2009年第一回AVドラフトinTSUTAYA日吉中央通り店結果速報! 2009年01月21日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

はい皆さんこんばんは、↑野という名の一人の侍です。

TSUTAYAでAVの中古販売が盛んだったんです。
なおかつ安かったんですのよ奥さん。 

もちろん関東でも1・2を争うほどの性戦士である僕がこれに不参加を表明するわけもなく参加しました。

あれですからね。
AVを借りるのと買うのとでは雲泥の差がありますからね。

いいかいボク。
AVを買う(飼う)ということはね、新しい家族が増えるということなんだよ。 
ちゃんと毎日世話をしなくちゃいけないっていうことなんだよ。いやむしろこっちが世話になるんだよ。 

しかし現代社会では無責任な買い主が安易な気持ちで次々とAVを買い、飽きたら捨てるというひどい問題があるんだ。おまけに飽きたAVを他人に売り渡す人身売買までもが横行しているんだ。こんな社会だからこそAVを真剣に吟味して、本当に自分に必要かどうか何度も確認してから買わなくちゃいけない。 

もう一度言うよ、何度だって言うさ。
AVを買うというのは性命(生命)を預かるということなんだからね。軽い気持ちで買ったりしたらいけないよ。 

ということで、

TSUTAYAのAVコーナーに45分くらいいました。
そしてAVドラフトが遂に幕を開ける!

司会「さて始まりました第一回AVドラフト2009!」

実況「おおっと、AVドラフトが開催されたようです。果たしてどの選手がどこのオーナーの元へと所属することになるのでしょうか?ああっと!早速各オーナーが目を光らせて吟味しています!」

僕「(予算はそんなにない…指名できるのはせいぜい2本だ…くそっ!有能な選手が多過ぎる!なんて量だ。落ちつけ。先手必勝だ!あの技を使うしかない!!)…いくぞ!必殺『UENOの性なる眼』発動!!」 

実況「で、で、で、出たー!!『UENOの性なる眼』!かつて、片っ端から中古販売AVを吟味し過ぎて時間を忘れ、バイトに遅れそうになったという、あの『UENOの性なる眼』!!まさかこんな序盤から使ってくるとは!↑野オーナー今回のドラフト、本気だ!!」

僕「……よし、見えた!!こいつだああぁぁ!!」
 
司会「それでは、ヌキヌキタイガース・↑野オーナー!指名、お願いします!!」 

僕「『制服美少女愛好家』!!」

観客(TSUTAYAの客)「おおーっ!!」 

実況「なんだって!!あの↑野オーナーが女子高生制服物をチョイスするなんて!?彼にそんな趣味があったとは…なんてことだ!明らかにライバルたちの裏をかいてきたぞ!!」

司会「↑野オーナー見事『制服美少女愛好家』獲得うー!!」 

僕「YES!!制服YES!!」

観客「(パチパチパチ…)」

実況「ま、まだだ、まだ終わっていない。続いて何を指名するというんだ…」

司会「それではヌキヌキタイガース・↑野オーナー、セカンドコールをお願いします!」 

観客「(シーン)」

僕「よし!君に決めた!『フェ○チオBEST』!!」

観客「わあああー!!」 

実況「出たー!!↑野オーナーの十八番中の十八番、フェ○チオ物!!ここに来てついに伝家の宝刀を抜いたということか?いやむしろ↑野オーナー自身の『伝家の宝刀』から『抜いた』のかー!?」

司会「実況の方、自重して下さい。」

実況「すいません。」 

司会「↑野オーナーこちらの選手も見事獲得ううー!!なんと早くも目標枠の二名獲得しましたー!」

観客「(パチパチパチ)」

(記者会見)
 
記者「↑野オーナー、今回のドラフトについては?」

僕「うんそうだね、今回はなかなかいい出来だったんじゃあないかな。先手を取ったのが功を奏して有能な選手を獲得できたと自負しているよ。」

記者「獲得された二名の選手については?」 

僕「まず『制服美少女愛好家』についてだけどね、彼にはかなりのポテンシャルを感じたよ。僕は個人的に中学も高校も男子校出身だったからね、こういった物は結構好きなんだよね。きっと取り返しのつかない青春の遺物なんだろうね。僕の読みだと彼はいろんなプレーを持っているから近い将来うちの団体のナイトゲームのレギュラーになれると思うよ。」

記者「なるほど、そのような背景があったわけですね。それでは『フェ○チオBEST』選手の方は?」 

僕「うちの団体がフェ○チオ系の選手に力を入れているのはみんな知っていると思う。やっぱり彼にはフェ○チオ一本でスペシャリストとして活躍してほしいね。いろんなプレーが出来るのはそれはそれで素晴らしいことだと思うが、一つのプレーに関しては誰にも負けないという専門家がうちの団体にも一人は欲しいところだよね。」 

記者「なるほど、ありがとうございました。それでは最後にファンの方たちに一言メッセージを!」 

僕「ファンのみなさん日頃の応援ありがとうございます!みなさんのおかげでうまくいきました。これだけは声を大にして言わせて下さい!わたしは……わたしは……」

記者「↑野オーナー…」
 

僕「わたしはこんなアホみたいなドラフト初めてですよ。」


ですよねー!

トラックバック URL
http://ueno3460.blog8.fc2.com/tb.php/100-8369cc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)