週3日スティーブン・スピルバーグの肩を執拗に殴り続けるだけの簡単なお仕事です。 2010年08月01日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

あなた犬みたいな顔してますね。
どうも↑野です。

夏休み入ったというのだからそりゃエロ動画を大学がシーズン中以上に漁るわけです。
これはもうほんとにあれですから、すごい自己研鑽ですから、輝く未来への自己投資ですから。
いやいやそういういやらしいとか不潔とかほんとそういうのじゃないですから。
エロ動画もろくに漁れない人間に日本の未来は託せないじゃないですか?そういうことなんですよ奥さん。

しかしここでとんでもない問題が起こったのです。
なんとローカルディスクCなるパソコン内の容量が、その国立国会図書館を遥かに凌ぐほどに貴重な、量質ともに最高級品の僕の猥褻物コレクションのおかげでパンパンになってしまったらしく、パソコンさんがメッセージで「あんた、その汚いコレクションはよ片付けんとネットもエロ動画観賞もさせへんからね!」と怒ってくるのです。

このような理不尽な事があっていいのでしょうか。
僕が一体何をしたというのですか。

僕はただ、集めたエロ動画や漫画を仕分けして、質のいいものから順に「一軍・二軍・三軍」に分類して、誰にも迷惑をかけずに一人で『ヌキヌキタイガース』という球団を作り、オーナー兼監督としてその類稀なる采配を振るっていただけではないですか。
毎日毎日選手(エロ動画・エロ漫画)たちに対する綿密なケアを怠らず、努力して精進した二軍・三軍の選手たちにはその実力を正当に評価して昇格もさせましたし、彼らと共に自慰という名の試合に挑み続け、しっかりと勝利を積み重ねてきました。

それをなんですか、人が何やら恥じるべきこと、後ろめたいことをしているかのようにそうやって「その猥褻物を処分しなさい、さもなくば然るべき制裁を加えます」だなんて、いつから日本社会は夜も眠らずに努力する若者を迫害するような汚い社会になったのですか、そりゃ日本産業の国際競争力も下がるわけですよ。


しかしそうは言っても、このままヌキヌキタイガースの球団運営を続けて行けば、途端に容量オーバーによりネットも出来なくなってこうやってブログを更新して皆さまと関わることすら出来なくなってしまうではないですか?
僕という、汚れたドブ川に爪先を入れれば途端に水質が四万十川のそれとなるほどの好青年がそのようなことを出来るはずもなく、泣く泣く我が子同然の選手たち(エロ動画・エロ漫画)を削除していったわけですけれども、これがなかなか容量が空かないんですね。

削除せども削除せども容量は全99.9GB中のわずか1%も空かないのです。
どんだけ選手育成してきたんだよと我ながら自身の球団運営努力と選手たちに対する親心に涙が出ます。

しかし泣いていても容量は空いてはくれません。
その間もパソコンさんは執拗にネットをしている僕に対して「不要なファイルを削除しろ、あとおっぱい揉ませろ」と迫って来るのだからこちらも鬱になりそうですよ。

そして困り果てた僕はそこで自身の比類なき調査力を発揮し、可愛い我が選手たち(エロ動画・エロ漫画)を手放す他に何か方法はないのかと統計学者も真っ青の情報収集によってあるものを発見しました。

皆さまのような一般人には分からないかもしれませんが、実はこの世の中には「外付けハードディスク(外付けHDD)」なる現代に残りしノアの方舟が存在するようなのです。
なんでも聞くところによると、パソコン本体にケーブルで繋げるだけで想像を絶する容量を用意し、いつでもどこでもデータコンテンツをパソコン内とHDD内で自由自在に行き来させることが出来るということらしいのです。

H:ほら
D:だからあいつ飲み会に誘うなって言ったのに
D:ドイツ生まれのリヒテンシュタインさん(38歳独身)

とか言うではないですか。
これはわたくしもう溢れんばかりの嬉しさを抑えるのに苦労したものです。
なんせこれでまたヌキヌキタイガースを再建して、日本シリーズでの優勝を目指してまた選手たちと一緒に汗をかけるのですから。
また永遠のライバル球団・読売巨根軍との熱い試合も繰り返せるのですから。

早速僕は近くの電気屋さんへと走りました。
ナイフ、ランプ、バイブをかばんに詰め込んでいざ鎌倉!と叫ぶその時の僕は高揚感に溢れていた。

店員さん「いらっしゃいませー。」

僕「すいません、外付けHDDを探してるんですけど。なんかもうパソコン本体の容量がパンパンみたいで。」

店員さん「はい、かしこまりました。こちらがそうですねー。」

僕「ああー、HDDっていってもいろんな容量のやつあるんですねー。どれにしたらいいんやら…。」

店員さん「お客様の目的などにもよりますねー。お客様写真など撮ってパソコンに保存されたりしますか?」

僕「いやー、写真は全然入れないですね。エロ動画とかぐらいっすね。」


店員さん「あーなるほ、えっ!?


一般人の自然すぎるノリツッコミを初めて目にした23歳の暑い夏の日だった。

人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/346-c22578da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)