今日のわんこはエジプトのスフィンクス君5000歳、今日もピラミッドを守るスフィンクスなのでした 2008年10月24日 日記 トラックバック:0コメント:2

↑野です。
今更にもほどがあるんですが

今回は↑野氏の2008年の夏休みがどのようなものだったのか語りましょう。
いや語らねばならん時が来たようだ。

まず始めのほうは、なんかテストとテスト同士が日程かぶって大学側のミスのせいで僕だけ追試になって夏休み始まって一週間くらい後にまだテストが待ち構えるという最低なハプニングがありまして。

さらにサークルの皆さんがそんなんお構いなしに「試験お疲れ飲み会」なるものをやりだしてね。
もちろんわたくしは行けずにモンモン 最悪のすべり出しでしたね。

しかしその後はお笑いインカレ2008という学生お笑いの大会のためにサークルの代表の家に相方の子と三日か四日ぐらい泊まり込んでネタを作ろうと頑張っていましたね。

その時が一番青春真っ盛りやったような気もします。

ほんでそのクソ汚い家で、特にトイレが死ぬほど汚い家で、トイレだけなら風の谷のナウシカの腐海より危ない家で ネタ作ろうと頑張ってたんですが、発想の時点からつまずき、 気づけば代表のパソコンで相方の子とYouTubeで僕の大好きなスピッツや相方の好きな椎名林檎や漫才の動画なんかを見漁るしまつ。

当然ネタはできず。
楽しい日々だったがネタはできず。

結局僕がかつて慶應SFCの七夕祭でピンでやってお客さんをドン引きさしたネタをコントようにアレンジしてインカレの舞台でやりました。

まあその後は基本バイトと他大学のライブ見に行ったりでたいしたこともせず、サークルの合宿にはバイトで行けず、一番の青春どこを逃したと。

そして夏休みなのに兵庫県に帰郷することもなく、地元の友達とも会えず、何してるんやらみたいなことになってました。

なんでなん!
なんでもっとこう、トーストくわえた女の子と街角でぶつかったり、自転車乗ってたらいきなり美少女に「急いでるの、後で連絡先教えるから自転車貸して!」と言われて恋に発展したり、家出少女が転がり込んできたり、急に街中で「君のことずーと気になってたけど声かけらんなかったんだぞ!もう、私と付き合うんだぞ、いいわね!」と無理矢理付き合わされたりしないのですか!

世の中間違ってる。
間違っているのは僕ではありません、ありませんとも絶対に。

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/13-58f37281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)