ぶらり一人旅:多摩市・稲城市・府中市 サイクリング編 2012年04月28日 企画 トラックバック:0コメント:0

暖かくなってきたので久しぶりに遠出してきました。
今回はなんと初の自転車一人旅です。

「え、自転車で日帰りで行ける範囲を旅って…、それは旅とは言わないよね」とかいう言葉が聞こえて来そうですが。

うるさいっ!!!
なんやのん、あんたらはいつもそうやって!あれもいやこれもいやゆうて!
文句ゆうだけやったらあんたそんなもん犬でもできんねんで!ええかげんにしいや!チューペットあげへんで!

…すみません、つい熱くなってしまいました。
さすがにチューペットは言いすぎでしたね。

まあとにかく、最高気温24度のそこそこ暑い中を安い自転車こいで行ってきました。


 
 
朝の3時に起きて4時に出かけるはずが、寝坊してしまって、結局4時起きの5時出発となった。
自転車で横浜から多摩川に行き、多摩川をずっと海と反対方向に遡り、迷わずに稲城市・多摩市入りするという計画。


2012_0424_054148-CIMG1827.jpg
ここがスタート地点の丸子橋の上。

2012_0424_054848-CIMG1830.jpg
この多摩川の土手や河川敷にあるサイクリングロードを利用して景色を楽しみつつ遡ることに。

2012_0424_055319-CIMG1832.jpg

2012_0424_055444-CIMG1833.jpg
多摩川の河川敷って、サバンナにありそうな木がけっこう生えてるよね。

2012_0424_055535-CIMG1834.jpg
桜もまだまだ楽しめまっせ!

2012_0424_055558-CIMG1835.jpg
2012_0424_055740-CIMG1838.jpg
ソメイヨシノとかはすぐ散ってしまうけど、この種の桜は毎年長く楽しませてもらえる。

2012_0424_060119-CIMG1839.jpg
ただでさえのどか過ぎる雰囲気に、のどかの代名詞こと菜の花もたくさん生えている。
早朝で人が全然いなかったので、そこそこ大きな声で裸の大将のOPの「野に咲く花のように」を口ずさみながらペダルを漕ぐ。

2012_0424_061020-CIMG1841.jpg
このビルの配置と高さは確実に下ネタ狙って建てたよね。

2012_0424_062455-CIMG1842.jpg
やっと多摩川を近くで見られる位置に。
多摩川の河川敷は歩行者専用の箇所も多く、土手から降りれない所も多いので、川からある程度離れた所をよく走るのです。

2012_0424_062504-CIMG1843.jpg
いいなぁおい!

2012_0424_064617-CIMG1845.jpg
調子よく進んでいると、急に神社が現れる。

2012_0424_064653-CIMG1846.jpg
この神社のお狐様はみんな籠に入れられている、箱入り狐。

2012_0424_065236-CIMG1847.jpg
やっと登戸まで来た。
いや~長かった!もう正直ここまでの時点で、軽く東京-名古屋間を3往復したんじゃないかぐらいの気分だからね。

2012_0424_070150-CIMG1848.jpg
「この程度の距離で辛い辛い言いすぎだろ」とか思うかもしれないですが、僕の自転車はロードレース用のあの本格的なやつじゃなくって、8000円ぐらいの普通のやつだから漕いでも漕いでも前に行かないんですよ。
いや、「サドルの位置高すぎだろ」とかそういうのは今はいいじゃないですか、サドルの高さと志の高さは比例するのです。

2012_0424_070736-CIMG1849.jpg
ということで、さらにどんどん進んで行くよ!

