機密のアッコちゃん 2012年05月20日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

茨城県の総面積を埋め尽くすほどの大量のファンレターが毎日届くことで有名な僕ですが、ネットに疎いのもあって、SNSやら何やらを利用した異性との出会いを全く経験したことがありません。

いや、もちろん異性の方とネット上でやり取りしたり、いやらしくない意味で関係を持ったりしたことはありますが、そうではなくて、いわゆる東京マラストーリー的な出会いは未だ皆無ということです。

まあ、要約すれば、ネット上で女の子と知り合ってペロリンチョオブザイヤー2012をしたことがないと。


 
 

純情すぎてドブ川の側を歩いただけでドブ川が一級河川に変貌するほどのピュアピュア乳首綺麗ボーイの僕ですから、そんなネット上で誰とも分からない異性と出会っていかがわしいことをするだなんて、まあ汚らわしい!笑止千万、片アナルが痛いわ!とか思っていたのですが、まあ最近は自宅で全裸で熱いコーヒーを飲みながら、遠い目で「ありやな…」と呟くようになってしまいました。

確かにネット上の出会いは未だに危ないことも少なくはないでしょう。
待ち合わせ場所に行ったら女性どころかメスゴリラが待っているかもしれない。
芸能人の優香似だと聞いていたのに、行ってみたら藤岡弘に似てて、笑顔で電信柱に正拳突きをしながら待っているかもしれない。
そういうネット上の出会い関係の犯罪やトラブルは多いと聞きます。

しかし、だからといって、ネット上の出会いは全ていかがわしいものであるわけではないですし、インターネットが誕生してから長い年月が経った今となっては、それも不自然な出会いとは言えなくなったのではないのか?むしろネット上で異性と出会って付き合うぐらいしてこそハイパーメディアヤリエーターじゃないですか。

そこでいろいろネット上で出会うための方策を考えていましたところ、幾つかの名案を思いつきました。

まず、こちらが出会いを求めているのかいないのかをはっきりと相手に伝え、相手を誘っているという意志を表明する必要があるので、基本的にはプロフィール欄に僕の全裸写真を載せます。
これなら誘っていることは一目瞭然、火を見るより明らか、明白性の基準も軽々とクリア。

しかしこれだけではもちろんいけない。
相手だって、誰でもいいわけではない、できれば魅力的な今時モテそうな感じの人がいいに決まっている。

だから片手にハーゲンダッツを持つ。
これで魅力度は格段に増すこと請け合い。
(え、この人ガリガリクンとかアイスの実とかPinoじゃなくてハーゲンダッツ食べてる、やだ、抱かれたい…)と感じるはず。

さぁて、ハーゲンダッツがとろけるが先か、それとも君の心がとろけるのが先か、どっちが早いかな、フフ?

そして、もう片方の手にたまごクラブひよこクラブこっこクラブの三冊全てを持つ。
これで「単なる遊びだけの関係ではなく、相手との将来や家庭の事を先の先まですでに今の時点で考えている」という、先回りして物事を常に考える理知と、相手との真剣な交際を望む意思と、家庭的な温かい人間性とを、漏れなくアピールするのだ。
これなら相手も(こんなに私のこと真剣に考えてるなんて…、やだ、私ウエノクラブに入っちゃいそう…)となる。

さぁて、たまごクラブのページを開くが先か、それとも君の股が開くのが先か、どっちが早いかな、フフ?

さらに、写真を撮影する場所にもこだわらなければいけない。
基本的には、屋久島の杉の木に向かって体当たりしている場面をプロの写真家に撮ってもらう。
あの樹齢7200年の大自然の長とも言える屋久杉に対し、己の体一つでぶつかり合うこのアニミズム信仰と雄々しさの共演。
これで「大自然との一対一のダイナミックな取り組み合い」を再現し、自然を愛する芸術的感性と、猛々しい男らしさを演出する。
これなら相手も(すごい趣の分かる感性と雄々しい肉体…、やだ、立派な屋久島の杉の木が隣にもう一本ある…)となる。

さぁて、屋久島の杉が倒れるのが先か、それとも君が僕の屋久島の杉を押し倒すのが先か、どっちが早いかな、フフ?

あと、言い忘れたが、女性は基本的に甘いものが好きなので、全身にハチミツを塗っていることはもちろん大前提だ。
ちょうど全裸で都合もいいので、頭の先から爪先まで、満遍なく高級なハチミツをテカテカと塗りたくる。

さぁて、プーさんがハニーハントをするのが先か、それとも君が俺という人間をハントするのが先か、どっちが早いかな、フフ?

これで完璧ですね。
これらの方策によって「全裸にハチミツをテカテカと塗りたくった男が、片手にハーゲンダッツを、もう片手にたまごクラブひよこクラブこっこクラブを持ち、屋久島の杉の木に向かって一生懸命に体当たりをしている画像」が僕のSNSのプロフィールに載る。



まず警察と出会うことになるわ。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/503-fa4d3cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)