織田裕二「La La La Love Somebody tonight するたびレインボーブリッジ封鎖できるね」 2011年07月22日 妄想 トラックバック:0コメント:0

ふと思った。
もしかしたら2000年前に、我々のご先祖様たちは全員宇宙人にさらわれて異星に移され、そこで一人ずつ宇宙人の前で一発ギャグを強要され、面白かった人はそのまま地球に帰され、面白くなかった人は去勢されてから地球へと帰されたという歴史的な大事件があったのではないかと。

もしもそれが事実なのだとしたら、我々は実は全員面白いのではないだろうか。
普段は潜在意識の中に隠れているだけであって、若しくは人を笑わせようとか考えていないだけであって、いざ実際に一発ギャグとかやってみたら思いの外とんでもなく面白いのではないだろうか。

何ということだ。
人は毎日つまらなさそうな顔をしながら歩いている。
心の底から楽しいと思える時間など数える程しか感じられずに、まるで死んでいるかのように。

しかしこうして、かつての宇宙人の仕業によって我々は幸か不幸か生きているだけで面白いのであるし、他人を爆笑させることも実は容易く、全員が全員を笑わせ合いながら日々生きることも可能だと云うのだ!

僕は興奮した。
こんな夢のような話があっただなんて。
笑顔溢れる理想の世界も夢じゃないんだ!すぐそこに現実として転がってるんだ!そう感じて奮えた。

しかしその時乗っていた電車の中で一人のおっさんが「おいおい言い訳なんかしていいわけ!?ははは!」と物凄い自慢気な表情で言い放っていたのを聞いて、「あっ、全然面白くないわ」と現実に立ち返りましたね。

人類は基本面白くない!

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/454-ea8cf85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)