すみませーん、麻生総理と小沢元代表のBL同人誌ってもう在庫ないんですか? 2009年08月17日 企画 トラックバック:0コメント:4

どうもみなさんこんばんは。
「おそらくこの先一生東京ミッドタウンには行くことないだろうね」が口癖の↑野です。

今回は例の企画の記事です。
テーマをいただけましたのでそれについて書いていきます。

>ココさん「オロナミンCについて書いてください。あと抱いてください↑野さん」
>心温さん「リポビタンDについて書いてください。あと洗ってない財布ってなんかすごく臭くないですか↑野さん?」

と企画ページにてテーマの提案をいただきました。
心温さん、ココさんご協力ありがとうございます。
お二人にはカルピスバラエティーセット1年分が贈呈されたような雰囲気になります。

それでは語っていきたいと思います。

リポビタンDとオロナミンCはなんだか名前が似ているわけですが、今日はその二つのドリンクを対照的に論じたり、時にはその二つの共通性を指摘していきたいと考えています。

まず初めに僕が初めてリポビタンDを軽く意識したのは僕がまだ保育園児ぐらいのときです。
おかんが買って来て家に置いてあった6本ぐらいのセットを全て飲み干しておかんにボコボコにされたのが全ての始まりです。
おかんの「これは働いたりして疲れてへん己が飲んでも意味あらへんねんたかひろ!」の捨て台詞が印象的でした。
それ以来リポビタンDはただの一度として再び飲むことはありませんでした。
僕の数千ある口癖リストに「リポビタンDなんて飲んでたまるかクソが大正製薬の株価暴落しろ!」が加わりました。

僕がスーパーに行ってまず最初にすること、それは店内のリポビタンD全てを割って周ることです、在庫ももちろん割りつくします。割り切れない想いを抱きながら…

一方言葉の響きが非常に似たオロナミンCについては僕は溺愛しています。
もう公衆の面前でも一切躊躇することなくオロナミンCのビンを舐め回します。
いや、ねぶり倒します。

その結果何度も警察のお世話になりました。

週に3度はオロナミンCで炊いたご飯を食べます。
その時一緒に飲むのももちろんオロナミンC。
おかずももちろんハルンケア。

おかげで今となっては女子高生に顔を踏みつけられながら飲みたいドリンクランキング堂々の1位にオロナミンCが君臨しています。
僕の数千ある口癖リストに「大塚製薬の株価急上昇しろ!」が加わったのは小学生の頃でした。


以上が僕にとっての両雄なわけですが、
奇しくもリポビタンDは1962年販売開始、オロナミンCは1965年に販売開始と、ほぼ同時期に発売されたという事実を見ても分かるとおり、この二つの商品は常に比べられて、時には激しく争いながら進化してきました。

リポビタンDが魔球を投げれば
オロナミンCはハーバードビジネススクールを卒業し学位を取得する
リポビタンDがエロ本をベッドの下に隠そうもんならば
オロナミンCはJR東日本池袋駅のもしホームから転落した場合に入り込むあのくぼみの中に隠す
リポビタンDが儚くも美しいこの世界を賛美すれば
オロナミンCは行きずりの女と一晩を共にする

こうして二人は共に切磋琢磨していった。
そして気づけば二人の間には固い絆が結ばれていた。

リポビタンD「お前のたくましいボディライン、いいよな」
オロナミンC「君の医薬品級な取り扱われ方には正直嫉妬するぜ」

こうして発売から40年以上が経ち、その間に多数の飲み物や医薬品が発売されては製造中止になっていった中でこうして二人は今日も日本を代表する飲料としてその名を轟かせ続けているのだ。


ここで少し視点を変えて見てみましょう。

「もしもあなたのチンコがリポビタンDかオロナミンCのどちらかになるのだったらどちらが良い?」

とよく世間一般では言われていますね?
普通に生きていたらこの質問は今までに数百回はされてきたのではないでしょうか?

僕はこれに「人それぞれ」と軽くあしらう専門家は嫌いです。
何故なら答えは決まっていると言えるようなものだからです。

答えはずばり、「オロナミンC」です
これは何も自分のチンコが太くたくましくあって欲しいというような安易なサイズ論から来るものではありません。

ここで自分のチンコ=オロナミンCを選ぶ理由は、

もし自分のチンコがリポビタンDになったら、汗まみれの渡辺裕辺やケイン・コスギが意味の分からないアスレチック障害を乗り越えた先に「ファイトオー!!イッパアアアーッツ!!」と物凄い剣幕で叫びながらチンコを凄まじい握力で握り、マイ・リポビタンDが何かに目覚めるからです。

一方オロナミンCがチンコになれば…
もうお分かりですよね?
上戸彩ちゃんが僕のオロナミンCを「元気ハツラツう?」とあの潤んだ瞳と笑顔で聞きながらしゃぶって下さります。
これで我がオロナミンCが元気ハツラツしないわけがございません。
腰に手を当て一気にマイ・オロナミンCをしゃぶるその姿は圧巻という言葉をもって他に思いつきません。


ということでこの記事を通して述べてきた内容全てを要約いたしますと、


上戸彩ちゃんに僕のオロナミンCをしゃぶって欲しい


ご静聴ありがとうございました。




こんな語りにくいテーマを何食わぬ顔で提案してきたココさんと心温さん、ありがとうございました!
よければまた御提案お寄せください!

テーマ:アホな管理人のブログです。 - ジャンル:ブログ

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/183-fe4504ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)