茶番 1 2009年09月02日 純ネタ トラックバック:0コメント:4


なんだか急に茶番が書いてみたくなった。
ショートコントだなんてそんな大それたもんじゃない。
こういうのもたまに書こうかなとか思っています。
最近足がすごくダルいです。






「ねえねえ、『おっぱい』って10回言ってみて!ww」


「よーし!おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい!!」


「あっ、おまわりさん!こっちです!この人です!!」


「ドッヒャー!!」











怪物「ハハハハハ!この小僧の命はもらったぞ!」


たける君「助けてー!助けてよライダー!!」


ライダー「くそっ!ハンター×ハンターの連載が再開しても作者がやる気なくて適当なオチ付けて終わらせてしまいそうだなんて!!」












記者「放送席、放送席!見事なプレーを見せてくれました、渡辺選手です!!いやーどうでしたか、自分の中で今日一番良かったプレーというのは?」


渡辺「騎上位ですね。」












アナウンサー「スタジオの中山さーん!実はですね、このおじいちゃんはなんと今年で96歳にもなるのに未だ現役で農作業をしているんですよー!」


中山「ええーっ!!それはすごいですねー」


アナウンサー「それでは今から実際におじいちゃんに畑仕事をするところを見せてもら…」


おじいちゃん「…………………………。」(カチャッ)


アナウンサー「…………………………殺せ。」












大塚アナ「本日の午後未明、新ずくっ、あ、新宿の…」


あやぱん「ちょっww、大塚さん今すごい噛みましたねーww」


大塚アナ「…………………………殺せ。」











男の子「うわ?!!見て見てママ?!風太くんが、風太くんが立ったよ!!」


お母さん「すごいね?!待っててよかったね?!」


男の子「すごいや風太くん!あんなに立てるなんてすごいや!!」


お母さん「ほんとすごいわね?!……それに比べて貴様ときたら。」












「母さん、お願いだよ!俺今度こそちゃんとやるからさ!進研ゼミやらせてよ!」


「ほんと?仕方ないわねえ?、その代わり今度またサボったりし…ボブ兄さん!!!!!」











「どうしたんだいパトラッシュ?眠いのかい?僕も何だかくるぶし辺りに軽い発疹とかゆみがあるんだ」












男「あれ!?あの、もしかして芸能人の高山さんですよね!?やっぱりそうだ高山さんですよね!僕昔からすっごいファンで…」


高山(カチャッ)


男「…………………………殺せ。」













ジョイ君「ほらママ見て見て!これでしつこい汚れも酵素の力でみるみる落ちていくでー!!」


ママ「うわあ?!すっご?いジョイ君!!汚れがどんどん落ちていく!ほんとすごいわ!!…ほんと、隆文が生きていたら何て言ったかしら…。」


ジョイ君「お、奥さん……」











「そ?らを自由に、飛?びた?いな?♪」


「はい、ペペローション!」











客「………………………。」


催眠術師「それでは私が3・2・1と数えたらあなたは元通りに戻ります。いいですね?それでは3・2・1、はいっ!!」


客「Be Together Be Together !!」


催眠術師「今夜は?♪!!」


客「Say you love me Say you love me !!」


催眠術師「朝まで?♪!!」


客「Be together Be together !!」


催眠術師「踊るよ?♪!!」


客「Shake!」


催眠術師「Shake!」



催眠術師&客「Shake my soulーーー!!!!」







書いてる時なぜかすごく楽しかった。

人気ブログランキングへ

テーマ:ネタ - ジャンル:お笑い

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/197-dc477551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)