2012_0424_070922-CIMG1850.jpg

2012_0424_072203-CIMG1851.jpg
やっと稲城市に着いた!
もう~疲れた、登戸までも長かったけど、登戸から稲城市もまた長かった。
「YES!いなぎ」のYESの意味が全然分からないけど稲城市に入らせていただく。

2012_0424_073021-CIMG1853.jpg
稲城市に入った所らへんで出逢った猫。
ええ~、信じられないぐらい僕の来訪を喜んでるじゃないですか~。

2012_0424_073045-CIMG1855.jpg
野性味溢れるこの表情、これが稲城の多摩川や!

2012_0424_073757-CIMG1856.jpg
さらにさらに漕ぐ、漕ぎ続ける。
写真やGoogleマップだけで見たらすごく近くてすぐ行けそうに見えるかもしれないけど、めちゃめちゃキツいから!
なにネット上の簡易地図だけ見て「なんだ近いじゃん」とか思っちゃってるのYOUたち!?実際はすごいからね!?
なあなあみんな聞いて、ちゃんと俺の目を見て聞いて!めちゃめちゃキツいから!ケツもめっちゃ痛くなるから!

そして漕ぐこともうしばらく…

2012_0424_075211-CIMG1859.jpg
やっと着いた!
32kmて!そんなもん、そら辛いに決まっとるわ!こんなもん、完全に車使う距離やわ。

2012_0424_075832-CIMG1861.jpg
またしてもここで猫。
ええ~、またしても僕の来訪を信じられないぐらい祝福しているじゃないですか~。

2012_0424_074509-CIMG1858.jpg
ここで多摩川から是政橋という橋に入る。
ここから西側に行くことでJR南多摩駅周辺に入ることができる。

気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は僕、南多摩に来てたんですね。
風景は相変わらずで少し胸にジーンと込み上げるものがありました。

2012_0424_074418-CIMG1857.jpg
漫画の強調を表すときの斜線みたいになってる。
しかしでかいな。

2012_0424_080555-CIMG1862.jpg
ここからは川崎街道に入り、しばらく進んで行く。

2012_0424_080859-CIMG1863.jpg
ここが一番辛かった!いや、写真で見たらよく分からないでしょうけど、緩やかな坂がずっと続くんですよ。
なにせほら、山ですからここ、山を切り開いて作った道なので基本坂なわけですよこれ。
もう全身汗でビッショビショなりましたから。

2012_0424_081623-CIMG1865.jpg
何よ、おしゃれな天井付けちゃってさ!

2012_0424_081916-CIMG1866.jpg
ヒイヒイ言いながらも進んでいると、この表記が。
この「桜ケ丘公園」なる所に寄ることに。

2012_0424_082620-CIMG1869.jpg
住宅街の中にあるのに、すごく自然豊かで素晴らしい公園。
公園は公園でも自然公園に近く、登山的なコースもある。

2012_0424_082446-CIMG1867.jpg
心が洗われるような穏やかすぎる名風景。

2012_0424_082729-CIMG1870.jpg

2012_0424_083015-CIMG1871.jpg

2012_0424_083113-CIMG1872.jpg

2012_0424_083221-CIMG1873.jpg

2012_0424_083401-CIMG1874.jpg

2012_0424_083411-CIMG1875.jpg

2012_0424_083546-CIMG1877.jpg

2012_0424_083525-CIMG1876.jpg

そしてこの公園を出て坂の町を駆け下りて行くと鎌倉街道に入り、街道沿いに行くと大栗橋という橋に辿り着く。

2012_0424_085523-CIMG1878.jpg
大栗橋という名の通り、大栗川にかかる橋なのですが、大栗川と言えば、そう、あの…

moblog_3bce4953.jpg三年前に聖蹟桜ヶ丘に行った時のこの川。

ということで、せっかくここまで来たことだし、三年ぶりだし、すぐそこの聖蹟桜ヶ丘へと向かうことに。

2012_0424_085853-CIMG1879.jpg
懐かしいこの入り口!

