牡牛座のあなた!今日のラッキーワードは「インテリヤクザ」です! 2012年06月20日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

銀行口座にふりかけが振り込まれていたことがある僕こと↑野です、こんにちは。

ところで奥さん、なんかあれらしいじゃないですか、なんでも最近、自分たちの子供にあまり宜しくない名前を付けて、子供の将来のことや、その子の行く先々で出逢う多くの人を困らせてしまう親御さんが増えて来たとか。
何か素晴らしい信念に基づいてそうするのならともかく、なんとなく名前の響きがカッコいいからとかいう、盗んだバイクで走り出して5秒で警察に捕まりそうな人間の抱く動機で、そのような名を付ける方も多いとか。

どうせカッコいい名前を付けるのなら、僕なんかは「森林限界」という名前がいいんじゃないかなと強く勧めます。
なんかカッコよくないですか?「森林限界」って、響きがとてもカッコいい。

スーパーで自分の子供を叱る時なんて、「コラ!危ないから走っちゃダメでしょ森林限界!」ですよ?イケてる!
周りの人たちも、いい意味でこっちに注目してしまうこと間違いなし。

その子が将来国政選挙にでも出馬しようものなら、「国民の皆様のために立ち上がりました、○○森林限界です!」ですからね?
もし名字が森なら「森森林限界」林なら「林森林限界」でめちゃくちゃややこしくて逆に注目浴びて当選しちゃうこと間違いなし。


しかし現実的には、そんな「森林限界」だなんて珍名を付けられた時点で、その子の生涯には様々な障害が発生したも同様となり、その名前に足を引っ張られる形で、親が彼にある程度の成長限界を初めから課すことになってしまう。


そう、まさに、高木が生育できなくなる限界高度こと「森林限界」のような限界をね…。



そしてここが、
全然上手いことを言ってないのにあたかも上手いこと言ったかのように見せかけることができる「上手いこと限界」です。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/558-527f458d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)