ラピュタの中でも無線LANが使えます 2012年06月25日 日記 トラックバック:0コメント:0

夢は毎晩見るのだが、現実よりもよほど現実らしい夢を見た。
空気の匂いと風の肌触りがはっきりと感じられ、現実世界のどこか屋外で立ち尽くしているよりずっと生々しくそれを感じた。

たまに夢の中で「あ、これは夢だな」と気づきながら見る夢もあると思うけど、まさにあの状態となり、より客観的に、今見ているこの夢が、どれほど現実を超えたリアリティを持つものかを、冷静に感じ取りながら夢の中にいた。

夢の中の僕は、ひたすらその感動的なまでに現実を超えた現実感に打ちのめされて、無言で立ち尽くしていた。
草原のような場所で、爽やかな風に吹かれながら、ただただ立って前方の景色を見ていた。
非現実である夢の中で見る現実感は、現実である日常の中で見る非現実よりも、実は稀であり、感動的であり、何より荘厳なのであると知り、夢の中の僕と、夢だと気づいて俯瞰していた布団の上の僕は、二人してそれに感動を覚え、圧倒されていた。


だけど途中で、つのだ☆ひろがにやにやしながら道を尋ねに話しかけて来たから全てが台無しになった。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/569-872cd455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)