2012_0424_090252-CIMG1883.jpg
耳をすませばのエンディングの坂はここかな。

2012_0424_090449-CIMG1886.jpg

2012_0424_090305-CIMG1884.jpg
長くて急な階段がたくさんあるのも変わっていない。

2012_0424_090504-CIMG1887.jpg
いろは坂公園。
桜は残念ながら散ってしまっていた。

2012_0424_090538-CIMG1888.jpg
公園からの眺め。

2012_0424_090714-CIMG1889.jpg

2012_0424_090915-CIMG1891.jpg

2012_0424_090954-CIMG1892.jpg

2012_0424_091620-CIMG1898.jpg
街中にあるこういう階段がなぜか好き。

2012_0424_091412-CIMG1894.jpg
坂を上り切った辺りにこの神社が。
そう、あの有名な、杉村が雫に告白したら即フラれたあの神社ですね。

2012_0424_091421-CIMG1895.jpg

2012_0424_091539-CIMG1897.jpg

2012_0424_091447-CIMG1896.jpg
ここが例のフラれた現場や!杉村あああ!!

ということで、金毘羅宮からは本格的な住宅街へと入って行く。

2012_0424_091819-CIMG1899.jpg
今さらですけど、今来たこの坂がいろは坂。
耳をすませばの舞台巡りには欠かせない道。

2012_0424_092234-CIMG1902.jpg

2012_0424_092108-CIMG1900.jpg
丘の上からの眺めの美しさも相変わらず。

2012_0424_092431-CIMG1903.jpg
独特の形をしたこのJP多摩桜ケ丘局も健在。
聞いてくださいよ、僕、この郵便局で、お金を引き出しちゃいました!JP多摩桜ヶ丘局でですよ!?ウィヒー!

2012_0424_092744-CIMG1906.jpg
これまた有名な住宅地中心部にあるロータリーの植え込み。
アニメ中では地球屋のある所ですね。

2012_0424_093241-CIMG1907.jpg
町を十分堪能したので、多摩市役所側の方へ降りて行きます。

2012_0424_093804-CIMG1911.jpg
途中、見事な桜を庭に抱えるお宅があったので、桜を鑑賞させていただく。

2012_0424_093526-CIMG1908.jpg
聖蹟桜ヶ丘で見る桜。
まさに桜ケ丘ですね。

2012_0424_093616-CIMG1910.jpg
まだここも住宅街からの眺めなのですが、あまりにものどか過ぎる。
のどか過ぎて将来娘ができたら名前をのどかにしようかと思ったほど。

2012_0424_093914-CIMG1912.jpg
ここだけさらに田舎みたい。
後ろは住宅街、この先はすぐ大きな交通量の多い道路なのですが、そんな近代的な場と場に挟まれたまさにオアシス。

2012_0424_093956-CIMG1913.jpg

2012_0424_094556-CIMG1923.jpg
菜の花畑で捕まえて。

2012_0424_094022-CIMG1914.jpg
いや、なかなかそうはならんやろ。
よく腕一本だけで済んだな。

2012_0424_094321-CIMG1919.jpg

2012_0424_094510-CIMG1921.jpg

2012_0424_094736-CIMG1925.jpg

2012_0424_094535-CIMG1922.jpg
ずっと鶯が鳴いているぐらい穏やか。 ※都心からそこまで離れていない東京です

2012_0424_100443-CIMG1927.jpg
少し行くと大きな道路と、それに沿うように続く川。

ここからはまた、同じ多摩市の馬引沢という町を通って行く。
ここも緩やかな坂だったのですが、もうさすがに自転車降りて手押しで上りましたよ。

2012_0424_102915-CIMG1928.jpg
しばらく多摩市と稲城市を彷徨いつつ行くと、若葉台なる団地地帯が。
団地とは言っても、山あり谷ありの風光明美な景色と雰囲気を擁する穏やかな町。
若葉台駅はギリッギリ神奈川県だけど、駅を出て少しでも団地方面に行くと東京の稲城市になるという面白い所だそうです。

2012_0424_103249-CIMG1929.jpg
稲城第4公園内の見晴らし台から撮ったもの。
若葉台の公園は広いし、山に囲まれていて自然豊富で素晴らしい。
子どももたくさん遊んでいて活気がある。

ここからさらに稲城市内を鶴川街道に沿って走り、途中から調布方面へと進路を変えて多摩川に舞い戻る。

2012_0424_104433-CIMG1930.jpg
団地から離れても稲城市は自然豊かで緩やかな時間が流れる町。

2012_0424_105406-CIMG1931.jpg
川ほっそっ!!

