四字熟女 ※例:八代亜紀、片瀬梨乃、細木数子 など 2009年09月25日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:6

↑野です。

秋学期から金曜日は授業がないという毎週末が3連休ボーイな僕は朝からブログの記事書いちゃうよ。
さあ社会人の方々、朝早くから夜遅くまで働いて下さいいってらっしゃい!
大丈夫!今日を乗り切れば明日から土日じゃないっすか!ハハッ!!

ということなんですけども、
実はそう呑気に笑ってられない事態なのですよ。

今日改めて考えてみたのです、
ほぼ全裸で洗濯物を干すのはやはり辞めるべきなのか、それとも続けるべきなのか。


皆さん御存知の通り僕は関東に引っ越して来て4年間ずっとパンツ一丁、時には寸分の迷いもない全裸で洗濯物を洗い、そして干して来たのです。

「だからどうした?」と言われればそれまでなのですが、
なんせ僕のアパートのベランダ側の前には立派なマンションがそびえ立っているのです。
もうお気づきですよね?

そのマンションに住む老若男女様々な方々が僕の生粋の愛されボディをその目に焼き付ける事となるのです。

越して来たばっかりの頃は何故かとがっていたので普通に人がいても何食わぬ顔で全裸で洗濯物を干していました。
リアル↑野さんが近隣住民に挨拶回りしていたということです。

流石に今となっては僕も丸くなり全裸でベランダに出る事は一か月に8回ぐらいしかしませんが、
パンツ一丁であっても相変わらず向かいのマンションの住人は僕の、初対面の人に対するさらけ出しぶりに少し引いてるようです。

時には、子供「お母さんあの人…」 母親「しっ!見ちゃダメ」 的なベタ過ぎる展開を見ることもあれば、
まじまじと見つめて来るご年配の方もいれば、
気付かない振りをして本当は心のどこかで若い学生の半裸を見て溢れ出さんばかりの肉欲を抑えきれない団地妻と目撃者も様々なわけです。

ここで根本的な、「僕が何故全裸、半裸で洗濯物を干すのか」ですが、理由は極々シンプルなものです。
「家の中では服を着ないから」です。
そして洗濯物を干すわずかな時間の事のためにわざわざ服を着るのがめんどくさいからです。

僕は、人類に服は不要説を唱える人間であり、事実小学生の頃から家では全裸、半裸でしたのでもう今更引き返せないのです。
僕が服を着るという生活習慣になるのは薬物依存者が麻薬を止めるよりもキツい事なのです。

しかし冒頭で申しました様に少しこれを改める必要があるのではないかと、せめてパンツぐらいははいた方がいいのではないかと思わざるを得ない出来事に遭遇してしまったわけです。

3日ほど前のことでした。
僕は夕方に洗濯をしてそのまま忘れて放っていた洗濯物のことをとっさに思い出したのです。
こりゃ干さないと、と相変わらずの光沢ある全裸でベランダに出たのです。

ここで言い訳をさせていただくと上記のように僕は今はもうお昼やまだ早い時間帯には全裸で洗濯物を干しません、パンツ一丁で干します。
ところがその時は深夜の2時だったんですね。
誰が深夜の2時にマンションの廊下を通るもんですか?
いいとこ酔ったおっさんぐらいだろうと判断したのです。

僕は勢いよくカーテンをしゃーんっ!と開け、
勢い良く全裸でベランダに飛び出したのです。
まさに身長175cm・体重75kgのキューピーが舞い降りた瞬間でした。

すると向かいのマンションに自分と同い年ぐらいの可愛い女の子がいた。

しかも僕が勢いよく飛び出したせいで彼女はこちらに気づき、僕を見てリアルに5秒ぐらい固まっていました。
僕も固まりました。

彼女はフクロウのように眼をまん丸に見開いて確実に僕の全てをその右脳に焼き付けていました。


全裸の男子と携帯片手の女子。
二人の若者がお互いを見合ったまま5秒ぐらい固まりました。



僕は苦笑いしながら会釈しました。

人気ブログランキングへ

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/217-ab74e12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)