お正月だよ!24時間テキストマラソン 20 2010年01月01日 企画 トラックバック:0コメント:0

ふと思ったのですが、僕は肩書こそ大学生ですが、では具体的に僕がニートではなく大学生であるとするその根拠となるものは一体何なのか。

もちろん普通は授業料を払って籍を置いているかどうかで大学生かニートかが分かれるのであるがそれはあくまで見かけだけの飾りであって、実際の僕を見てみればべつに大学には通っているし勉強もそこそこしてはいるがあまりにもブラブラと気ままに生き過ぎている気がする。ほんと気まま。気ままままままま。

大学に行ってる時間を除けばニートと何ら変わりない。
ブラブラブラブラしている。


しかも大学に行ったことがある人は分かると思いますが、大学は恐ろしく自由です。
正直授業にそんなでなくても単位取れるし誰もそれを監視しない。
行動だって自分次第で多くのことができるがそれ故に望まなければ何もする必要がない。

では大学生とニートって一体何が違うのかと疑問に思うわけです。

ほとんどニートと変わらないんじゃないかと思う。
っていうか大学生のほとんどは実質ニートだと思う。

どんなに勉学やサークルに追われていても大そうなプロジェクトを運営していても結局自分がしたいことを気ままにやっているだけのニートの集団なのではないのかなと思うのです。

まあ僕はそもそもニートのことを悪いとかは全く思わないので上記のことを批判的に言ってるわけではないのですが、ただ純粋にニートと大学生のやってることって変わらないなと感じ始めたのです。それだけのことです。

せっかくなのでこの期間を享受しようと思いますけど、やっぱり過度な自由の中では例え何かに熱中していても実は心のどこかで空虚を感じるものなんですね。僕だけかもしれませんが。人間とは本当に難しいものです。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/310-984e5b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)