2012_0424_113739-CIMG1932.jpg
もうあれですからね、僕この多摩川沿いのベンチで30分くらい寝ましたからね。
人間、極度に疲れているとベンチみたいなゴツゴツした所でも余裕で寝れるんですね。

時間が余ったので、ここからはまた是政橋に戻って、今度は対岸側の府中市に入り、府中市郷土の森博物館に行くことに。

またしても延々と自転車を漕ぐ。
この時点で早朝5時からまる7時間ぐらい漕ぎっぱなしですからね。
休憩は一度、大栗橋近くのコンビニで飲み物買ってガレージで座って飲んだぐらい。

2012_0424_121233-CIMG1935.jpg
郷土の森がある公園に到着。
この公園自体も多摩川のすぐ横にあります。

2012_0424_122026-CIMG1936.jpg
ほら、僕って日本中の誰よりも府中を愛していますから。
府中市を訪れたのは今回が初めてですけど、まあでも、最も府中市を愛している僕は当然入るよね。

なんと入場料金は大人でたったの200円!団体ならさらに割引!さすが府中市だよねみんな!
これならアラブの石油王以外の人間も入場できる。

2012_0424_122334-CIMG1937.jpg
入るといきなりけやき並木の通りがある。
府中市には遥か昔からけやき並木があり、共に歴史を歩んできたそうです。

2012_0424_122604-CIMG1938.jpg
盆栽大好きな僕を興奮させる盆栽コレクションが。
この盆栽だけでも200円払った価値があるというものだよね!

2012_0424_123000-CIMG1940.jpg
昔の茶屋や旧家をそのまま残した展示家屋がたくさんある。

2012_0424_123232-CIMG1942.jpg
展示品も所々にたくさんある。
府中の、というか日本の歴史の勉強にもなる。

2012_0424_123219-CIMG1941.jpg
向かいにあるここが、展示家屋と実際にお茶をいただくこともできるお茶処。
左の入り口が無料休憩所で、右から入ると、展示とお茶処という構造。

2012_0424_123340-CIMG1943.jpg
人がいたら挨拶しつつ、あわよくば談笑しようかと思いきや、僕以外誰もいなかった。
一人でゆったりと足を伸ばせた。
ちゃんとした畳に上がったのなんて何年ぶりだろうか。

2012_0424_124105-CIMG1944.jpg
旧家の中を這いずりまわる↑野さん。

2012_0424_124146-CIMG1945.jpg

2012_0424_124216-CIMG1946.jpg

2012_0424_124536-CIMG1947.jpg
ここは倉の中の2階なんですが、歩くたびにギッシギシいって怖い。
初めて来た府中でいきなり府中の財産を壊すことになりはしないかと冷や冷やする。

2012_0424_124747-CIMG1948.jpg
緑が豊かな場所も多々ある。

2012_0424_124826-CIMG1949.jpg
川のせせらぎ。

2012_0424_124858-CIMG1950.jpg
水車小屋まである。

2012_0424_125900-CIMG1951.jpg
どこ見てんねん。

2012_0424_131248-CIMG1952.jpg
これも昔の人の家。
確か農家の人の家ですね。

2012_0424_131406-CIMG1953.jpg

2012_0424_131557-CIMG1954.jpg
未だにこの家で生活していらっしゃる住民の方に話を聞くことができました。
なんでも、普段は女子高生にキモいと言われているそうです、さすがですね。

