた七国山病院の「七国山」という地名のモデルとなった所です。

2012_1016_145949-CIMG2854.jpg
一本だけ周りから離れて立つ孤高の小木。

2012_1016_150028-CIMG2855.jpg
八国山緑地は狭山丘陵本体以上にドングリがたくさん落ちている。

2012_1016_150050-CIMG2856.jpg

2012_1016_150651-CIMG2862.jpg

2012_1016_150808-CIMG2863.jpg

2012_1016_151329-CIMG2864.jpg
シンプルすぎる腰掛ベンチ。

2012_1016_151934-CIMG2867.jpg

2012_1016_152516-CIMG2868.jpg
この緑地は住宅街と密接している。
入口近くでは西武線の路線とも隣接してるし。

2012_1016_154039-CIMG2873.jpg
憩いの場も多数ある。
このような所で家族そろって遊んだりご飯を食べるとさぞよろしいでしょうな。

2012_1016_154132-CIMG2874.jpg

2012_1016_154220-CIMG2875.jpg
木々の密度が高い場所と開けた広場とのメリハリが利いていてとてもいいです。

2012_1016_155001-CIMG2876.jpg
時間帯のせいもあってか、鬱蒼感がすごい。
狭山丘陵本体に負けないぐらい緑が深い所や背の高い木々がそびえ立つところも。

2012_1016_155620-CIMG2877.jpg
比較的面積が狭く、ゆっくり歩いても1、2時間ほどで周れるので、一周してきました。
八国山緑地も、小さいながらも自然の詰まったいい緑地でしたね。

2012_1016_161254-CIMG2878.jpg
八国山緑地を存分に堪能した後は、西武園駅から帰宅の途へと着きました。


こうして、純粋に丘陵とその行程だけで朝の6時から夜の5時ぐらいまで彷徨ってました。

一年ちょっとぶりの狭山丘陵で、しかも前回は夏の始まりの7月下旬ぐらいに来ていたので、森の様子がけっこう違いましたね。
もう秋だったので、前回ほどは緑が濃くはありませんでしたが、秋特有の金木犀の香りだとか、ススキや背高アワダチソウだとかが所々に咲き誇っていて風情があり、気候も涼しくて寒すぎず暑すぎずのおかげで夏ほど過酷ではありませんでした。

今回、二回目ということでしたが、以前見た所には懐かしさを覚え、まだ見ていなかった所には歓喜を感じました。
今回の訪問で、狭山公園、東大和公園、野山北・六道山公園、八国山緑地、狭山湖、多摩湖、さいたま緑の森博物館、里山古民家と、狭山丘陵を構成する主な所にはほとんど訪れ満喫できたことになります、丘陵制覇だぜ!

そしてせっかく二年連続で訪れたので、毎年一回は狭山丘陵に行きたいなと思うようになりました、どうなるか分からないけど。
自分の中で狭山丘陵が、年に一度巡礼する聖地のような存在になりつつある。

知り合いの方の一人が、昔から何度も何度も高尾山に登っており、それだけでなく度々高尾山に野宿で山籠りをしているそうなので、僕も何か修行の必要性を感じたら電子書籍端末か何か最低限のものだけ持って森籠りしてみるのも面白いかもしれない。

まあ何にせよ、夏の狭山丘陵、秋の狭山丘陵と制覇したので、次は春あたりにまた訪れたいものです。
立川からすぐに来れるので、みなさんも是非狭山丘陵に訪れてみてはいかがでしょうか?


                                            ※狭山丘陵ホームページ

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/590-9ea4d18b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)