涙で枕を濡らしたら枕がとてつもなく膨らんだ。中に増えるわかめが詰められていた 2011年01月02日 日記 トラックバック:0コメント:0

元旦ということで、知り合いのストレス吉川君とはるさめ君と三人で明治神宮に初詣に行ってきた。

大晦日の夜に何となくtwitterを見ていたらストレス君から「初詣行きましょうよ」とのメッセージが届いており、正直初詣とはただの口実で本当は僕の身体が目当てなんじゃないのかと疑心暗鬼になった。

しかし、関東に来てからは未だ初詣に行ったことがない上に、今のこの自分の人生のクソっぷりを考えれば、リスクを背負ってでも参拝しに行く必要があると、徹夜明けの重い身体を引きずって出かけてきた。


2011_0101_065257-CIMG0658.jpg
待ち合わせ5分前に到着。
皆さんご存知「5分前集合」は日本社会の常識であり、当然ストレス氏はすでに着いている、いやむしろもう1時間くらい前に来て誰も見ていないのに駅の掃除を自発的にやっているぐらいだろうと思って来てみればこれである。

寒さに震える僕と正直意味の分からない前衛芸術的な銀の玉だけが寂しく佇んでいた。

時間調度に颯爽と来た彼は僕の心を知る由もなく「大学の校内から初日の出見ましょうよ!」と無邪気に言った。
僕は顔に頬笑みの表情を浮かべて「せやな」と静かに言った。

そして大学の校舎の屋上からちょうど登りつつある初日の出を見た。
なにこの二人の男。


2011_0101_070352-CIMG0659.jpg
去年は確か自宅のベランダから見ていたと思う。
まさか今年は大学の校舎の屋上から見るとは思わなかった。

2011_0101_070443-CIMG0662.jpg
いいよいいよお!出てる、出てるねえ!むしろ出すぎてるぐらいだよお?!
ナイス日の出っ!

2011_0101_070421-CIMG0661.jpg

2011_0101_070609-CIMG0664.jpg
初日の出に照らされる朝の武蔵小杉方面の街並み。

せっかくなので、校舎の屋上以外の大学の敷地内からも初日の出チェック。


2011_0101_070858-CIMG0665.jpg

2011_0101_071201-CIMG0666.jpg
良い輝きでした。

その後、原宿ではるさめ君と待ち合わせていよいよ明治神宮の中へ。
なんでも明治神宮は三が日で日本一の参拝者数を誇る詣で先だと聞いていたので、死ぬほどの人混みを覚悟していたのだが、元旦の早朝ということもあってか、意外と人は少なくすいすいと歩けた。


2011_0101_074806-CIMG0671.jpg

2011_0101_075549-CIMG0676.jpg

2011_0101_075554-CIMG0677.jpg

2011_0101_075615-CIMG0678.jpg

2011_0101_075627-CIMG0679.jpg

2011_0101_075707-CIMG0681.jpg

ほんとに人があんまりいない。
みんな元旦の朝はさすがに家でゆっくり御節料理でも食べたいのだろうか。

2011_0101_075956-CIMG0684.jpg

2011_0101_080422-CIMG0685.jpg

2011_0101_080850-CIMG0687.jpg

2011_0101_081157-CIMG0688.jpg

2011_0101_081214-CIMG0689.jpg

南神門という門から入って行くと、

2011_0101_081237-CIMG0690.jpg

御賽銭を投げて祈願するところに。

2011_0101_081322-CIMG0691.jpg

みんなで五円玉を投げ入れて願う。

2011_0101_081518-CIMG0692.jpg

みんなでおみくじも引いたのだが、ここのおみくじは大吉とか小吉とかの判定ではなくって、紙に神様からの注意事項やアドバイス的なのが書かれてあるタイプのおみくじ。

ずばり大吉!とか凶!とか言って欲しかったのでちょっと不満であった。

ちなみに僕のおみくじの内容がこれ。

『誰にも分からないであろうと、心の中でひそかに思うことでも、天地の神々は、ちゃんと其の善悪をば、ご存知であるにちがいありません。?昔から「独りを慎む」という言葉があるように、他人が見ていようがいまいが、悪いことをしてはなりません。神々様は、すべてを見通していらっしゃいます?』

…なんか僕が普段見えない所でとんでもないことをしてたり考えたりしているようで腑に落ちない。
「お前は常に神々によって監視されている」、そう言われて始まった僕の2011年。

2011_0101_082544-CIMG0693.jpg

また緑溢れる道を歩いて回って駅へと戻る。
正直、敷地が広い割には長々と滞在するものも無かった。
フードコートはあったけど、全部かなり高かった、これが神の懐でやることかと三人で嘆いた。

2011_0101_082708-CIMG0694.jpg

2011_0101_083011-CIMG0695.jpg


びっくりするほど参拝以外は何もせずにスッと明治神宮を去った僕らは、他に特に行く所もなく、そのまま原宿のGAPで何も買わずにひやかした後、ファミレスのジョナサンに入って一時間半ぐらいトークをした。

僕のファッションセンスがダサすぎること、はるさめ君の渋谷のクラブオールのこと、誰も軽井沢に別荘を持っていないことに落胆したこと以外は、特にそんな大したことも話さず、ひたすらボケたりツッコんだりしていた。
ストレス君はいよいよお笑い芸人としての本格的なキャリアをスタートさせるので精一杯応援したい。
そして僕は自分のファッションセンスをどうにか改善できるよう精一杯頑張りたい。

ジョナサンを出た後はストレス君がユニクロに寄ろうとしてたけど、まだ開いてなかったので電車に。
ほんと初詣以外には何もしなかった、まあ元旦なのだからそれでいいのでしょう。

電車の中でストレス君が、我らが地元日吉にも七福神を祀る立派なお寺があるということで、若者の最新必須ツールiPhoneをいやらしく僕に見せつけるように冷笑しながら操り、位置を調べていくことに。
iPhoneは確かにすごいけど勘違いするな!iPhoneを作った人がすごいのであって貴様らはただの消費者だ!

この時点でさっそく明治神宮のアドバイスに背いた。


日吉に戻った僕らはしばらく歩いて目的地へとたどり着いた。

2011_0101_115713-CIMG0696.jpg
お寺の名前は金蔵寺というらしい。
敷地面積は狭いながらも、いろんな建物が凝縮されており、お寺がやる幼稚園もあった。

2011_0101_115726-CIMG0697.jpg

2011_0101_115758-CIMG0699.jpg

2011_0101_115745-CIMG0698.jpg

2011_0101_115822-CIMG0700.jpg

2011_0101_120833-CIMG0701.jpg
ストレス君が「↑野さん、思いっきり大きな音で鳴らしてくださいよ」と言った。
僕は力一杯鐘を鳴らした、すると辺りに物凄い音が響き渡った。
するとストレス君は「↑野さん、それはさすがに鳴らし過ぎですよ、迷惑ですよ」と言った。
新年早々、なにこの子と思った。


そして僕らはどちらも自宅が近くにあるのでここで別れて帰った。

実はこっちに来て初詣に行くの、っていうか初詣自体ほとんど記憶に無かったぐらいなので明治神宮に行けて良かった、twitter上で誘ってくれたストレス君と付き合ってくれたはるさめ君には感謝感謝である。

今年一年は、何をしている時も常に神様たちに監視されているということを意識して生きていこうと思いました。

人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/391-4be9e807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)