2012_0424_134346-CIMG1963.jpg
他にも昔の住宅が幾つか残されています。

2012_0424_134408-CIMG1964.jpg
この風通しの良さは、冬は辛そうですね。


他にも、県木園という47都道府県の県木全てが植えてある場所やらもあって面白い。
しかし、

2012_0424_132401-CIMG1956.jpg
かぶりすぎだろ。
もっと他の県が採用してるからこの木はやめておこうとかなかったんかな。
県木がかぶっているのだから新しい県木を決めるために、県議会を開かないとね!ハハハ!

2012_0424_132834-CIMG1959.jpg
亀もくつろぐ。
なにそのどや顔。

2012_0424_132946-CIMG1960.jpg
この足場を渡り、旧三岡家長屋門をくぐってふるさと体験館に入る。

2012_0424_133147-CIMG1961.jpg

2012_0424_133533-CIMG1962.jpg
いろんな農具や竹馬なんかも置いてあって触ることもできる。
久しぶりに竹馬に乗ろうとしたら全然乗れなかった。

2012_0424_134718-CIMG1965.jpg
旧府中町役場。
中は今の役所とは比べ物にならないほど狭く、最低限の部屋数のみだった。

2012_0424_135327-CIMG1966.jpg
これが昔の郵便局だそうです。



2012_0424_135327-CIMG1966.jpg2012_0424_092431-CIMG1903.jpg
昔の郵便局と現代の郵便局を比べるとこんな感じ。
どちらがいいかは人それぞれ違いそうですね。

2012_0424_140229-CIMG1969.jpg
そしてこちらが昔の小学校で、旧府中尋常高等小学校という名だそうです。


後はメインの博物館本館に行って一時間程様々な展示物を見て府中の歴史と現在を学び、くらやみ祭の映像なんかも見ました。
丁度もうすぐの5月5日にあるらしいですね。

いやぁ、郷土の森博物館はほんと素晴らしかった。
正直、せっかく近くに来からちょっとした時間つぶしぐらいの気持ちで寄ってみたのですが、相当満足いく施設でした。
自然豊かだし展示品も復元建物も面白かった。
夫婦や家族で一緒に来ると安いし楽しいのでお勧めしますよ。

ということで、心の中はすっかり府中市民となった僕は郷土の森博物館を後にして多摩川へと戻り、来た時と反対側のサイクリングロードを使って帰った。
カメラのSDカードの容量が一杯で帰りは何も撮れなかったけど、写真撮る気力すらないぐらい疲弊してたから問題ではなかった。

初めて自転車でこれぐらい遠出しましたけど、やっぱり一つ言えることは電車や自動車・バイクの偉大さですよこれ。
ほんとキツかった!学生の頃、関西まで自転車で2、3日かけて行こうかなとか思ってたけどやめといてほんと良かった!

結局この日一日中走り回った距離が大体100km、時間は14時間ぐらいなんですけど、もうそれで死にそうになりましたから。
自転車で日本一周の旅とかやってる人たちすごいな、尊敬するわ!
とりあえず、もう二度と自転車では多摩辺りに行かないようにしようと思った。

今回は多摩川・公園・町・自然博物館ということで、自然と人々の営みの風景がバランス良く味わえた遠出だったと思います。
今まではあまり遠出中にどこかの施設を利用したりはしなかったんですが、全然知らない場所の知らない施設にふらっと入ってみるのもいいものですね、本当の意味での新鮮さがあるし、勉強にもなる。
何より、多摩川をひたすら遡ったり下ったりしたわけですが、ほんと穏やかで綺麗!都会のオアシス。

皆さんも、是非とも自転車でいろんな場所を地図も持たずに一日中走り回ってみてはいかがでしょうか?
手軽にいろいろな発見と感動が味わえますよ。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/563-1edd8fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)