絶え間なく注ぐ愛の名を連帯保証人にして多額の永遠の融資を受けるGLAYメンバー 2015年03月15日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0


ゴールデンウィークは全日家族で家の近所の水たまりにバカンスに行く予定の皆さんこんにちは。
眠れる獅子に膝枕、↑野です。

個人的に最近ひとりで勝手にキレているのが『メイソンジャー』なるもの。

…あっ、ごめんなさい、皆さんのような、普段富山県の森に住んでる方々は「メイソンジャー」とか言われても、「あっ、ジュウレンジャーとかカクレンジャー的な新しい戦隊特撮作品かな?またセンチュリー21に毒される前の初々しい頃のケイン・コスギのワキ毛見られるのかしら?」としか思えないのでしょうが、メイソンジャーとは、アメリカで前から流行っていたビンのことらしい。

…うん、まあ、そうなるよね。
もう一回ゆっくり言うね、僕の唇の動き見ててね、せーのっ、「単なるビンなの」

これはもう正気の沙汰とは思えないわけじゃないですか?単なるちょっとした大きめのビンですよ?
それをなんか知らんけども有難がって、サラダを入れて振ったり、コーヒーとかの飲み物を入れて悦に入ってるんですって。

「ビン」て!!(裏声)

どうしたん自分?大丈夫か?いったん横になるか?お母さん厚手の毛布持ってきて!
つい最近までこの子、会社でけっこう大きなプロジェクト任されて見事に成功させてたのに、今やビンにコーヒー入れてんねんて!

しかも言わせてもらうと、昔からけっこういるからね!?調味料などの空きビンを洗って再利用する主婦とか!
っていうか一家に数個はあったでしょ空き瓶!それを今さら引っ張り出してきて「オシャレ」て、犯罪やぞコラ!
梅酒漬けてるあのでっかい容器も見ようによっては超でかメイソンジャーだろそんなもん。
ビンにサラダとドレッシング入れて蓋をして混ぜ合わせられるから便利♪とか、大きめのタッパーかジップロックでいいやんけ!

それを、なんと、「空きビンにコーヒーを入れて飲みながら歩くのがニューヨーカー風♪」って、…ぴぎゃあああああー!?
おっちゃんニューヨーカーってもっとカッコ良くてスマートな人たちだと思ってたわ!そんな、ビンにライフスタイル操作されてる集団ヒッピーみたいなことしてるとは思わなかったわ!パナウエーブ研究所か何かですか?

目を覚ませよジェイコブ!もう母さんは死んだんだ!ビンに無理やりサラダ詰め込んだり、コーヒーを入れて虚ろな眼差しで飲んで現実逃避したって、母さんはもう二度と戻っては来ないんだよ!あの最高のアップルパイも二度と焼いてはくれないんだよ!

…いや、俺だってわかってる、わかってるんだ、他人の勝手だってことも、流行とはいつの時も俗なものだとも。
でも今回の流行はさすがに見た瞬間に精神を崩壊させられそうになるぐらいショッキングだったものだから。
例えるなら、朝起きて外に出たら、みんなが全裸で自分の乳輪を指先で時計回りにゆっくりと撫で回して「ただいまクリーンエネルギー発電中♪」って言いながら街中を集団で歩行しているのを見たぐらいだからね!いやほんとに俺にはそのぐらいに思えてる。

こんなことでいいはずがない。

そう、我々はもっと自由に、そして周りに流されずに各々自分にとっての価値を創り出しそれを楽しめるはずなんだ。
周りが空きビンにサラダ詰め込み出したからって自分もする必要はないんだよ。

流行とは取るに足りないものであり、国家や企業や周囲の思惑という名の、そう、それはある種の「ビン」なんだ。
そんなビンの中に囚われて、いつまでも閉じ込められていてはいけないんだ。

今こそみんなが社会のメイソンジャーを内から割って外へと飛び出し、自分の心のメイソンジャーすらもぶち壊すのだ!
その時に初めて自分の内から湧き起こるメイソンジャーを創ることができ、そのメイソンジャーを他者とも分かち合えるんだ。
そこから社会という名のメイソンジャーは豊かな共生の場となり、我々の内なるメイソンジャーが混ぜ合わされる上位のメイソ



メイソンジャーメイソンジャーうるせえな!!!