タモリ「二度とウキウキウォッチングできない身体にしてやろうか?」 2012年09月25日 日記 トラックバック:0コメント:0

優しい老婆に力負けする皆さんこんばんは。

何度か書いたことがあるかもしれませんが、僕はおじさん・おばさん、おじいさん・おばあさんによく好かれる。
何故かは分からないが、普通に歩いてたり、普通にスーパーで買い物しててもよく話しかけられる。


 
 

僕は普段全然好青年っぽい表情や挙動はしていなくて、むしろ毎日恐ろしいほどの真顔で行動していて、瞳などは、5000回ぐらい洗濯して色落ちしまくった黒色ジーンズみたいな色をしている。
東京ディズニーシーはたぶん、お金を払っても僕のことを入れてくれないのではないかと思うほど、虚無感が滲み出ている。
僕が園内にいる時だけ、エレクトリカルパレードの乗り物の上からミッキーたちがニワトリの腐乱死体を投げて来ることでしょう。

それぐらいに周りを明るくしたり、この人と喋ってみたいと思わせるような要素がゼロな僕のはずなのだが、やはりおじさんおばさんが話しかけて来る、にやにやしながらね、わしゃお前らの晩産した愛娘がさらに晩産した孫か。

初めて行った土地でキョロキョロしながら歩いていてもすぐに道を聞かれたりする、道を教えてくれるのかと思いきや、聞かれる。
一回ゆっくりと肩に手を置かれたことがあるからね、びっくりした、熱くなり過ぎた筋肉マンを優しく諭すテリーマンかと思った。

この前も、スーパーでサンマを袋に詰めていたら、後ろから「サンマ美味しそうだね」と言われたんです。
ええっ!?いや、ああ~、はい、そうですね、脂がね、すごく、乗っててね、あの、美味し、そう、ですよね…、へへ、へへへっ!

そらそうなるわ!俺の獲って来たサンマじゃないしね!そんな、サンマを褒められても俺どないしたらええねん!店員でもないから「当店のサンマをお褒めいただきありがとうございます」的なことも、俺の口からは言えないからね!シワッシワのポロシャツ着てる、ただの凄い無表情でサンマ取ってるだけの青年だから!なんて答えるのが正解だったんだよ!いっそのこと殺してくれよ俺を!

みたいなことがよくあるわけですよ。
何が目的なの?あたいの身体?でも失礼ながら、そういう時期はとっくに過ぎてるでしょ?介護要員目的?
いや、べつにそりゃ、冷たくされるよりは嬉しいし、ありがたいけどね、こんな僕に優しくしていただいて。

でも未だに全く納得がいかないのが、昔とある場所でおばさんに「あなたものすごく生まれが良さそうね、どっかの良い所育ちのお坊ちゃんだと思ってたわ」とか言われたことがあるのですが、その時の僕の髪形「モヒカン」でしたからね。
ええ~!?何その判断怖っ!お前の目はオシャレな吹き抜けか!ぶち抜かれてるじゃねーか!劇的ビフォーアフターにやられたの?本当の意味で「なんということでしょう」じゃねーかよ!ナレーターも今回ばかりはマジの時のテンションだわ!声震えてるわ!
「一度でいいから見てみたい、良家の育ちのモヒカンを」ってか!?往年の落語家気取りかよ、しゃらくせえ!

そんなもん、フランダースの犬を最後まで観て「マジウケる!」とか言い放ってるようなもんですからね。
衰弱しきった火垂るの墓の節子をマウントポジションから執拗に眼球を狙ってヒョードル並みに殴打してるようなもんですからね。

ほんとに世のおじいさんおばあさんたちの見え方や考え方は、我々のそれとはけっこう違っているのだなと分かりますね。
しかし、だからこそ、彼ら彼女らは多くのことに気づかせてくれるし、いろんなものを与えてくれるのだと思います。


中高年のみなさん!いつまでも元気に長生きしてくださいね!それでは失礼します!


※(このような素晴らしい言葉を書く青年を我々日本人は大切にしなくてはならない。この青年のような他者を重んじ先達を敬い、人々の幸福を真に願う、聖人君子と見紛うかの如き人物は、稀有であり財産である。このような人物を絶やさぬがため、この青年の口座に多額の金銭的報酬を与えるということもまた、我々良心的日本人ひとりひとりが簡単にできる社会的貢献活動であり、現在と未来に公益の種を撒くということになるのだろう。なぜなら、歴史を見ても明らかなように、たった一人の傑物が、その国や世を、信じられないほどに善良かつ究極理想的な方向へと改革するということが十二分にあり得るからである。空を見上げてみて下さい、とても綺麗な青空が広がっているでしょう?この青年の心はこの空よりもさらに青く深く、そして鮮やかに澄み渡っているのです)

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/587-9e7b1802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)