僕の大好きなクラリネットを生贄にオベリスクの巨神兵を召喚! 2011年09月29日 日記 トラックバック:0コメント:0

そう言えば数日前に、久しぶりにかつて所属していたお笑いサークルの部室にOBとして行った。
初対面の後輩たちがたくさん入ってくれていて、慣れないOBの僕らに対して笑顔で寛容に接してくれた。

良い子たちだなと思っていたものの、ただ一人、つのだ☆ひろだけは僕らに挨拶もしなかったし、先輩がしゃべっている時に完全自殺マニュアルを読んでたし、皆で談笑している時に空気を読まずいきなりメリー・ジェーンを歌い出したりして腹が立った。

これもOBとしての教育の一環と思った僕はつのだ☆ひろに「先輩が喋ってる時ぐらいそういうのやめたらどうなの」と言ったら、つのだ☆ひろはめんどくさそうに舌打ちをして部室を出ようとしたので、僕の怒りは頂点に達し、つのだ☆ひろに掴みかかった。

他の後輩たちはその場面に騒然となり、殴りかからんとする僕を必死で止めていた。
泣き出す数人の女子部員たち。
部室は険悪な雰囲気に満たされたが、ここは僕がOBらしく寛容に折れたことでどうにかその場は治まった。

その日の帰り道で3点気づいたことがある。

まず、うちの部室につのだ☆ひろは完全にいなかったこと。

そして、つのだ☆ひろってこの先どんなシリアスな場面に直面しても芸名がつのだ☆ひろだから滑稽な感じになるなということ。

最後に、この記事を書いたのは完全に「OB」という単語と「つのだ☆ひろ」という単語を書きたいだけだったなということ。

秋の特別番組:感動再会”逢いたい” 2011年09月27日 純ネタ トラックバック:0コメント:0

徳満「幼いころに両親が離婚して以来、ずっとお父さんに会いたいと思ってたんだよね?」

男性「そうなんです…。会って一言、遠くから自分を見守ってくれたお礼が言いたいんです…(グスッ)」

徳満「山本さん、ご安心ください。我々スタッフが総力を尽くして山本さんが幼い頃に別れたお父さんを見つけ出しました!」

男性「ほ、ほんとですか!?」

徳満「今、お父さんはあの幕の後ろにいらっしゃいます。会いたいですか?」

男性「もちろんです、うう…」

徳満「分かりました。それでは、オープンザカーテン!!」

続きを読む

小さい秋見つけた瞬間全力で握りつぶす 2011年09月21日 日記 トラックバック:0コメント:0

日本に暮らしているとどうしても「お客様は神様」主義的な、過度の儀礼的文句ばかり聞いてしまうし、それをある程度当然のことと疑問も持たずにいてしまいますが、やはり異文化に身を置くとは面白いもので、日本にいながらでも海外のサイトや企業なんかを利用するとその企業の言動の違いに驚かされる。

つい先日海外の企業から個人輸入をしたのですが、これがもう相手の企業の馴れ馴れしさが神がかっていた。

続きを読む

ぶらり一人旅:多摩モノレール制覇編 中編 2011年09月19日 企画 トラックバック:0コメント:0

(前回のあらすじ)

多摩モノレールという立川-多摩間を縦断できるモノレールの存在を知り失禁した↑野氏。
「多摩モノレールぐらい一日で制覇できるっしょ!」と考えていた所に発覚した「1日で半分も行けなかった」という非情な現実。
長時間の野外歩行で痛む足腰、顔と腕だけが日焼けしてウルトラマンみたいな柄になった身体、遭難の危機。

多摩モノレール周辺を徘徊することで多摩に住む美女と知り合い、「多摩美女にも乗れーる」の希望に暗雲が立ち込める。
果たしてモノレールを制覇できるのか、女性にも乗れーるのか。


                                     ※(参考)多摩モノレール 公式ホームページ
続きを読む

空き巣に荒らされた徹子の部屋 2011年09月12日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0


新宿を歩く10代・20代の若者に聞いた!「今一番住みたい都道府県は?」








朝布団からなかなか出られない30代男性に聞いた!「好きな女性のタイプは?」








特に用も無いくせに毎日スタバに行く大学生に聞いた!「好きな巨乳のタイプは?」




弁当屋で働く人妻をそういう目で見てしまう40代会社員に聞いた!「好きな数学の問題は?」




続きを読む

ピサの斜塔って世界遺産だかなんだか知らないけど斜に構えてて調子乗ってるよね 2011年09月10日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

B'zのメンバーじゃないことで有名な僕ですが、僕がB'zのメンバーじゃないのは明らかに何かの手違いだと考えている。
常識的に考えれば、僕がB'zのメンバーであって然るべき事は明白であり、正直なところ怒りの念を禁じ得ない。

「親が勝手にB'zの事務所に応募書類送っちゃって…」(はにかんだ笑顔で)的な感じのエピソードで気付かないうちに勝手にB'zのメンバーになっていないのはおかしい、ちゃんちゃらおかしい、もう大爆笑必至ですわ。

僕抜きで「あの娘は太陽のKomachi」とかよく言えたもの。
僕抜きのウルトラソウルにも覇気が欠けていると言わざるを得ない。

だからといって今更僕が新メンバーとしてB'zに加わったら、それはそれでとても気まずい。
今まであの二人で20年以上もの間バンド生活をやって来たのだから、僕が入ったら絶対敬語使われるし、街中を歩いたら二人が並んで僕が後ろに付く感じになるし、僕だけメールの返事が来るのが72時間後とかになるし、三人でサイゼリヤに行ったら僕がしゃべってる時だけ二人はそれぞれテーブルに備え付けてある塩とかパルメザンチーズの入ったビンを見つめて適当に相槌を打つ始末。

そんなんならもういいっすわ!
なんすか、それじゃあなんか僕が無理やり二人の間に図々しく入ってく感じになってていやっすわ!

こっちだって音楽に情熱持って、日本の音楽業界盛り上げて行こうと思ってたらこれっすわ!J-POPの未来も真っ暗ですわ!
分かりましたよ、B'zなんてこっちから願い下げっすわ!

悩んでる事とかあったら遠慮せずに相談してね、友達でしょ? 数十億もらうけど 2011年09月07日 日記 トラックバック:0コメント:0

たまには真面目に昔の話をしたいと思う。
といっても、正確には僕自身の話ではないが。

続きを読む

あいさつするたび北斗神拳伝承者増えるね 2011年09月05日 妄想 トラックバック:0コメント:0

あれらしいじゃないですか、なんでも哲学の世界にはデカルトとかいう人がいて、物凄い自慢気な表情で「一切を疑うべし!」とか言っちゃって、この世の全てのものは虚偽で存在しないかもしれないとかエスプレッソ片手に語っちゃって、目に見えているものも、触っているものも、全ては錯覚であり幻である可能性も捨てきれないっしょ!とか言い放っていたらしいじゃないですか?

しゃらくせえ!
何がデカルトだよ、何が「我思う、故に我あり」だよ!おめえなんてデカルトじゃなくてオカルトだよ!

そう思って激怒した僕は、一休さんも真っ青な顔でAVに出演するぐらいのトンチを思いつき、デカルトの部屋へと直行しました。

続きを読む