(問題)アメリカのシカゴに淫乱熟女は何人いるか?フェルミ推定しなさい 2010年02月21日 日記 トラックバック:0コメント:0

↑野です。
最近は僕も社会のワンワンになるためのしっぽふりふり訓練が忙しいのですが、やはりこの期に及んでも僕はそれほど将来を悲観視してはおりません。

日本の多くのエスタブリッシュメント企業が社畜化計画に僕を巻き込むのならば僕は自身で懸命に努力し実力を付けて辞表を叩きつけて世界中どこにでも行くし何でもしてみたいし多くの人と会ってみたい。
自分が自分を見失わず、その時々に抱いた興味や野心を掘り下げれば何とかなるものです。


何もベンチャーに走るとかそんなものではありません。
とかく日本は長く続いた終身雇用制度のせいか転職だとかレールを外れた人生というものに悲観的な見方をしますが、僕からすれば単に安定的でもなんでもないものにすがり付いて自分を磨くことを怠る免罪符が欲しいだけのように見受けられます。

日本は政治から既得権益を持つ組織から何から何まで腐っているわけですが、それが嫌なら国外にも逃げ出せる時代なのですよ今はもう江戸時代でもなんでもないんですから。あなたは今日何人侍にあったというのですか。

僕は将来イギリスをはじめとして様々な国々を渡り歩きたいと思っています。
極端なこと言うと海外転勤・外国での就労など当然だと考えます。

言葉がしゃべれないのなら必死で努力すればいいじゃないですか、大丈夫ですよ僕だって初めてイギリスに行った時はバカみたいに英語なんて喋れなかったし、テレビ観ても何一つ理解できなかったし、オーストラリアに行ってた時はホームステイ先のお母さんに僕のスピーキング力のダメさを叱られましたから。でも楽しかったんですよ。最後にはおばさんにもLove you, my sweet・heart.と言われましたしねブヒ。

お金がもっとあれば就職先が決まってからでもまたイギリスか今度はアメリカ辺りに短期でも留学したいなと思っているのですがどうなるのかは分かりません。
いずれにしろ僕は今までカスみたいな生活をしてきましたし日本社会では僕のようなクズ野郎に何の価値なども感じないでしょうから僕は世界中の様々な場に行って様々な人と関わっていろんなことを学びたいです。
死ぬまで日本にいて日本で働くなんて御免こうむりたいものです。

家族は不安に思うことでしょうが、僕はしばらく社会に出て働いてお金を貯めたらイギリスかアメリカかの大学院にでも行きたいなと思っています。
日本では「せっかく就いた職を辞めてわざわざ大学院行くとかもうドロップアウトの道だよ」となりますが世界の多くは能力主義で中途採用も豊富ですし、先ほど言いましたように一つの企業で一生涯死ぬまで働くくらいなら僕はドロップアウトの道を行きます。

そもそも日本の人は解雇というものを恐れ絶対になりたくない境遇と捉えがちですが、解雇されてもまたすぐに他の会社もしくはほかの国に行けばいいんです。要は自分さえしっかりと自分を持っていればいいんです。
解雇されるもしくは辞表を出すことはそれだけいろんな事ができるということですよ。

僕はまだ20数年しか生きていないのでこんなこと言うのは生意気というものですが、ほんと人生ってどうにでもなるものだと思います。それは自分の考えだけで構成したわけではなく多くの人生の先輩方から話を伺ったり実際の生き様を観て僕自身考えた結果です。

せっかくこの時代この世界に生まれることができたのですから。
もっと楽観的に冒険的に生きていいはずだと思うのです。
そうじゃないと楽しくないじゃないですか。

人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/326-8c6f548e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)