歌丸「山田くーん、小遊三さんを死に直面させることによって真に大切なものに気づかせちゃいなさい」 2013年03月26日 日記 トラックバック:0コメント:0

カナブンを追いかけて新宿から岡山県まで行ってしまったみなさんこんばんは。
冷凍餃子が自然解凍するまでの間に30人の女を抱く↑野です。

極めて私的なことで申し訳ないのだが、僕の住んでるアパートの10m横のスーパーが4月20日で潰れてしまうという通知が来た。
僕は愕然としてその通知を見ていた、通知を持つ手は、生まれたての子羊が電車の中でベリーダンスをするぐらい震えていた。

僕がこのアパートに引っ越して来てから6年以上、振り返るといつも店が笑ってくれた(feat,藤井フミヤ)
っていうかほんとに窓から見えるからね、そこからスーパーが開いてるかどうかも確認できたし、店員が表で自転車やカゴの整理してるのを、6人の養子が自分の豪邸の庭で無邪気に遊び回るのを眺めてる大富豪みたいな朗らかな眼差しで見守ってたから。

そして何より、そのスーパーはすぐに商品を半額にしてくれるわけです。
このブログの初期の方の記事でも書いたんですけど、基本僕とか「半額ハンター↑野」って呼ばれてましたから。
うん、いや、まあ、呼ばれてはね、直接呼ばれてはいないけれどね、その、雰囲気的なね、よばれては、うるさいっ!!

まあとにかく、そのような長年頻繁に通い詰め、家計の支えになってくれたこのスーパーが潰れるのは非常に残念だと。
うん、まあ、徒歩5分圏内にもう二件スーパーあるからそこまでキツくないし、むしろ週に一、二回自転車で片道20分かけてここら一帯で一番安いスーパーに買い物に行くようになったんで、別にそこまでダメージないんだけど。

でもほら、思い出が詰まってるやん?
大学入ったばかりで右も左も分からず、授業が始まるまでの間友達ができなくて、38℃ぐらいのぬるま湯のお風呂の中で膝を抱えながら一人で泣きそうになってた、新入生だったあの頃も、お笑いの舞台で思いっきり滑ってしまって、38℃ぐらいのぬるま湯のお風呂の中で膝を抱えながら一人で泣きそうになってたあの頃も、自分で髪の毛を切ったらメスゴリラみたいな髪型になって、その髪型で大学もバイトも行かなくちゃいけないセルフ拷問を数カ月続けることになって、38℃ぐらいのぬるま湯のお風呂の中で膝を抱えながら一人で泣きそうになってたあの頃も。

そうやって、つんく♂がシングルベッドで夢と女を抱いている時に一方で、半人分ぐらいしかない昭和の風呂で女を抱かずに自分の膝を抱いて38℃のぬるま湯に浸かって泣きそうになっていた時であっても…

あのスーパーだけはいつも側にいてくれた。
あのスーパーだけは僕を裏切らなかった。

青山テルマより側にいてくれた。
「38℃ボーイ、私はここにいるよ、どこにも行かずに営業しているよ、だからこそ不動産なんだよ」って言ってくれた。

それなのに…

…え?なんだって?「気持ちは分かるけど」?「元気出しなよ」?「ビルの屋上で乳首イジらせて」?
やめてくれよ!そんな半端で安いセリフも、同情の言葉も、かけるんじゃねえよ!

お前らに何が分かる!?ああ?
38℃ぐらいのぬるま湯のお風呂の中で膝を抱えながら一人で泣きそうになったこともないくせによぉ!

しゃらくせえ!!
10メートル隣のスーパーが潰れる経験をしたこともないくせに、俺の気持ちがお前たちに分かんのかよ!
安全な所から見降ろす形で言いやがってよぉ!お前らなんて蚊帳の外ならぬ38℃の湯船の外なんだよ!

