シェフご自慢のパスタを担保に2000万ほど融資 2011年01月12日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

スカイフィッシュは深い、そう思うのです、↑野です。

なにこの子、前から頭おかしかったけどついに一般社会から隔離レベルのおかしさになちゃったよ、とか思われるかもしれませんが、僕は真剣ですよこの目を見てください兄さん。

スカイフィッシュを知らない方に説明をさせていただくと、

『スカイフィッシュ(Sky Fish)とは、長い棒状の身体を持ち、空中を高速(280km/h以上)で移動する、とされたUMA(未確認動物)。現在ではその存在は否定されている。』 ※Wikipediaより引用

という未確認生物です。
上記のとおり、今では存在は否定されているものの、ツチノコなどと同じくかつてはより多くの人に、もしかしたら実在するのではないかと疑われ、知名度をぐんぐんと上げていたUMAです。


じゃあ何が深いってもうそれは「胡散臭すぎる写真一枚ポンと見せられて信じてしまうほどの何か」ということ。
調べていただくと分かるのだが、スカイフィッシュを映したとされる写真のウソ臭いことウソ臭いこと。
なんか風景写真に細長い虫みたいなのがヒョロッと映ってるこれだけ。

しかもそこから様々な憶測がスカイフィッシュさながら飛び交い、合成写真やイメージ映像まで量産される始末。
物凄く根拠の怪しい写真見せられて多くの人が疑い半分ながらもちょっと存在を信じてたと。
それではそのイメージ画像はどれほど説得的なのかというと…

スカイフィッシュスカイフィッシュ2

謝ってくれよ。
信じてたまるか。

こんなもんそこらへんを時速280kmで飛んでてみろよ、死人がいくら出ても足りないっすよ。
こんな科学が発展したこの時代に確かな証拠もなくこれて。

っていうかこれ左とか風の谷のナウシカで見たことあるし、腐海にいたわ俺見た見た。
右は右で、地球が誕生してから間もなくして海の中で生まれた原始生物にいたわこんなの教科書で見た。

しかも時速280kmで飛んでるから普段は目に見えないとか言うけど、見えるでしょ?280kmぐらいなら。
もしももっと早く飛んでたとしても気づくでしょ不自然な風が舞い起こったりして。

それを疑いつつもある程度信じさせてしまうのがスカイフィッシュの深いところだと思う。
そしてそこからさらに人間とは深い生き物だと思う。

こんな非合理的な生物を胡散臭いにもほどがある写真やイメージで冗談半分信じるとは。
しかも科学も発達し、様々な生物が発見されてある程度の常識が確立されているという背景で。
人間とは誠に不思議な生き物です、機械のように合理的にもならず、他の動物のように本能のみにも従わず。

スカイフィッシュだなんて、こんなにおかしな生物など存在するはずがないのに…

…とか思ったあなた?


そうなんですよ!!
僕もさっきまでそう思っていたんですよ!!
でもね、スカイフィッシュは存在するんです!!!

さっきこの記事書いてる時にパソコンのディスプレイの前を物凄い速さで横切ったんです!!!
信じられますか!?もうほんとびっくりですよ!!こんなことってあるんですね!!

これはさっそく警察に、いや、これはまずNASAか?とりあえず外部に連絡を…

ぎゃあああああああああああああああああ!!!
スカイフィッシュが物凄い速さで羽を使って僕の乳首を攻め立ててくる!!!
何このテクニック!?この快感!?おかしくなっちゃううううう!!!
助けて!くそっ!このままじゃ記事をこれ以上書くことも出来やしない!!

くそっ!!物凄くおもしろいオチを思いついたのに!!
壮絶なまでに斬新でおもしろくてハートウォーミングで見た人全員が僕に出資したくなるほどに素晴らしいオチ!
書きたい!!この「え!そんなにひねるの!?やだこんなおもしろいオチみたことない抱かれたい!」と見た人全員が思わずにはいられない、人類の新たな一歩をこの手で書きたい!書きたいのにスカイフィッシュがあ!!

すみません、もうダメみたいです、スカイフィッシュに完全に両手を拘束されて今組み伏せられました!
あんなに死ぬほどおもしろくて完全なオチがあったのにもう皆さんにはお見せできないようですくそっ!!!

でもこれだけは忘れないでください!!
スカイフィッシュはいる!確かにいるのです!!実在するのです!!!

実在し…ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!

















(この世で最も怖いもの、それは未知の生物でも人の狂気でもない。決して見つからない、未確認オチなのだ)

人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/390-70037ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)