さあよい子のみんな!性感滞開発体操、はじまるよ?!! 2008年11月05日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:2

いやいやどうもどうもこんばんは。
ダイヤの原石と言われはや20年、↑野でございます。

やっとバイトを終えて帰るところで、なぜか道の途中で死体の腐乱臭がしました。

まあ、そんなことはいいんですけど。
今日はわずか4時間しか働いてないのにクソ疲れた。

こんなんで社会に出てやっていけるんですかね。
ほら、社会に出たら辛いことたくさんあるでしょう。
いわゆる、社会の荒波に揉まれるというやつです。

厳しいでしょうね。
なんせ就業して初めて出勤したその日から…

(エロカッコイイ美人キャリアウーマン女社長、以下女社長)

女社長「あらあら君が↑野くんね、うふふ…。」

僕「あ、社長!お疲れ様です!」

女社長「どう?うちの会社は?」

僕「いや?、素晴らしいです。しかも皆さん親切で温かい方ばかりで」

女社長「そうでしょ。まだ慣れてないと思うから今から社長室で新人研修を開くからあなたもいらっしゃい」

僕「はい!お願いいたします!」

(社長室)

女社長「はいどうぞー。」


僕「失礼します!あ、あれ?なんで僕しかいないんですか?僕以外の新入社員はどこに…?」

(ガチャッ!)

僕「なに今の音?」

女社長「うふふ、あれはオートロックの音よ、私が持ってるカギがないと内側からでも開かないようにできてるのよ…」

僕「な、なんだって!ぼ、僕に一体何をなさる気ですか!」

女社長「言ったでしょう?新人研修よ!」

(ガバッ!!)

僕「ひやああ!や、やめてください社長!どうしてこんなことを…」

女社長「あなたみたいなかわいい新人君見てると食べたくなっちゃうの。ほうら!」

僕「はあああ!やめてください社長!」

女社長「あらあら、そんなこと言って…社長の私に意見するの?それに…あなたの本社はやめて欲しくなさそうだけど?」

僕「く、くふぅ!」

女社長「ほうら、あなたの本社の株価、どんどん上がってるわよ」

僕「にゃああぁぁ!これがM&Aってやつか!!」

女社長「ここはどうかしら?」

僕「みゃあああ!!やめて下さい!そこは、子会社だけはー!」

女社長「もうそろそろ、決算なんじゃないの?」

僕「ああ、出る!給料が出る!!」

女社長「今日はボーナス日だから本社の内部でいいわよ!」

僕「そ、そんなことしたら!社長の株主総会が!監査の嵐に!?」

女社長「いいのよ、私の代表取締役の具合はどう?」

僕「い、いいです!社長の代表取締役、いいです!!」

女社長「もう出勤しなさい!さあ早く出勤しなさい!!私ももう早朝出勤してしまいそうよ!」

僕「超高額給料でるー!!!」

女社長「う、↑野くんの金融資本が流入してくる…」

僕「はあはあ、社長の本社金融資本を融資してすごい利益率を確保してしまった!」

女社長「ふう…、ちゃんとアフターファイブもするのよ。」

僕「もちろんです社長、喜んで深夜残業いたします!」

女社長「今度は休日出勤もお願いね。」

僕「もちろんです!これからもインサイダー取引があれば、優良取引先企業になります。」

女社長「いい子ね。退社してもいいわよ。あ、それとこれ、特別手当てね」

僕「ありがとうございます、失礼します。」

(自宅)

僕「ほんま…社会って厳しいな…」



至れり尽くせりやないか。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/35-137df0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)