お前ポテトチップス食べた手で核兵器のボタン押すなよ 2011年08月09日 日記 トラックバック:0コメント:0

通ってるジムはプリケツだらけ、もうやだ。
ジムに通っているということは、シャワーも完備されており、ということは当然裸の付き合いというものがどうしても発生する。

ここまでは別にいいよね、よくあることだし、何の問題も無いし。
しかし全員ハードに鍛えているせいか、全員プリケツ。
30、40越えたおっさんたちが揃いも揃ってプリケツ。
右を見ればプリケツ、左を見てもプリケツ、向かいのホーム、路地裏の窓、そんなとこにもプリケツ。

長年鍛え続けていて屈強な身体をした上級者トレーニーの先輩方がたくさんいて勉強になるなぁ、と呑気なことを考えていた僕が悪かったのかも知れない…、…?、いや悪くねえよ!びっくりした!いつの間にかプリケツに屈するところだった!
僕は悪くない、悪いのはプリケツ軍団、貴様らだ!

大体なんだい、あのプリプリとしたケツは!
ロッカーも狭いから混んでる時間帯なんてプリケツに囲まれるんだよ!
四方八方を成人男性のプリケツに囲まれて立ち往生するという稀な経験をするこっちの身にもなれってんだよ!
なんで見た目はそんなにゴツくて厳ついくせに尻だけはプリップリなんだよ!20代女子のお手本みたいな尻しやがって!

これじゃあなんか、鍛えるためというよりプリケツに囲まれ、プリケツと触れ合うために通ってるみたいになるじゃねーかよ!
俺の青春を返せよ!プリケツに囲まれることに貴重な青春を費やした俺に謝ってくれよ!
ダメ!そんなプリプリした尻で謝ってもダメ!絶対許さないんだからね!

…あらやだ、僕ったらこんな些細なことでプリプリプリプリ怒っちゃってごめんなさいね!
お詫びに僕のこのプリップリのプリケツを君たちに触らせてあげましょう!
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/463-ff89aef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)