時をかける税理士 2013年06月15日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

いつも給料を魚肉ソーセージ何本分かに換算して考える皆さんこんにちは。
敷かれたレールの上をただ黙って流される回転寿司のネタたちに、自己啓発セミナーを施して己の道を行かせる↑野です。

もし自分が映画・バトルロワイアルみたいな状況に置かれた時に、どんな武器が自分に配られたら嫌かな、ということを考えてた。

膨大な時間をこのような有意義なことを考えることに費やした結果、見事に完全無欠の結論が導き出された。

その嫌な武器とは、そう、「白米」だよね。

もうこれはすごい嫌だからね。
嫌っていうか、本来武器じゃないからね?そこのところOK?白米を武器として見なす宗教とか入ってないよね?

それじゃあ話を先に進めるとともに、頭の中で状況を思い描いて欲しい。
最初に武器の入った袋を配給されて、ナイフや銃を期待しながらゆっくりと開けてみたら、白米入ってるからね。

しかもあれだから、皆さんのような方々だと恐らく、「いや、でも、白米だって熟練の軍人の手に渡れば、立派な武器になりますよ。相手の眼に向かって思いっきりぶつけてやれば眼潰しになるじゃないっすか、その間に相手を組み伏せればいいんですよ。あとこの後自由が丘行きましょうよ」とか言うんでしょうね。

でもあれだから、この白米っていうのは、完全に「炊かれてる」から。
残念ながら炊飯済みだから、めっちゃいい炊飯器で炊かれてるから、ビックカメラで134000円ぐらいしたやつで炊いたから。

想像すれば分かってもらえると思うけど、炊いた白米を相手の眼に向かって投げようとしてもなかなか上手く当たらないし、7割ぐらいは手にこびりつくから、その気持ち悪さでもう「相手に殺されてもいっか?」って思っちゃうとこあるから。

人間誰しもねっちゃねちゃに白米がびっしりと手のひらにこびり付いた状態で死にたくはないよね。

でも皆さんのような素晴らしく聡明な方々だとすぐにこうも思うんでしょうな?
「いやでも、その炊いた熱々の白米を相手に塗りたくれば、相手も一瞬はひるむはずですし、その瞬間に相手から武器を奪い取って勝っちゃえばいいんじゃないですかね?あと新宿のサイゼリヤで8時間ダベリましょうよ」とね。

おいおい、誰が「熱々」だなんて言ったんだい?
めちゃめちゃ冷めてるから、半日仏壇にお供えしてたレベルだから、サトウのごはんもびっくりだから。

そのため、温度を利用して相手をひるませる的な最終手段さえも奪われることになる。

それになんかもったいないしね?
食べ物粗末にしちゃダメだよやっぱり、例え殺し合いの最中にいたとしてもさ、ましてや食料が貴重な戦場だしさ。
この「食べ物を粗末にしてはいけない感」がさらに、この炊かれた白米を敵を倒すための武器へと変えることを阻むのだ。


うん、まあ、いろいろ妄想一つで語ってきたけどさ、とにかくこれから先、あなた方がバトルロワイアル的な状況に置かれ、さらに自分に配給された武器が白米だったとしたら、その時は白米を食べながら全力で逃げろということなのさ。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/562-267ce585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)