ぶらり一人旅:多摩モノレール制覇編 前編 2011年08月31日 企画 トラックバック:0コメント:0

何度も世間で報道されているように多摩が好きなことで有名な僕ですが、そんなタマニアの僕は先日「多摩モノレール」というモノレールの存在を偶然知って失禁しました。

ただでさえ多摩が好きな上に、今までの人生で3回ぐらいも乗ったことのある大好きなモノレールまで合わさるなんて。
気づいた時には僕は、白目をむいて涎を垂らしながら多摩モノレールへと繋がる立川駅へと向かっていました。

続きを読む

TUBEが夏以外の季節に活動するという深刻な環境問題 2011年08月29日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

気に入らない奴に向かって「スミノフで炊いたご飯食べろ」が口癖の僕なのですが、良く考えたらご飯は何で炊いたらアリで何で炊いたら完全にナシなのか、判断しかねるところがあるよね。

続きを読む

Always三丁目のメスゴリラ 2011年08月27日 日記 トラックバック:0コメント:0

2011_0827_020050-CIMG1221.jpg

夏なのでスイカ割りをしました。

逆にスティーブ・ジョブズを指でタッチして操作することもできる 2011年08月25日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

ありがちな浅薄かつ無益な自慢などではなく、僕はここ2年ほどテレビをほとんど見ていない上、新聞も読まないので、今日本で、いや世界で何が起こっているのかが全く分からない。

何が数年前と変わったのか、人々は何を追い求めるようになったのか、っていうか日本はまだあるのか?
「日本はまだありますよ~♪」という顔でサッカーイタリア代表並みの壮絶なフェイントを仕掛けて、実は皆で僕を騙して裏で嘲笑しているのではないか?日本は「ポメラニアン・スキスキ共和国」とかいう国になっているのではないのか?

外では毎日相も変わらず皆さん真顔で生活していらっしゃるので分からない。
だから勝手に推測させていただく事をお許し願いたい。

続きを読む

スティーヴィー・ワンダーとタモリに両脇を挟まれたらいつの間にか自分もサングラスをかけている 2011年08月23日 日記 トラックバック:0コメント:0

個人的にものすごく悩んでいる重大な問題がある。
それは薄着の季節に伴い毎年僕を悩ましめる「シャツに乳首映り」である。
毎年の問題ながら、これには誠に辟易させられるというもの。

服を着ないわけにはもちろんいかない、しかしだからといって二枚も三枚も服を着られるような気温ではない。
かくして、公衆の面前で一人エレクトリカル乳首パレードな毎日は続く。

続きを読む

2016年から六本木は√36本木と地名が変わります 2011年08月21日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

センター試験の科目は余りにも非実用的な科目が多いから、新たな科目を導入すべき。
もちろん加えるだけだと科目が多くなりすぎるので、既存の科目と交換する。

まず、他人とのコミュニケーションは大切だから「作り笑い」という面接試験を導入する。
将来、彼らには全然面白くない他人の話を聞いて無理やり笑わなければならないという難儀な機会がたくさんあるため、この試験で受験生が早くからこの能力を向上させるのには大いに意義があると認めざるを得ない。

もう一つ、コミュニケーションを円滑に進めるために役立つ可能性のある「ボケ・ツッコミ」も面接試験として課す。

受験生が面接室にガチャッと扉を開けて入ったら三人いる試験官全員が全裸で座っている。
ここでのファーストツッコミが素早く出来なかった受験生は残念ながら東大・京大は厳しい。
さらに面接官は所定時間30分の間に次から次へとボケてくるのでツッコミ続けなければならない上、生徒側も積極的にボケていって試験官の爆笑を多数獲得し、スベりは最小回数に留めなければならない。

的確かつ面白くツッコミ、試験官を大爆笑させる、これが高得点の必須条件だ。

そして数年前からセンター試験ではリスニングが導入されたが、しかし学生の英語の聞き取り能力が上がっているかは疑問が残る。
そしてそれとは直接は関係ないが、昨今の中高生たちは性に関する正しい知識と倫理観が欠如していると言われることもある。

そこでこの「外国人が普段使っている本当の英語のリスニング能力向上」と「大学に入ってから特に責任が発生する性に関する正しい知識の獲得」の二つの能力を試すために「洋モノAVの視聴試験」が導入される。
数学の試験が終わった辺りで試験室の前に巨大なスクリーンが降りて来て、それに映す形で上演する。
これにより教科書的で役に立たない英語ではなく、真に役立つ生の英語を学ぶと同時に、性の知識も増える。

以上のような科目を新たにセンター試験で学生に課することにより、将来社会では、「普段ずっとにやにやしていて、無駄に勢い良くボケたりツッコんだりしてきて、西洋ポルノビデオにやけに詳しい」人材がたくさん出て来て社会で活躍してくれる。


絶対イヤ!!

