回転寿司屋でお昼食べてたら人混みに流されて変わってゆく松任谷由美が流れて来た 2010年01月30日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

↑野です。

時速80キロ以上の車の中から手を出して風に当てたらおっぱいの感触がする?!とか言い出した奴なんなんですか。どれほど風を楽しんでるんですか。ナウシカもどんびきですよ。

いや、そりゃ確かにそんな感触するかもしれません、僕はやったことないんで断言はできませんけども。
しかしあなたそんなこと言い出したら水風船だってそれなりにおっぱい的な感触ですし、正座した後の痺れた足を指で押してみたら一人電気攻めプレイですし、温めた目薬を目にさしてみたら美少女に目をしゃぶられているがごとく心地がいいのですよ、一度はお試しあれ。

それを何を血迷ったか「ほんとほんと!Cカップぐらいのおっぱいの感触がするんだって!ほんとだって信じてよ!父さんはラピュタを見たんだ!」とか言い出す始末。人目も気にせずに街中で必死にこの物理現象を力説する青少年たちに果たして明日はあるのか。「都会の中心でパイを叫ぶ」全国ロードショーってなもんです。

そりゃあ無駄なことばかりではないのかもしれません。時速80キロ以上でそのリアルパイオツ感触を体験したいがためにおっぱいにとり憑かれし殿方たちは高速道路に夢を求めてインし、結果として高速道路の売り上げが過去最高値を叩き出すやもしれぬのですから。何この経済合理性に基づかないにもほどがある経済効果。絶対どこの経済研究者もこの現象についてはノーマークだったことでしょうに。

でもね、嫌でしょ?
おっぱいに支えられた高速道路産業とか。ひいては国土交通省。さらにひいては日本の財政。
おっぱい効果によって確保された財政により政府が介護・医療制度改革に踏み切り、今現在の深刻な医師不足や介護力不足を解消した際にはこの国の社会保障は一部の人々のおっぱいに対する情熱によって支えられていることにもなるのですよ。これがほんとの安全パイだねってやかましいわ。


いやだから、別におっぱいの感触がするのはいいんですが、だからなんなんだという話です。
それじゃあ君たちはこんにゃくを食べるたびに「ディープキスの感じがするよ?!やだ変な気持になっちゃう…」とか言い出すのかということです。またはこんにゃく食べるたびに昇天するような友人をあなたは将来自分の結婚披露宴に呼びたいのかと聞いているんです。

しかもこの「時速80キロ以上の車内から手を出せばそこはおっぱい村」の情報は何度かテレビなどでも取り上げられて今ではそのことを知っている人も多いのだと聞きます。
ということは車内から手を出したりすれば途端に周りのドライバーたちからは変態を見るような冷徹な眼差しで見られ気づけば白バイはあなたの車に並走しながら止まりなさいのサイン。

なぜ彼らはそんなにもありもしないと分かり切ったおっぱいを追い求めるのであろうか。
決して掴むことができないと分かっていながら。

もしかしたら彼らは自分たちの掴めなかった夢を、希望を、その同じく掴みどころのないエアーおっぱいに重ねて見ていたのだろうか。どれほど走って追いかけて追いかけて手を伸ばしても決して掴むことができなかった遠き日の夢。車で走って走って手を伸ばし、今度こそしっかりとそれをこの手に掴んでやろう、そしてもう二度と放しはしないと堅く決心しているのであろうか。だとすればあまりにも悲しいことではないか。

だって現実を見ればおっぱいの感触とか言って車内から手を出してるだけのただの社会不適合者ですからね。

しかしやはり僕にはエアパイを求めて車から手を出し明日を掴もうと努力する人々を非難する権利はございませんし、それで彼らのパイ欲が少しでも満たされるのならばそれは素晴らしいことなのかもしれない。
おそらく初めてこの感触に気づいた人はかなり驚いたのであろう。ちょっと何気なしに車の窓から手を出して風に手の平をかざしてみれば、そこにはすでにCカップが鎮座していた。きっとその思わぬ嬉しき発見をいち早く誰かに教えたくなったのも事実であろう。

風は時に台風となりてその自然の脅威を以て我々人間に牙をむく。
しかし時にそれはCカップへと姿を変え我々にその母なる自然の豊かな母性を見出させる。

きっとあの時高速道路上ではまた一つ人間が新たな自然の摂理を発見し、また神に一歩近づいたのかもしれない。

僕としては高速道路と言えば「青函トンネル」というワードに「性感トンネル」「青姦トンネル」を見出して一人車内でニヤニヤしているぐらいでいて欲しかったのですが。それぐらい純粋でいて欲しかった。

しかし過ぎたことを悔やんでいても仕方が無いというものです。
今の僕に出来ることと言えば、

「あれ、時速80キロ以上の車内から手を出したらおっぱいの感触がするというのなら、車内からチンコ出したらパイズリの感触が味わえるんじゃね!?」と思いついて警察のお仕事が激増しないように祈ることぐらいである。

人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/322-583d2162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)