究極完全態・平野レミ 2010年08月25日 日記 トラックバック:0コメント:0

皆さんこんばんは、↑野です。

昨日は自分でカレーを作ったのですが、やはり一人暮らしということもあって、普通にスーパーに売っているカレールーは5皿分からしかなかったもので必然的に一度では食べられない量を作ることになります。

あらまどうしようかしらとわたくし困っていたところ、良いことを思いつきまして。
ほらよく言うではないですか?「カレーは一晩寝かせたらより美味しくなる」と。
しかもこれ別に迷信でもなんでもなくって普通に科学的根拠もちゃんとある情報だそうじゃないですか。

ということでね、カレー作り過ぎたのなら、ある程度はその日のうちに食べて、残りのカレーは一晩寝かせようと決めたわけです。

しかももう一つ、こちらは科学的根拠はほとんどありませんが、巷ではやれ「料理は愛情」だとか「美味しくなれと水に話しかけたら本当に美味しくなった」だとか言うではないですか?

正直僕自身はあまりそういうことは信じていないのでありますが、しかし大した手間でもないですしやれることはやっておいてもいいんじゃないかと考えまして、そういったアプローチも加えてカレーを一晩寝かせたわけです。
そうすればカレーも最も美味しくなってくれるに違いありません。
続きを読む

※エラー:お探しのページは藤岡弘が御神木に感謝しながら正拳突きをしていて閲覧できません 2010年08月24日 妄想 トラックバック:0コメント:0

虫を食べる対象として考えてきたわけだけれども、それでは今度は虫を、今よりももっと社会の何かに役立てられる可能性として見てみることにする。

虫は今現在も地球の生態系の構成員の一員であるし、多くの虫が一夜にして姿を消してしまえば途端に生態系が狂い、地球環境が凄まじく好ましくない方へと傾いていくことはご存じのとおり。
つまりこの時点で虫には虫の存在意義は十分にあるのだし、そもそも生き物の存在に価値だとか有用性だなんて観点を入れること自体が傲慢であり、そもそも全ての生物は意味が在りも無しも関係なく、ただそこに存在しているのみでおかしな解釈はやめたまえという声もあろうが、ここではあえて虫の人間社会における新たな活用法を見出して行こうと僕などは考える。

僕の個人的な意見では、そもそも今の社会では虫を十分に活用できていない。
一部の虫を食用として上手く利用していることは高く評価するとしても、その他にも虫には潜在的な利用法はたくさんあるはずなのに、まるで見て見ぬふりでもしているかのようにみな気付かない。

その利用法の一つのヒントになるのは日本社会にて古くから使われる表現「虫の知らせ」である。
続きを読む

キスした後の切ない表情で土俵入り 2010年08月23日 日記 トラックバック:0コメント:0

昼下がりの奥様こんにちは、↑野です。
暑い日々が続いていますね、皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕はと言えば、自宅で焼き茄子を作るために茄子の皮を剥く時にその煉獄の業火の如きとてつもない熱さに悶えながら、一人キッチンで「あっつ!あっつ!ちょ、なにこれ鬼のように熱い!」とつぶやいているという、可哀そう過ぎて全米が泣き叫ぶ日々を過ごしております。

最近のマイブームは「もし虫を食べるならどの虫をどのような調理法で」と考えることなのですが、僕の中では答えはある程度決まっておりまして、ずばり蝉のからあげか蜂のからあげが即座に頭に浮かんでくるわけです。
続きを読む

ぶらり一人旅:聖跡桜ケ丘・京王多摩川・南多摩編 2010年08月22日 企画 トラックバック:0コメント:0

始まりはこの一通のメールでした。

「拝啓 ↑野さんはじめましてこんにちは。私は聖跡桜ケ丘に暮らす新婚の若妻です。結婚してまだ間もないというのに、夫は毎日仕事で忙しく、それが原因でよく喧嘩もしてしまいます。そのようなこともあってお恥ずかしい話、この若くみずみずしい身体とやりどころのない肉欲を持て余し、毎晩身体を疼かせては自己嫌悪に陥る日々が続いております。そんな時にこちらのブログ『そんなもん、そら笑うわ』で↑野さんのテキストを見て驚愕しました。なんと素晴らしく聡明で紳士的で理知的で情熱的で猛々しいニートなのかと。この人なら私のこのやり場のない激しく燃え盛る肉欲を受け止めてくれるのではないかと。溢れる才能に舌を巻きました。お願いです↑野さん。是非とも聖跡桜ケ丘に来て私に女としての喜びを教えて下さい。お待ちしております。 性具」