地雷が多数埋まる危険地帯を全裸で颯爽と駆け抜ける坂東英二 2011年08月19日 日記 トラックバック:0コメント:0

↑野です。

数年前にですね、舞台に出ている知り合いの方々が、皆さんやはりネタを書かなければいけないため、普段の生活の中で思いついたことを忘れず、そしていつか日の目を見る時まで保存しておくため、携帯電話のメモ帳に思いついたフレーズやワードを書き留めておく習慣を持っていらしたのです。

そしてその中の一人から「↑野さんも、ふと何か創作アイディアを思いついたら携帯のメモ帳にメモっておいた方がいいですよ」とのアドバイスをいただきました。

なるほど、それは便利だ。
そういった日々の些末な思いつきを重ねて、とてつもなく深く面白い何かを生み出せばいいのか。
そう思った僕はすぐに彼らの素晴らしい姿勢に感化され、自分も何かボーッとしている時にふと思いついた単語やフレーズを書き留めておくようにし、それからもう結構な時が流れました。

そしてこの前、さてどんなおもしろフレーズが詰まっているのかなと、久しぶりに携帯のメモ帳をワクワクしながら開いてみることにしたのです。

数年ですよ数年。
これだけの長い年月が経っているというのですから、さぞ面白発想の宝庫となっているに違いがありません。
言うなれば僕の携帯電話のメモ帳はもはや現代に残りし黄金郷なのです、国さえ動かしてもおかしくない。

そうして、はちきれんばかりの期待を胸に僕は携帯のボタンを押して画面を開きました。
するとそこに書いてあった言葉が…

続きを読む

国民的美ゾンビコンテスト 2011年08月17日 純ネタ トラックバック:0コメント:0

   海老蔵
      「出かけるのをやめなさい」

続きを読む

アンバランスなキスを交わして愛に近づくのに何時間かかるか求めなさい 2011年08月15日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

黄門様の命令の限界が知りたい。
こんなことを言うと、なんだこいつは、ジャスコの中で遭難すればいいのにとか皆さん思われるかもしれませんが、要は、どれぐらいの無茶な黄門様の命令に、助さん格さんは素直に応えてくれるのかを知りたいということ。

思えば、水戸黄門といえば毎回毎回最後には悪者たちが黄門様の正体を知らずに襲いかかろうとし、黄門様はとんでもないどや顔で「助さん、格さん、懲らしめておやりなさい!」とか言って、助さんと格さんの方も、多勢の悪党たちの前に少しは怖気を見せるのかと思いきや、まるでローションを塗りたくったバターナイフの如く、驚くほどすんなりと「合点承知!」と悪党どもを蹴散らす。

しかし冷静に考えればこれはかなりすごいことだ。
当然、悪党たちに殺されるかもしれない、しかし助さんも格さんも迷いのない顔で毎回戦いに身を投じるのだ。
これは黄門様との信頼関係が余程深く、黄門様を余程尊敬していなくてはこんなこと毛頭出来っこないのだ。

こんなことが毎回放送で繰り返されるのだからすごいことだ。
果たして彼らが黄門様の命令に首を横に振る時が訪れるのだろうか。

続きを読む

「なんだかなぁ」と言わないように初期設定出来るタイプの阿藤快 2011年08月13日 日記 トラックバック:0コメント:0

「誰も得しない」がこのブログのカテゴリーなのだから涼しい顔で自分語りをさせていただくと、なんといっても僕は「元西日本一先輩風を吹かさない人間」としてその名を馳せていたのであり、それは大学進学と共に上京して大学に入ってからも決して色褪せることなく、むしろ益々その先輩風吹かなさ加減は他を圧倒していた。

余りにも先輩風を吹かなさすぎて情熱大陸から取材が来るかと思ったけどギリギリ来なかったぐらい。

続きを読む

見つめ合うと素直に取り組みできないという理由から角界を引退 2011年08月11日 日記 トラックバック:0コメント:0

こんにちは、じめじめとした日々が続いていますね、↑野です。

実はですね、驚かないでください、なんとこの度iPadを買ったんです。
どうですかすごいでしょ?あのApple社の最新ハイテク機器ですよ。

続きを読む

お前ポテトチップス食べた手で核兵器のボタン押すなよ 2011年08月09日 日記 トラックバック:0コメント:0

通ってるジムはプリケツだらけ、もうやだ。
ジムに通っているということは、シャワーも完備されており、ということは当然裸の付き合いというものがどうしても発生する。

ここまでは別にいいよね、よくあることだし、何の問題も無いし。
しかし全員ハードに鍛えているせいか、全員プリケツ。
30、40越えたおっさんたちが揃いも揃ってプリケツ。
右を見ればプリケツ、左を見てもプリケツ、向かいのホーム、路地裏の窓、そんなとこにもプリケツ。

長年鍛え続けていて屈強な身体をした上級者トレーニーの先輩方がたくさんいて勉強になるなぁ、と呑気なことを考えていた僕が悪かったのかも知れない…、…?、いや悪くねえよ!びっくりした!いつの間にかプリケツに屈するところだった!
僕は悪くない、悪いのはプリケツ軍団、貴様らだ!

