政府が「ごはんですよ」を麻薬認定 2010年04月26日 日記 トラックバック:0コメント:0

はいどうもこんにちは↑野です。

いきなりですけどもそりゃあ僕だって健全な男子なのでパソコンでエロサイトぐらい楽しむわけですよ。
学生時代に最も力を入れたことは?と聞かれればエロサイト巡りとしか言いようがないわけです。

大学は一年で休みが実に半分近くあり、かつ休みの日と言えば朝からレッツ・エロサイト・パーリナイということを考慮すれば、上記の主張である学生時代に最も時間を割いたこととは学問ではなくエロサイト巡回と言っても形式論理的証明により正しいと言っていいでしょう。
っていうか僕からしたらなぜ大学はエロ動画観賞を単位として認定しないのか不思議でなりません。

そんな僕がつい先日いつものように行きつけのこ洒落たエロサイトをGoogle様に検索してもらった時のことです。
普段Googleを検索エンジンとして使っている方ならばすぐに分かるGoogleあるあるだと思いますが、Googleって検索してサイト一覧が出て来た時にかつて訪れたことのあるサイトにはサイト名の横に「?回閲覧」という風にそのサイトを訪れた回数が表示されるのですね。

便利な機能ですことね奥さん。
そりゃあGoogleの時価総額も歴史上類を見ない速さで上昇してゆくというものですよ。

そして気になる上記の僕の行きつけのエロサイトの訪問回数なんですけども。


訪問回数150回て。

アホかと。
見たくないにもほどがあり過ぎる現実見せんなと。

150回て。
筋肉番付の3分間腕立てでのケイン・コスギの最高記録か。

もし仮に一訪問あたり1時間半の時間を費やしていたとするなら225時間て。
難関資格取れや。

いや確かに性欲カタルシスは人間の本能に関わるものであり必要不可欠な行為ではありますけどもね。
それにしてもお前その225時間を古代ギリシャのアリストテレスにやったらあいつどんだけ人生の意味見出すと思ってんねんとか考えると悲しいものがあるというものです。
まあ僕もある意味行為後には悟りを開いてはいるのですが。

人の性欲に回数を付けてそれを嘲笑する、こんなことが世界的大企業によって行われていいものなのか。

どうせなら「おめでとうございます!あなたは当エロサイトを100回訪問致しました!スペシャルサービスとしていつもよりモザイクが薄くなります!」とかせいや。

※訪問回数とサービス内容一覧
100回:モザイクが薄くなる
150回:男優がいつもよりしゃべらない
200回:女優がバイト先の女の子にすごく似ている
250回:フィニッシュの10秒前からカウントダウン
300回:閲覧中に親が部屋に近付いてきた時に一度だけ親を異世界に飛ばせる
500回:動画再生中のBGMがkiroroの「未来へ」

これぐらいのことはしてくれてもバチは当たらないと思うのです。
それぐらいこっちは貴重な時間を割いてエロサイトを巡回してやっているというのですから。

まあでも文句を垂れていても仕方がないというものです。
今の僕にできることと言えばエロ動画をひたすらに観賞して自身の人材的価値を高めることだけですから。

ということで今から151回目の某エロサイト観賞に行ってきますね!

 俺たちのエロ動画探しの冒険はまだ始まったばかりだぜ!!
(パソコンの前で驚くほど希望に満ち溢れたきれいな目をしながら)

人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/332-25c4fafe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)