しまじろう「やあ!僕しまじろう!早速だけど君たちに金銭的なものを要求するよ!!」 2009年08月04日 純ネタ トラックバック:0コメント:25

しまじろう「やあ僕しまじろう!!みんな久しぶりだね!今日こそはちゃんとみんなのお便りに答えていくからね!!この前は本当にごめんね、あの時はどうかしてたんだ…」

吉岡ゆりちゃん(大分県・6歳)「しまじろうこんにちは。わたしはしまじろうのおかげでおべんきょうがすきになりました。ありがとう。」





しまじろう「ゆりちゃんありがとう!お礼を言うのは僕の方だよ、これからも一生懸命お勉強頑張るんだよ!」





栗本直樹くん(石川県・5歳)「しまじろうこんにちは。ぼくはしまじろうのこどもちゃれんじがだいすきです。ちゃれんじ、がんばりまくりんぐです!!」





しまじろう「ははっ、スベってるよww」





高山良くん(岡山県・7歳)「しまじろうこんにちは。ぼくのおかあさんはちょっとまえにりこんしました。おかあさんはこのまえあたらしいおとうさんだよっていっておとこのひとをつれてきました。おかあさんはあたらしいおとうさんなんだからなかよくしなさいっていうけど、ぼくはまえのほんとうのおとうさんにあいたいです。またもういちどぼくとゲキレンジャーごっこをしてあそんでほしいです。またやさしくだきしめてほしいです。しまじろう、どうしたらほんとうのおとうさんにあえますか?」





しまじろう「えっ?ごめん、iPod聴いてたよ。」





吉岡聡くん(新潟県・4歳)「しまじろうこんにちは。おかあさんがしまじろうはとてもいいひとだからちゃんとおべんきょうしようねといわれました。うちのおかあさんはしまじろうがすきなのかなあ。」





しまじろう「君のお母さんと是非ともチャレンジしたいものだよ…」





小島なつきちゃん(埼玉県・6歳)「しまじろうこんにちは。わたしは…」




しまじろう「ひそかにヤクルトレディースを性的な目で見ているよ。」





飯島直樹くん(青森県・6歳)「しまじ…」





しまじろう「自民党のマニフェストに痴漢無罪化って載ろうもんなら即座に清き一票を投じる準備がこちらには出来ているよ。」





山本たけ…




しまじろう「履歴書の特技欄に『凄まじい性欲』って書いたら一発で落とされたよ。」





しまじろう「プリキュアの変身シーンだけを編集して5時間は楽しんでいるよ。」





しまじろう「『お母さん』?えっ、もしかして自動仕送り機のことかい?」





しまじろう「ねえ知ってる?いちごミルクとかに使われているあの赤い着色料は『コチニール色素』っていって昆虫から抽出されているんだよ。」




しまじろう「同じく抹茶系の食品に使われているあの緑色の着色料は蚕の糞から抽出しているらしいよ。」





しまじろう「きれいな女の人を見つけたら8時間はストーキングする自身があるんだ。」





しまじろう「えっ?『この前の金曜ロードショーの魔女の宅急便』だって?ははっ、3回抜いたよ。」





しまじろう「いずれソニーがバーチャルAVを開発するんじゃないかと思って惜しみなく投資しているよ。」





しまじろう「もうこの際浅香光代でもいいかなと思ってる自分がいるんだ。」





しまじろう「一人で屋形船貸しきって飲んでるよ。」





しまじろう「中学生の頃死ぬほど好きだった女の子に高額な絵画を買わされたことがあるんだ。」





しまじろう「正直ミミリンとかもう8回は抱いてるよねww」





しまじろう「ああ?、早く夕方になって女子中学生の集団下校時間にならないかな?。」





しまじろう「え?トラの子供?『設定上』はね。」





しまじろう「なんでだろう?好きな子に婚姻届を郵送したら家に警察が来たよ。」





しまじろう「僕がニャンちゅうのポジションにいたら間違いなくお姉さんに手を出して番組打ち切る自信があるんだ。」





しまじろう「さすがに女性専用車両に乗ったりはしないけど、まがまがしい程に血走った目で隣の車両から凝視しているよ。」





しまじろう「働かないんじゃないんだ、働けないんだ。」





しまじろう「いつかはこの『こどもチャレンジ』を巨大な宗教組織にしたいんだ。」





しまじろう「湯葉をアソコに巻き付けるとそれはそれは気持ちがいいんだよ。」





しまじろう「おいトリッピー!タバコ買って来いよ。」





しまじろう「おい…。しまじろう、『さん』だろ?」







しまじろう「というわけで今回もみんなのお便りをちゃんと読んでしっかりとお返事したからね!え?いやいやちゃんと読んだよ、ははっ何言ってんのwwやだなあもう…。1日800通ぐらい見てるよ、ほんとだよ?すごく見たよ!老人が公園で珍しい柄のハトを見るまさにその目つきで精読したと言っても過言じゃないよ!それじゃあみんな、また次回に会おうねえ?、バイバ?イ!!」


AD「はいカットおお!」



しまじろう「クソガキどもが…」

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/157-a655802b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)