大体なんだい、あのプリプリとしたケツは!
ロッカーも狭いから混んでる時間帯なんてプリケツに囲まれるんだよ!
四方八方を成人男性のプリケツに囲まれて立ち往生するという稀な経験をするこっちの身にもなれってんだよ!
なんで見た目はそんなにゴツくて厳ついくせに尻だけはプリップリなんだよ!20代女子のお手本みたいな尻しやがって!

これじゃあなんか、鍛えるためというよりプリケツに囲まれ、プリケツと触れ合うために通ってるみたいになるじゃねーかよ!
俺の青春を返せよ!プリケツに囲まれることに貴重な青春を費やした俺に謝ってくれよ!
ダメ!そんなプリプリした尻で謝ってもダメ!絶対許さないんだからね!

…あらやだ、僕ったらこんな些細なことでプリプリプリプリ怒っちゃってごめんなさいね!
お詫びに僕のこのプリップリのプリケツを君たちに触らせてあげましょう!

一番混んでいる時間帯のサイゼリヤには彦麻呂が少なくとも8人はいるという 2011年08月07日 妄想 トラックバック:0コメント:0


電子マネーが普及しつつある昨今の日本社会ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

はっきり言わせていただきますと、僕は電子マネーの更なる普及には少しばかり抵抗感を感じてしまう。

何故なら、電子マネーが普及すれば、僕が今までの様に札束で人の頬を叩いたり、お札を燃やして暖をとったり、一万円札を浴槽に満たして札束入浴したり、札束を土台にして高い所にある物を取ったり、お札をわさび醤油でいただく事が出来なくなるからです。

続きを読む

我が社の顧客満足度に一片のクレームなし! 2011年08月05日 純ネタ トラックバック:0コメント:0

ジャ~パネットジャ~パネット~、夢のジャパネットたかた~♪

アナウンサー「はい、このようにですね、こちらの商品大変お安くなっております。そしてなんと今回ご購入いただいた方に…」

高田社長「おい、お前!」

アナウンサー「はい?」

高田社長「この商品の名を言ってみろ!!」

アナウンサー「え…、ダ、ダイソンの、掃除機でございます…」

高田社長「違う!『7年間お手入れ不要、安心の手厚い無償アフターサポート付き、ダイソン高機能サイクロン式掃除機』だ!!」

アナウンサー「ひいいいっ!す、すみません社長!!」

高田社長「死ぬがいいわっ!!!」

(バキッ!!!)

アナウンサー「ジャパネットッ!!!」ボグボグボグ…ビキイイィン、ブシュ、ブッシャアアアー!!!

視聴者「きゃあああ~!!!」


高田社長「我が社より優れた企業など存在しねえ!!!」

夜も遅いのに唐揚げたくさん食べちゃったんだなあ。だってお腹が減っていたんだもの みつを 2011年08月03日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

大変申し訳ございませんが、ハゲてる人が「後ろ髪を引かれる思いで」とか言っているのを聞いた時には、普段大乗仏教観音菩薩と名勝負を繰り広げるほどに笑わない僕でも「べぽらっぷ!」と小さな声を漏らして顔を隠しながら笑ってしまったというものです。

ハゲてる人は悪くない。
後ろ髪が無い人がいることを想定せずにこのような言い回しを作り、普及させてしまった昔の人が悪い。
もっと皆が当たり前のように持っている物だとか、身につけている物でこの言い回しを作るべきだったのだ。

ということで、今度から「後ろ髪を引かれる思いで」を「派手な紫色のウェストポーチを引っ張られる思いで」に変更しましょう。
これなら冒頭で言ったような不遇な状況が発生したりはしない。

…えっ、みんな毎日付けてるよね、派手な紫色のウェストポーチ?

愛媛県民が瀬戸内海に向かって手をかざすと海が真っ二つに割れ、それで毎日本州へと渡る 2011年08月01日 妄想 トラックバック:0コメント:0

メスゴリラのような髪型で今日も僕は生きているのだから、当然周りの反応もメスゴリラを観た時の反応なのです。
それもそのはず、何せメスゴリラのような髪型をした青年が歩いているのだから。

続きを読む