巡り会うAZUKI BAR 2009年08月09日 純ネタ トラックバック:0コメント:14

ペンディエッタ「クラリッサ!クラリッサはどこにいるのかしら!?」

クラリッサ「ここよ!ここにいますわよお姉様!」

穏やかな自然に包まれた物静かな屋敷に
突如として声が響き渡る
こうしてまたいつもの愛すべき輝かしい朝が始まるのだ


ペンディエッタ「もう!クラリッサったら、またそうして寝転びながら本を読むなんてはしたない!お花を買ってくるという約束は一体どうなったというの?」

クラリッサ「ごめんなさいお姉様、でも私たちが今こうしている間にも地球上の森林は毎秒テニスコート一面分もの速さで失われているの。」

そう言うとクラリッサはまるで今年の24時間テレビのグダグダ具合を早くも予期するかのようにしてうなだれた
徳光の涙はもう見飽きたし、サライなどどうでもいいと思えたのだ

ペンディエッタ「仕方のない子。クラリッサったら、お母様に言いつけるわよ、『カスピ海ヨーグルトの本場は結局中東なのか北欧なのか、もしかしたらロシアっていう大穴狙いもあるのか』ってね!」

クラリッサ「リサイクルは時として逆に地球環境や経済市場に悪影響を及ぼすことさえあるんですもの…」

ペンディエッタ「ふう、分かったわ。それじゃあ1階で朝食とGibson Les Paul Gold Top 50`sを用意しているからすぐに降りてきてフライアウェイしてファーラウェイするのよ。」

クラリッサ「分かりましたわお姉様、温水洋一をこれでもかというほど褒めちぎるわ。」

するとまた屋敷に静寂が蘇った
しばらくして一階のリビングでの朝食が始まる
茨城の狂犬と埼玉の狂犬はどちらの方が強いのかはまた別のお話

クラリッサ「そういえばお姉様、フランツのことはどうなさったのかしら?何も話してくださらないけれど?」

ペンディエッタ「そうなの、私アスパラガスは大嫌いなのにホワイトアスパラガスは何故か平気なの。これはきっと究極のモテスリムスーツは己の肉体美であり全裸そのものということなのね。」

クラリッサ「まあお姉様ったら!うふふ、どうりでイチローの髭は一晩剃らなかったぐらいで浮浪者並みに生えてくるわけですわ。」

ペンディエッタ「そうそう、メカブにはフコイダンっていう特有のぬめり成分がたくさん含まれていてそれが血液をきれいにしたり他にもいろいろと効能があって健康に良いんですって。これだからロックインフェスタでスピッツが演奏する時はババアどもを押しのけて最前列を陣取るのはやめられないのよ。」

クラリッサ「例の『坂東英二が時速300キロのボブスレーに衝突された』というのは…」

ペンディエッタ「ええ、全ての衝撃を彼の乳首が吸収して彼自身は全くの無傷よ。」

クラリッサ「よかった…草なぎさんが不祥事を起こした時はこれが『リアル・ツヨシ!しっかりしなさい』だと思いましたことよ。」

ペンディエッタ「ちなみに実家からお母さんが自分のアパートを訪ねて来た時にわざと机の上にローションを置いておくというのも一つの手よ。」

朝食をとっくに食べ終わった後も二人の話は終わらない
メビウスリングって何かを急いでウィキペディアで調べた15の夏
あれも今では遠い日となった

クラリッサ「そういえば昨日お姉様に客人がいらしていましたわよ、伝言があるそうで。なんでも、『東京フレンドパークのあの第1ステージの壁に飛びつくやつ、俺だったら一発で一番上のクリアの所触れるのにな』ですって。」

ペンディエッタ「ええ、じゃがりこ絶対信者だったけどCalbeeから出てきたジャガビーに心を奪われそうな自分がいるわ。でも一番好きなのはあずきバー。ゼルダの伝説のマスターソードがあずきバーに見える。どうしたらいいですか探偵さん?解決してください。ということで神奈川県の朝倉友香ちゃん17歳からのお便りです。」

クラリッサ「よし、今年の卒論のテーマは『ジーパンって言うよりジーンズって言った方がかっこいい現象に関する考察』にするわ!」

ペンディエッタ「勝手にしなさい、私の人生の目標はいつだってタモリのサングラスを取ることなんだから。」

クラリッサ「お姉様ったらひどい!!」

ペンディエッタ「あはは、ごめんなさいクラリッサ、でも工事現場の『周辺地域の皆様には誠にご迷惑おかけしております』って書いてる看板のキャラはたいてい半笑いなのよ。」

クラリッサ「でも想像してみてくださる?一人でバイキング形式のレストランに居座るその姿を。空気を読まずにスモークサーモン全部取ってやればいいんですわよ。」

ペンディエッタ「あずきバー…」

クラリッサ「みなみを甲子園に連れてって!」

ペンディエッタ「そういえばお母様が昨日アンダーヘアーにゆるふわ愛されカールをかけてもらってきたって大喜びだったのよ。ものの見事な乗車拒否られっぷりだったわよ。」

クラリッサ「ええっ!お母様が?名探偵コナンの犯人的中率65パーセントで雑誌に取り上げられてコラム書いてる?すごいわ!まるで日本の領土問題解決における憲法9条の再考の意義みたい!」

ペンディエッタ「ところがねクラリッサ、UNIQLOのお客様の声に『乳首の部分だけに穴の開いたTシャツを売って欲しい』と要望を出したところ自宅の周りをUNIQLO社員300人が取り囲んで警察沙汰になったの。」

クラリッサ「それは、イギリス国民は全員俺の性奴隷って言ってるようなもんじゃない?」

ペンディエッタ「あえてこのタイミングで言わせてもらうわ。あずきバー!」

クラリッサ「修学旅行はやたらと点呼が多すぎてストレスが溜まるの。目的地に着いた途端にみんなバスの運転手さんにありがとうございましたーって言いながら降りて行くけど金払ってる客は本来こっちなんだからね。あとバスの運転手さんは何故太り気味の人が多いの?そっちの方も大型免許保持っていうこと?」

ペンディエッタ「国連が、国連が私の愛され豊満ボディを狙ってる!!」

クラリッサ「食らいなさい!必殺、ワンリッター・フォー・テンリッター!!」

ペンディエッタ「そしてここでまさかのあずきバー!!!」

フランツ「そしてすべての今日を生きる素敵な君たちに…」

















クラリッサ「あずきバー」
ペンディエッタ「あずきバー」
フランツ「あずきバー」


テーマ:ネタ - ジャンル:お笑い

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/174-f2aa2be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)