机上の空論vs砂上の楼閣 30分一本勝負 2009年11月25日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:2

↑野です。

僕は主婦かニートに向いていると思う。

ニートの才能については自他共に認めるところであります。
もし万が一日本政府がトチ狂って公認会計士的なノリで公認ニートなるニート国有化宣言でもしようものならば、恐らく僕が厳しい条件を突破して日本初の公認ニートとなるでしょう。

国民たちはモニターに映し出される夕方まですやすやと眠る僕の愛らしいスリーピング・フェイスを閲覧しては、まるでジブリ映画でも観た後の様にほっこりとした気持ちに浸り、また今日も元気に社会で働くのです。

やがて日本、いや世界初のプロのニートの誕生に世界中が注目し、その抜群の知名度を生かして僕は数々の本を執筆するかと思いきやただずっと家で寝てる。

それもそのはず、忘れてはならない。
ニートとはあくまで働かない存在だ。本でも執筆して印税収入を得てしまったら途端にそれはニートでなくなる。ただの時代の寵児なのである。

しかし常に公に保護され続けるプロのニートである僕に対して世間の女性たちがその母性・保育本能
を掻き立てられないはずもない。
世界中の美女たちが僕を養おうと次々とその豊満な肉体を引っ提げてやって来る。
そこでもちろん僕は世界中の美女たちに囲まれ歴史上にさえも例を見ない卓越したハーレムを築くのかと思いきやただパジャマ姿で松屋へ通う。

それもそのはず、忘れてはならない。
ニートとはあくまで消極的であるべきだ。少しでも野心の眼差しを垣間見せるならばそれをビジネスの場へ持って行けとのトレードオフがすぐさまに発生する。

しかもそのような一般人の美女たちに養われると果たしてどうなるであろうか。
そう、「プロ」のニートとはあくまで政府、ひいては社会全体の総意である公に保護される故に「プロ」のニートなのである。
それがそのような民間人の美女たちに保護されるとなると、途端にそれはプロからアマチュア(ただのニート)に成り下がることを意味するであろう。

僕ならこのようなニートとしての禁忌を犯すことなど絶対にあり得ない。
そして何も生産せず過度の自由に飲み込まれることもなくニート道を極める自信がある。


それではもう一方の主婦についてはどうであろうか。
僕は何故自分自身をして主婦の才能があると豪語するのであろうか。

比較的家事が苦にならないこと。
単調な日々の中にも輝きを見出すことができることなどももちろんありますが、

一番の理由は僕が類稀なる母性本能くすぐり術を持っていることが挙げられる。
ニートの方でも言及したのですが、僕にはエリートキャリアウーマンや社会貢献意欲の強い女性たちが放ってはおけない「究極の情けなさ」がある。

?彼女らは毎日毎日都心で大きな責任とプライドを抱えて男勝りに働き、大きな報酬を得る。
欲しい物など大体手に入れた。

毎晩の高級エステ、可愛いペット、豪華な食事、家賃120万円の一等地マンション、エリートとしての品格…

でもなんなのかしらこの胸の奥にポッカリと空いた風穴は、虚無感は。
あたしは全てを手に入れた、そう手に入れたはずよ。なのに…

女性は今日も大量の企画資料を持って家路に就く。
その姿は欲するものを全て手に入れた勝者のそれとはまるでかけ離れているとも気づかずに。?


そんな時にこのようなダメ人間の原石を濃縮還元したかのような情けなさ100%のこの僕が彼女らを救ってやれるのです。全ての女性はいつも異性にリードされていたいというのは間違いというもの。
それは多くの宗教が施すことの喜びを説くのと同様。

守ってあげたいよりも守って欲しいの精神の強い比較的若い女子高生・女子大生ぐらいの年齢の女性たちは僕を見て死ねと思うのでしょうが、逆に心が成熟した大人の女性に守ってあげたい精神が宿るケースも多々あると思います。


そしてもう一つ考えなければならないのは技術面です。
主婦とは家事全般・育児・ご近所とのコミュニケーション・配偶者との良好な関係維持などをこなさなければなりません。

ところが僕にはどうやらこの才能さえも備わっているようです。

家事は好きです。
ピカピカに磨き上げた皿を見てはエクスタシーに達しています。
パリッパリに乾いた柔軟剤の香り漂う洗濯物をしまっては恍惚の表情を漏らします。

近所付き合いに関しては、僕は人は嫌いなのですがどうやら熟女や人妻にモテるようなのです。
スーパーで何故か知らないおばさん(推定30代?50代)によく話しかけられます。
正直おばさんと話すネタなど小生持ち合わせておりませぬが、あちらから好意を持たれるのならばそこには円滑なコミュニケーションが成立するほかないでしょう。話しかけられたらいつも今時の若者には珍しいピュアピュアスマイルで応戦します。

かくしてご近所付き合いに定評がある僕の存在はご近所中に知れ渡ります。

そして育児なのですが、僕ほど少年の心を持ち、真に大切なことを子供に教えてやれる人間はなかなかいないのではないでしょうか。

子どもに本当に必要な教育とは?
両親が見せるべき夫婦関係とは?
この歪んだ社会との適度な付き合い方とは?

それを教えてやれる自信はあります。

さらに配偶者との良好な関係ですが。
もうこれはあまり言わなくても分かっていると思いますが、僕ほど愛され上手な若妻はいません。
僕のフライパンを持った裸エプロン姿に一体どれほどの女性たちが癒されることでしょうか。
そして冒頭でも述べたとおり僕の情けなさは母性本能をくすぐるどころかエグる勢いであります。

これらが僕がニートか主婦の才能があると主張する理由であります。


まあ今のところ結婚する気は全く無いのでこのままだと自動的にニートの才能だけが僕の唯一の才能となりますが。お前ら全員俺を養え。


人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/267-b91c7d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)