今なら期間限定・暴力で解決するタイプのガンディーが付いてくるよ! 2012年09月08日 日記 トラックバック:0コメント:0

毎晩港でイタリアン・マフィアたちと殴り合ってる皆さんこんばんは、↑野です。

僕の熱狂的ファンである皆さんならば知っているように、僕はケチくさい所が多分にあって、コンタクトレンズを使用期限よりも長く使うということをよくしてしまう、ダメだということが分かってはいてもついね。
あれですからね、今使っているコンタクトも思いっきり「2週間用」と書かれていますけど、2年半使ってますからね。


 
 

もちろん過去にもこのようなことをやりまして、大学2年生ぐらいの時は半年分で購入したコンタクトを結局1年ぐらい延ばして使ってたわけです、今から考えたらまだこんなの可愛い方なんだけれども。

ところが当時久しぶりに眼科に行ってまたコンタクトを購入しようと検診を受けたら、医院内のパソコンで患者のデータがしっかり管理されているので普通にバレてしまいまして、眼科医助手の20代中盤ぐらいのお姉さんにすごい追求をされたわけですよこれ。

お姉さん「↑野さん、本日は約一年ぶりの検診ということですが、その間コンタクトはどうされてましたか?」

ここで僕も「メガネと併用していました」とか嘘をついてればよかったのかもしれませんが、ほら、僕といえば人に嘘とかつけない善良ピュアピュアキューピーボーイじゃないですか?肩甲骨から天使の羽が生えてるじゃないですか?金のエンゼル5枚か銀のエンゼル10枚集めたら僕がもらえるじゃないですか?だから正直に言っちゃったんですよね。

僕「ああ、二週間用のやつを一カ月ぐらい使ってたんで、それで期間が延びちゃってたんですよね」

するともう次の瞬間、お姉さんの目が明らかに変わりましたよね、眼科医助手なだけに。
さっきまでの丁寧で親切そうな眼差しは一転して、キツネみたいなドSの眼差しになりましたよ。

お姉さん「あのー、↑野さん。これはね、↑野さんのためを思って言うわけですが、コンタクトというものはね、やはり目の中に異物を入れるという行為なわけです。それでね、そうである以上はね…」

長々と説教が始まったのです。
僕は小学生の頃に女教師に長々と怒られた記憶がフラッシュバックして身を縮めて俯きながら聞きました。

お姉さん「…というようなリスクももちろんあるわけです。分かりますよね?」

僕「すみません…」

お姉さん「いやこれはね↑野さん、↑野さんのことを思って言っているんですよ、何かあってからじゃ困るのは↑野さんですから」

もはやお姉さんは完全に僕のことを「もうあなただけの身体じゃないんだから」的な妊婦を諭すような論調で僕を責めます。
ここまで言われたら、そう言えば自分は双子を妊娠している身なんじゃないかとさえ錯覚してくるから不思議なものです。

僕「ほんとにすみません…」

お姉さん「いやすみませんじゃなくてね↑野さん、ご自身に何かあってからでは遅いのでね、絶対にここのところは分かって欲しいと思って御説明させて頂いているんですね。」

僕「はい…」

お姉さん「うん、それでですね…」


しつこっ!!!
説教しつこっ!やり手キリスト教司祭かと思った!もう分かったから!理解したから!そして謝ってるから!自分自身の非を認めてるから!生まれて来てごめんなさ…いや生まれて来たのは別にいいわ、視力が落ちてごめんなさい!マリオカートとかマリオRPGとか、おかんとぷよぷよばっかりしてたからやわ!そんなあたいを許してぇ!

しかもこの方がまたけっこうな美人なんですね、だからもう余計に逆らえなかった。
座っている僕と目線を同じくするために片膝をついて顔を近づけ、マスクをしているためにより目力が強化され、そのレーザービームのような眼差しをずっと僕の目から逸らさずに、心の中を貫き通すかのように注いでくる、これがレーシックか。

さらにこの一連の長々とした説教、待合室で行われてましたからね!下は小学生ぐらいの少女から上はおばあさんおじいさんたちまで、自分が普段住んでいて、大学の目の前にある、最も使用頻度の高い場所で、市民たちに見られながら説教されてましたからね。
ええ~、なにこの羞恥プレイ、場所を選ばずに桜木町駅の改札で別れ話して彼女が泣きだすカップルじゃあるまいに。

そうして長々と続いた説教もようやく終わり、無事コンタクトを新たに購入することができたわけですが。

それにしても、いくら僕が使用期限を守らなかったからとは言え、なんですかこの説教は?僕だって患者ですよ!コンタクト購入者という観点から見れば一人の消費者であり客ですよ!それなのになんなんですかこの対応は!


めちゃめちゃ興奮するじゃないですか!!
今度2年半ぶりにまた同じ眼科に行ってさらに強く辱められるのが楽しみで仕方ないです、ぶひぃ!!

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/584-d690b9bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)