抱腹絶倒!超人気ギャグ漫画家スカイライト先生の作品が読めるのは週刊少年ペヤングだけ! 2010年09月26日 漫画 トラックバック:0コメント:0

☆メニューの少ない料理店(スカイライト純一)

A「うわ~、ここのお店ってメニューの少ない料理店って言うだけあって本当にメニューが一品だけなんですね」
B「そうなんですよ~、おもしろい店でしょう?ははは!」










  
B「…まあ、お前に食わせる料理は一品も置いてないけどな」


                           お、おもしろすぎるっ!!!
                 次週もスカイライト先生の抱腹絶倒爆笑必至の壮絶ギャグ!!!


(作者巻末コメント)スカイライト純一

皆さんこんにちは!スカイライト純一です!
もうすっかり秋ですね、秋と言えばつい最近チワワを飼いました、これがまたすっごく可愛いんですよ?、って秋全然関係ないじゃないか?いってね!(笑)(笑)(笑)←笑い過ぎだろってね!(笑)

そんな僕のお馴染みのおもしろノリツッコミは置いておいて、僕も週刊少年ジャンプを初め、50誌に作品を持ち込んで全ての誌に断られて、今の週刊少年ペヤングに連載を持つことになってからはや2年となりました。
最初は今みたいに画力も全然なくて小学生でももう少しマシなんじゃないかっていうぐらいのひどい作画でしたけど、この2年で自分でも驚くほどに画力が上がって漫画家としての成長を実感しています。
当時はあんなにひどい画力でよくペヤングさんは連載させてくれたなって不思議に思いますね、ってコラ!(笑)

そして自分で言うのもなんですが、この2年間で急成長したのは画力だけではなくって、ギャグ漫画の根本的な部分を成す一番大切な「ギャグのおもしろさ」もかなりアップしたのではないかと思います。

僕は小さいころからギャグ漫画家を目指していて、小学校1年生の頃から友達に絵の上手さとギャグの面白さの才能を見いだされてからずっとギャグ漫画を描き続けてきました。

最近の若い人たちはすぐに「俺には才能がない」とか「時代が悪い」とか言いますけども、僕からすれば才能がなくとも時代が悪くとも本人が努力をすれば確実に良い方向へ向かっていくものだと思います。

僕だって確かに絵の才能だとかギャグの面白さの才能だとかには生まれつきかなり恵まれてはいましたけど、だからといって全く努力なくしてここまで来たわけではなくって、上記のように小学生のころからたくさんギャグ漫画を描いてきましたし、出版社に持ち込むようになってからも、他のギャグ漫画を圧倒的に凌ぐ僕の漫画のクオリティと画力を恐れてか、各誌に散々連載を断られてきました。

それでも僕はめげませんでした。
出る杭は打たれると言わんばかりに才能溢れる当時の新進気鋭の僕のような若手ギャグ漫画家は多くの他の漫画家や出版社から妬まれて連載を阻まれてきましたが、こうして僕は週刊少年ペヤングにて筆を走らせ続けています。
これも、誰のせいにも時代のせいにもせずに僕が自分を信じて一途にやってきた成果だと自負しています!

とまあ、僕の熱い漫画家としての略歴はとりあえず置いておいて。(笑)
実は僕、先日チワワを飼ったんです!←さっきも言ったよ!(爆)
いやまあとにかくこれが可愛いのなんのって、僕の手にじゃれついて甘噛みしてくるんです!(笑)
ほんと、深夜に救急病院に行ったの生まれて初めてですよ。

あっそうだ!実は僕3か月前からtwitterを始めました!
前の巻末コメントでも、その前の巻末コメントでもその前の前の巻末コメントでも言ったような気がしますが。
あれ、みんな、なんか照れてるんですかね?

フォロワー数0人なんですけど。(笑)
しかも僕の方は著名漫画家を初めとして3000人ぐらいフォローしてるんですけど(笑)
もしかしてみんな遠慮とかしてるのかな?べつにどんどんフォローしてくれてもいいんですよ(笑)

っていうか連載始めて2年目だけど未だにファンレター3通しか来てないんだけど。(笑)
しかも3通全部にカミソリ入ってたんですけど(爆)
ほんとみんな全然遠慮とかしなくっていいからね、僕はファンと一番近い漫画家でいたいから!

ということで巻末コメントとしては少し長くなってしまったけど、
皆さんこれからもスカイライト純一の応援をよろしくお願いします!!


※(出版社後日注)
諸事情により、スカイライト純一先生の連載は本号をもって終了致します。
長らくのご愛読、誠に有難うございました。スカイライト純一先生の次回作にご期待ください。

人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/367-23eaab24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)