パンはパンでも食べられないパンが食べられる存在としての自己を欲して形成した形而上概念 2011年10月01日 日記 トラックバック:0コメント:0

ここ最近またしても自分の中で中華料理自炊ブームが巻き起こっており、週5ペースでチンジャオロースだとか回鍋肉だとか麻婆茄子など、様々な中華料理を作っては食べている。
余りにも頻繁に作っては食べているので、正直なところかなりの腕になっていると自負している次第。

あれだからね、もう俺レベルになると逆にCookDoとか使ってるからね、逆にね、逆に、玄人は逆に使うよね。
よく素人は「自分でちゃんと調味料揃えて絶妙な配合をして独自の美味しさを演出するのがプロ」だとか勘違いをしている人が多いと思うけど、バンバン使うから!CookDoとかバンバン使うから!味の素さんのセフレみたいなとこあるから!

このままではCookDoの追い風を受けた僕の巧みな中華料理の腕が世間に知れ渡り、中華美女料理人からスカウトが来てしまう。

中華美人と共に汗だくになりながら毎日厨房に入る日々。
「ダ、ダメアルヨ!イマハリョウリチュウアル、テモトガクルッテシマウアルヨ!」
「そんなこと言ってお前の小籠包、ならぬ大籠包、こんになにもいやらしいことになってるじゃないか。興奮してるんだろ?」
「アイヤー!ワタシタチノコイノカリョクガツヨスギテ、コレジャリョウリニナラナイアルヨー!」

みたいなことを考えていたら、外で小学生が楽しそうに運動会の練習をしているのが見えていつ自分はこんな人間になってしまったのかと死にたくなりましたね、へへっ!

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/482-869d693d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)