パリ3泊4日土下座の旅 2009年10月23日 日記 トラックバック:0コメント:4

○慶應義塾大学の学生が全裸で集団疾走

駅ホームなどで9人、撮影も?書類送検・神奈川県警
10月13日18時48分配信 時事通信

 全裸で駅構内を走り回ったとして、神奈川県警港北署と少年捜査課は13日、 公然わいせつ容疑で、慶応大学の男子学生9人と「撮影係」の女子学生(18) を書類送検した。
 学生はいずれも1年生で広告学研究会のサークル仲間。 「ばかなことをしてしまった」と容疑を認めている。男子学生9人のうち5人が 酒を飲んでいたという。
 同署によると、学生は「夏の思い出になる映像を残そう」と、先月20日午前 4時15分ごろ、紙パンツだけをはき、穴を開けて陰部を露出させた状態で、大学 近くの商店街から東急東横線日吉駅に向かって疾走。しかし、「それでは面白く ない」と、無人の同駅ホームに侵入し、全裸になって駅構内やホームを走り回り、 改札前に並んで記念撮影した。通行人が目撃し110番した。 一連の行為は、サークルの打ち上げで上映するため、女子学生がビデオで撮影
していた。

慶応大学の話:各方面にご迷惑をお掛けして申し訳ない。処分については各学 部が検討すると思う。


情けない気持ちで一杯である。

僕が一番やりたかったことを先にやられてしまった。

普段から自らを全裸の帝王として自負していたこの僕が、
同じ大学の人間に、しかも自分の縄張りで自分よりレベルの高いことをいとも簡単にやられてしまったのだ。まるでボクサーがボクシングルールで柔術の選手に負けたかのようだ。

もちろん僕は全裸で町を徘徊して逮捕されたいんだわっしょい!
とか思っているわけではない。
ただ僕は全裸とはいかないまでも半裸で町を練り歩くくらいの青春はしたかった。

つい最近まで有志を募って多摩川の河川敷きで水着姿でローション相撲をしてそれを動画にして一番の思い出にしようと企てていた。

そのため先を越されてしまったという喪失感を感じているのである。


強がりととってもらって構わないが、僕ならこんなミスはしない。
人に迷惑がかからないような場所を選んでやるつもりだったし、
陰部を出すなんて家の中でしか絶対にやらない。
少なくとも公共の場では絶対にしない。

自分たちが楽しむのはいいが、そのために他人に迷惑をかけたり不快にさせたりしてしまってはそれは絶対に許されるべきではない。
ちゃんと法を守り人の気持ちも考えて僕はローション相撲をするつもりだった。

しかし彼らにわずかな尊敬に似た感情が芽生えてしまっているのがまた何とも腹立たしいのも現実なのです。そして同時に今回のこのことがあったため、こういったことに関しては十二分に慎重になるよう改めて考えさせてくれたことには感謝している。



>学生はいずれも1年生で広告学研究会のサークル仲間。

1年目からレベル高。
いい大学デビューになったんじゃないかな。


>男子学生9人のうち5人が 酒を飲んでいたという。

20歳未満で飲んでいたのだとしたらこれはもう弁明の余地無しです。


>紙パンツだけをはき、穴を開けて陰部を露出させた状態で、大学 近くの商店街から東急東横線日吉駅に向かって疾走

なるほど、ただの全裸ではなく少しひねりを利かせた時代を一歩先行く全裸だったと。
1年生でこのポテンシャル…
陰部さえ出さなければいい全裸師になれたものを。


>無人の同駅ホームに侵入し、全裸になって駅構内やホームを走り回り、 改札前に並んで記念撮影した。

これも完全にアウトですね。
いくら無人と言えど勝手に入るなんて論外です。






















>一連の行為は女子学生(18)がビデオで撮影 していた。

個人的にこの方との面会を強く希望します。


人気ブログランキングへ
トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/238-a8929ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)