いつからそんな薄っぺらい生き方をするようになったんだお前らという人間は!
真に他人の立場に立って物事を考え共感することもせず、だからといって、割り切って自己に充足することもせずに生きて。

そんな…


そんなぬるま湯に浸かったような人生、送ってんじゃねえよ!!!(オチも半額なんだね☆)

趣味はリアス式海岸ですね 2013年03月23日 妄想 トラックバック:0コメント:0


女「わたしと肩関節の柔軟性及び安定性、どっちが大事なのよ!」


男「そりゃ肩関節の柔軟性及び安定性だよ。何故なら、肩関節の柔軟性と肩関節を構成する筋肉の退化によって、様々な怪我や慢性的な痛みの症状が発生するからなんだ。肩関節の柔軟性が欠如することで、四十肩・五十肩のように関節の可動域が制限され、痛みが出る症状が起こるだけでなく、テニス・水泳・ウエイトトレーニングなどの運動の最中に肩関節と周辺組織が衝突して炎症を起こすインピジメント症候群などの原因にもなるんだ。特にウエイトトレーニングをしている人なんかは、肩関節内のローテーターカフ筋群と呼ばれる棘上筋・棘下筋・肩甲下筋を強化することで、ベンチプレスやショルダープレスなどの、肩関節に負担が掛かる種目での安全性と使用重量が向上するという利点もあるんだ。これらの理由により、肩関節の柔軟性と安定性はすごく大切なんだよ」


女「うん、それなら仕方ないわね」


森山良子「ざわざわざわざわうるせえな!!」 2013年03月17日 純ネタ トラックバック:0コメント:0

【なんかちょっと残念感のある逸話】

(10年前)

ブックオフ社長「くそっ!全然収益が上がらない、このままじゃ我が社は倒産だ!新しい事業を始める資金さえ手に入れば!」

投資家「お困りですかな?」

ブックオフ社長「どなたですかあなたは?」

投資家「私は通りすがりの投資家でしてね、話は聞かせてもらいました。あなたの会社に必要な分だけ投資しましょう」

ブックオフ社長「な、なんですって!?いや、とても有難いのですが、なぜそんな大金を急に我が社に…?」

投資家「ふふ、なぁに。『恩を売るならブックオフ♪』ってね…」

母子手帳の角をピックがわりにギターを弾き語りながら認知を求め迫ってくる元カノ 2013年03月05日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

いやだから「お通し」ってなんだよ!!

居酒屋とかでさ、いきなり突然に注文もしてない小料理、いや、料理なんてとても呼べないような素材感丸出しなもん出して来てさ、こっちが「あらら?サービスかしら?あらいいですね~」なんて思ってたら、レシートにしっかりと計上されててな!「俺の生きた証、ここに残すぜ!」とでも言わんばかりにな!ただのテロじゃねえかこんなもん!?

ええ!?なにこれ!?前回語ったシーザーサラダより余程すごいのが出てきた!!勝手に出して来て勝手に料金を巻き上げて行く!そう、まさに奴は荒れ狂う雄牛!奴が通り過ぎた後には形あるもの何一つとして残りはしない!みな一様に350円が取られていく!なにこのクソシステム?遊戯王カードで言ったら大会では使用禁止級じゃねえか!

しかし、こんな暴虐許すわけにはいかない!なにが「お通し」だぁ?そんな非常識がまかり通ってるのは貴様らの業界だけだ!周りを見通してみろ?全然通ってねえよ!ド田舎の交通道路かと思ったわ!なぜ居酒屋だけにこれが許されるものか!注文してないのに来るってどういうことだ!?貞子かお前は!!


そんなの俺がこの命に代えても絶対に通らせねえ!
いいかよく聞けお通しよ!どうしてもここを通りたいのなら、俺を倒してから通りな!!!

小麦粉に塩と水を混ぜて練ったもので代用可能な人生 2013年03月03日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

居酒屋のシーザーサラダってあれなんなの!?

