「ため口を使ったから」という理由でサツキとメイをボコボコにするかんたのおばあちゃん 2011年05月08日 日記 トラックバック:0コメント:0

健康すぎて怖い。
もう彼是3年以上も風邪ひいてないどころか、口内炎の一つすら出来てない。
普通健康であれば素直に嬉しい筈だけれども、おかしい、おかしすぎるこの超絶健康体。

なにこの逆満身創痍。
毎日どこも痛くないし、全く違和感も不調も感じられない。
虫歯もなければ、爪も割れず、胃腸の動きは活発で、おまけに乳首はピンク色。

身体の健康は人生における最も基本的かつ必須の幸福構成要素だと過去より多くの思想家たちも言うけれども、健康こそが全ての資本とは言うけれども、何か裏があるとしか思えないよね、こんなにも健康であると。
そこで個人的にいろいろと考えて見たのですけれど、これは逆に不健康なのではないのか。
人間万事が塞翁の馬とも言うように、いつどうなるかは分かったものではないし、これは来る超絶不健康までの助走期間なのではないか、思いっきり持ちあげておいてダーンッ!と落とすための落差を作る罠なのではないか。
ある日突然不健康さんがドッキリ大成功!と書かれた看板を満面の笑みで掲げながら僕の肩を叩くのではないか。

とは思ってみたものの、やはり健康な期間は長続きし、世の中が「今年もインフルエンザ怖いね」と眉を八の字にしていた時に僕はと言えば、マスクなど全く付けることもなく肩で風を切り颯爽と歩いていた。
世の中が「今年は花粉症例年の○倍だって!」と言っていた時も僕は鼻息をスンスンと鳴らしながら満面の笑み。
去年の夏も、世間が「温暖化の影響か?日本観測史上最高気温!」とか言ってる時に「ぶらり一人旅」とか言って、40度近い炎天下の中13時間ぐらい外を歩き回ってはカメラ片手ににやにやしていた。

一年ほど前からtwitterを始めていて、知り合いの人たちのtweetをたまに見ていても、やれどこどこが痛いだとか、やれ気分が悪いだとか、若者の間でさえも身体や精神の不調を起こす人が続出。
そんな彼らを見ながら、「大変だなぁ」と思いつつ、僕の身体は死ぬほど健康的、乳首の色も真っピンク。

もうここまで来たら世界狙えるレベルだよね、長寿大国日本の中でこの卓越した健康ぶりなら。
僕も正直前から、いつか自分は世界で戦う人間なんじゃないのかと思ってはいましたけれども、怖いね才能って。
筋肉マンが覆面をめくったら汚いドブ川が清流となったみたいに、僕が傍にいるだけでみんな健康になるのでは。
生かしたい、生かしたいよこの健康を皆のために、社会のために生かしたいよ、この鮮やかな桜色の乳首も。

そろそろNASAが僕を狙いだすのではないかと逆に心配なぐらいです。
こんなに健康な僕を彼らが放っておく筈もなく、僕の身体を調べ尽くすに違いない、特に桃色の乳首を念入りに。

兎にも角にも、僕は健康なのです、健康すぎるのです、健康の極地へと到達してしまったのです。
ほんま人生、健康第一やで!みんなもケガや病気に負けたらあかんでぇ!健康こそが幸福な人生への第一歩やで!

まあ、目は毎日ものすごく死んでるんですけどね。
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/435-53acc521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)