ウソつきは母親になってM字開脚に抵抗感を感じてきたインリン・オブ・ジョイトイの始まり 2012年01月26日 日記 トラックバック:0コメント:0

そういえばふと思い出したんですけれども、僕、小学4年生の時に自宅近くのダイエー芦屋浜店を改革したことがあったんですね。

あら何言っちゃってんのこの子、顔と人生だけじゃなくてとうとう頭まで狂っちゃったのかしら?
と思われるかもしれませんが、大丈夫、僕は正気です奥さん。

そもそも事の始まりは、ダイエー芦屋浜店が「お客様ご意見カードBOX」なる投書箱を設置したことでして。
そしてそれは単なる御意見箱ではなく、「こちらのBOXにご意見を頂いた方の中から抽選でプレゼントを差し上げます」という、客の投票意欲を増すためのキャンペーンもセットで行われていたのです。

そう、何を思ったか、小学4年生の僕はダイエーのプレゼントが欲しかった、ほんと欲しかった。
プレゼントが何なのか気になるし、そして手に入れたら友達に自慢したくてしたくて。

それである日、おかんとショッピングに行った際に御意見箱に投書したわけです。
正直、ダイエー芦屋浜店さんに不満などほとんど無かったし、どっちかというと、友達と外で遊び回ってる時に駄菓子を買ったり、家電コーナーのマッサージチェアに入り浸りよく利用させてもらってたので、むしろダイエー芦屋浜店さんにどこまでも付いて行く所存でしたし、ダイエー芦屋浜店さんになら抱かれてもいいとすら思っていた僕は、半ば無理やり考えて意見を書き投書しました。

その内容が、

「鮮魚コーナーに刺身用の生のホタルイカを置いてほしい」


 
 
日本海沿岸の小粋な居酒屋で飲んでるおっさんかお前はと。

何この刺身用のホタルイカ求めて来る10歳の少年。
刺身用のホタルイカなんて、そこそこ通のおっさんでも投書してまで求めないでしょ、絶対日本酒いける口だよね。
確実に中尾彬と江守徹に挟まれながら毎晩、芸能人も足繁く通う隠れ家的小料理屋で一杯やってるよねこの子。

しかも当時ダイエー芦屋浜店では、他のスーパーでもよく見られるように、旬の季節になるとボイルした一般的なホタルイカをちゃんと仕入れて陳列していたんですね、なのにそこで満足せずにこの要求ですよ。

今考えても軽く赤面してしまうのですが、正直に認めます、僕は10歳の頃にスーパーに生のホタルイカを求めましたよ。
ごめんなみんな、おれ綺麗な少年時代を過ごしてなかったんだ、頭の中日本海沿岸の中年のおっさんだったんだ。

それでしばらくそんなことも忘れて暮らしていたのですが、ある日突然ダイエーから電話がかかって来たんですね。
しかも店長自らですよ、店長自ら小学4年生にめちゃめちゃ敬語使って来ますからね、すごいよくできた社会人です。

「↑野様でいらっしゃいますでしょうか?私ダイエー芦屋浜店の○○と申します。以前お客様ご意見カードBOXにて頂戴した『生のホタルイカ』の件なんですけれども。慎重に検討した結果、採用させていただくことになりました、宜しくお願い致します」

通っちゃったよ。
店長GOサイン出しちゃったよ。
店長と僕の心と心が初めて通じ合った瞬間でした、まさに僕と店長、ふたりはプリキュア。

それで、またしばらくして家族でダイエーに行ったら本当に陳列されてましたからね!
ボイルされて桜色になったものではなく、透明性のある美しい体をした、今にも動き出しそうな迫力の生ホタルイカが。

いや、真面目な話、相手が小学生であろうと、しっかり意見の内容を見て検討して、合理性があると判断すれば実際に実行するこのスーパーはすごいなと今になってみると思いますね。
まあ、兵庫県はホタルイカの名産地でもあるし、海に近い場所だからこそできたことなんでしょうけど。


そしてそんな意外なこともありつつ、またしばらく時間が過ぎていったわけですけれども。

結局、抽選漏れてプレゼント貰えませんでしたからね。

ええ~、あれだけ好意的な反応いただいて、採用されて、実際に小学生にしてダイエーを改革したというのに、まさかのプレゼントは当たらずって、お、お、おまえそれ、おかしいやろそれ、おれカストロや毛沢東と並ぶぐらいの改革者やぞおい。
あれですからね、中世ヨーロッパの王様がステーキ食べたいって言ったのにステーキ出て来なかったみたいなもんですからねこれ。
おれを誰だと思ってるんだよ、兵庫県の神童・ホタルイカボーイこと↑野さんやぞ!


とまあ、かつてはそのように10歳にして一つのスーパーを改革し、ホタルイカ神童として名を馳せ、兵庫県の輝く一等星として県民たちの期待を一身に背負った僕ですが、夜の海のホタルイカと違って、僕の人生はなかなか輝きはしませんね!



                                       daieiashiyahama.jpg

                                    この記事をダイエー芦屋浜店に捧げる
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/506-852b5e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)