なにあれ!?いや、サラダを注文するのはいいよ?健康にいいし、すっきりするし、でもさぁ!なにあの居酒屋でコース料理の最初に出てくるシーザーサラダって!レタスじゃん!ほとんどレタスだけじゃん!じゃあ、どんだけレタスたくさんあるのかな~、楽しみだなぁ~!、と思って見てみたらさ、ほんのちょっと!ほんのちょっとなのよ奥さん!笑っちゃう!ちょっとだけレタス切ったのばら撒いてるだけ!小学校低学年生たちが図工の授業した後の机の上かと思った!注文してくれた奴ごめんな!お前が思ってたサラダは出て来ないんだ!目を覚ませよマサトシ!シャッキシャキでボリューミーでバラエティー豊かなメニュー写真の中のあいつは、もうこの世にはいないんだよ!!もうあの頃の仲良し三人組には戻れねえんだよ!!

しかもなにあの申し訳なさげに振り撒いたクルトンは!?違う違う違う!間違えてる間違えてる!クルトンはほら、パンだから!パン干してカラッカラにしたやつだから!お前が思ってるよりクルトンフレッシュじゃないからね!老いてるから!朝3時に起きて2時間ぐらい自然公園の中散歩してる埼玉県のお爺さんみたいなもんだから!え?なに!?「適当にクルトン振り撒いときゃシャレオツに見えて女子も喜ぶだろ」ってかぁ!?喜ばねえよ!こんなの喜ぶのニワトリぐらいだわ!クルトンで人の心が買えるとでも思ってんのかこの外道が!クルトン敷き詰めた床の上にジョッキ5杯持って正座しろオラ!

しかもさぁ、こんな、言っちゃあ悪いけど粗末なもんがさぁ、一人当たり分500円ぐらい取ってたりするんだよね!もはや犯罪じゃないか!はい見つけました!お巡りさん、この人です!この人がちょっとレタス切っただけのやつを500円で売りつけてきました!もう逃げられねえぞおい!レタスちょっと切ったやつ適当に置いて、クルトン散らして、あの白いドレッシングを死んだ眼差しでチョロっとかけて、それで500円って、…お、おまえそれ、人間性に対する裏切りやないか!国連に言うからな!

なあなあ、ほら、俺の眼見て?ほらめっちゃ真剣な眼してるやろ?「目」じゃなくて「眼」だからな?どうしてくれんのこれ?怒らないから正直に言ってみ?レタスちょっと切って騙せたらいいな、とか思ってたんだろ?……いやほら泣かなくていい、泣かなくていいから。俺が悪いみたいになってんじゃん、え、なにこの空気?ちょ、いったん外でようか?

ごめんな、なんか、俺もちょっと言い過ぎたみたいなとこあるかもしれんわ。でもほらおまえ、泣いたら済む問題じゃないからな?これでシーザーサラダ事件が終わったわけじゃないんだからな?その辺はしっかりな?こういうの風化させるのが一番怖いから。

いや~、しかしまだまだ外は寒いね。ごめんねなんかこんな寒いのに店から出しちゃう形になって。どこかじっくりと寒さから避難できる場所とかあればいいんだけどね~、うん、まあ、俺もこの街あんま詳しくないしなぁ~。

…うん、じゃあとりあえずラブホ行こっか?

いや、そういうんじゃないよ!笑っちゃう、笑っちゃうわ!いや違う違う。ほら寒いしさ、カラオケとかだとほら、なんか歌わなくちゃ損みたいになるしさ、落ち付けないと思うんだよね、休みたいだけだしさ。…なんかごめんな?こういう形になって?でも全然そういうのじゃないから、俺もそこはさすがに弁えてるからさ。祖父母に育てられたのかって思うぐらい温厚で健全だからさ。

(ラブホテルに辿り着いた二人)

…うわぁ~、ここのホテルはこうなってんだ。
あ、ここのホテルはこういうタイプのホテルでは珍しくルームサービスやってるらしいよ。


じゃ、どうする?シーザーサラダでも頼もっか?

                            ※↑野先生の次回作「居酒屋のお通しにもの申す!」にご期待下さい