小さい秋見つけた瞬間全力で握りつぶす 2011年09月21日 日記 トラックバック:0コメント:0

日本に暮らしているとどうしても「お客様は神様」主義的な、過度の儀礼的文句ばかり聞いてしまうし、それをある程度当然のことと疑問も持たずにいてしまいますが、やはり異文化に身を置くとは面白いもので、日本にいながらでも海外のサイトや企業なんかを利用するとその企業の言動の違いに驚かされる。

つい先日海外の企業から個人輸入をしたのですが、これがもう相手の企業の馴れ馴れしさが神がかっていた。


 
 
 
まず最初のメールはこの通り普通なんですよ。







Dear takahiroueno,

Thank you for registering at ○○.com. Before we can activate your account one last step must be taken to complete your registration.

Please note - you must complete this last step to become a registered member. You will only need to visit this url once to activate your account.







Dearは親しい人に対しても使いますが、「敬愛する~様へ」みたいな意味でも使いますので、何らおかしくないのですが、この次の2回目のメールがこれですからね。







Hello TAKAHIRO!

Thank you for ordering from ○○.com! We know you will appreciate our fast and professional service!





TAKAHIROて、友達か。
めっちゃテンション高いし。
2行の文中にビックリマーク3つて。

しかもこの「We know you will appreciate our fast and professional service!」というところがアメリカっぽいですよね、日本なら「なるべく迅速かつ丁寧にお届けいたしますよう努力します」的なお決まりの文でしょ。
そこを「俺たちのサービスの高さと速さにきっと君も感謝の念を禁じ得ないはずさ!そうだろTAKAHIRO?ハハッ!」みたいな。
ウザ気持ちいいテンション。


ちなみに3度目のメールになると、







HEY! TAKAHIRO,

Great news! Tracking information is now available for your recent order.





HEY!て。
もう完全に小学生時代からの友達やん。
絶対こっちの肩に手を回しながらこのセリフ言ってるよね。

明らかに二人で2,3回ぐらい旅行に行ったことあるレベルの親しさでしょこれ。
絶対こいつと週末よく服買いに行ってるわ俺。

そして最後には、「Thank you for being a great customer! Good luck with your fitness goals.」
という口元が緩んでしまいそうな文が。

いいよねこういうの。
日本みたいに「○○様のこれからのご活躍を弊社一同心よりお祈り申し上げております」みたいなのも良いかもしれませんが、ここはやっぱり親指を立てているのが目に浮かぶような「!」だとか「Good luck」の方が気持ちいい。

日本ももうちょっと馴れ馴れしい文だとか、親しげな接客サービスが増えてもいいと思うんですよね。
もともと商店街の八百屋さんとか魚屋さんも別にそこまで堅い接客態度とってなかったと思うし。
日本社会の絆を回復させる鍵は、この社会全体の馴れ馴れしさとそれに対するある程度の寛容かもしれませんね。

ということで、


HEY! readers.

thank you for reading! Good luck!

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/478-6c3f5363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)