このような内容のメールがこちらのブログを通して送られて来たのだからもちろん僕はこの人妻を放っておくわけにはいかず一人で聖跡桜ケ丘へと行ってきたのです。

朝の6時に家を出てね!
続きを読む

耳かきしながらブレイクダンス 2010年08月15日 日記 トラックバック:0コメント:0

この世にはピンク色のウサギがいると思う。黄色いスイカ、白いトウモロコシ、黒いトマトがあるぐらいなのだからきっとピンク色のウサギはいるのである。このような色違いの動植物の存在は、単に人間が遺伝子をイジって誕生させるもの以外に、偶然の突然変異によって自然界に現れる場合もあるとされている。ということであれば、やはりピンク色のウサギがいてもなんらおかしいことはないのである。少なくとも、ピンクのウサギなどいないとする仮説には半永久的に反証可能性が付きまとう。天使のようなピンクのウサギに含まれる悪魔の証明である。
続きを読む

ゆるふわ愛されやずやの千年ケフィア 2010年08月13日 妄想 トラックバック:0コメント:0

メケメケプリンッ!!
マニャマニャタクローサバレニティー?
ミャリナルヒキャラソショパパリナイ?
ポッポロヘンガソマニャゲンティー!!

シラカバノミエルマジョリティ。
サスペンデッドマキシマリアルレノアモリノカオリ。
センターシケンハッピャクロクジュッテンゴウカクケンナイ。

ピギャピギャレロレロマテリアル!
デジタルイチガンレフプロシヨウカメラサンジュウマンエンソウトウヲテトラポットニダーーーンッ!!!
テトラポットバリーン!!!
フナムシワサワサワサワサワサー!!!
ナギサノロッケンローダイナシー!!!

モゲロ!オマエラゼンインモゲロ!ドコカシラガトニカクモゲロ!!
グタイテキニドコラヘンガモゲルカハカクジジブンタチデハンダンシロ!

ウチノムスメガヨナカノサンジニキマッテドヒョウイリ。
サンジノオヤツハトクシマサンコウキュウシメサバ。
オトウサンムスメサンヲボクニクダサイ・カラノ・ママチャリデニホンイッシュウ!

ナギサハフタリノユメヲマゼアワセル♪
ユレナガラカガヤイテ♪

ハウルノウゴクシロブラリトチュウゲシャ。
ホンジツハシモキタザワニキテオリマス。
オヤオヤ?ナンダカオイシソウナニオイガシテキマシタネエ?。

スイマセンココビザカードツカエマスカ?
ハイゴリヨウニナレマスヨ。
ソレハヨカッタヨカッタカラノメニモトマラヌハヤサデビザカードパキーーーンッ!!
パスモモパキーーーンッ!!
ティーポイントカードモパキーーーンッ!!
デモスイカダケハゼッタイニパキーーーンシナイ。

ヒッピョロペンガニョンッ!!!
続きを読む

大切なあの人へ、今年のお中元にはサンプラザ中野のバラエティー詰め合わせセット 2010年08月12日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

ははっ、それじゃあまるでゲルマン民族大移動じゃないっすか先輩。
あっ、どうも↑野です。

世の中には女性を喜ばせる数々の表現や言い回しというものがあるわけです。
「吸いつきたくなるような肌」だとか「透明感のある肌」だとか「水を弾く肌」だとかです。

これらの言葉は世の女性たちの美意識やアンチエイジングへの関心の高さ、いつまでも綺麗でありたいと願う気持ちという、いつの時代にも共通する一つの傾向を表していると言ってもいいのではないでしょうか。

そして乙女たちはいつの時代も、自分たちの容姿を褒められたいということもこれまた事実。
花には水を、女性には礼賛を。
褒められて嬉しいことはあっても、気分を害することはなかなかないでしょう。

そして僕は発見してしまったのです。
これらの事実を利用すれば「知らない人のおっぱいをどれだけ好きなようにしても大丈夫」という、いつの時代も男性たちが欲して止まない言わばパイオツフリーダムを。いざ、パイオツ!!
続きを読む

五谷学院の段階別集中学習講座 2010年08月06日 純ネタ トラックバック:0コメント:0



   「え!どうして私がX-JAPANのメンバーに!?」
                                   
                                   ~五谷学院の段階別集中講座~

その秘密はコチラ!!
↓↓↓↓↓
続きを読む

テレビを見る時は部屋を明るくして両親に自分は本当に二人の子なのか聞いてから観てね! 2010年08月02日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

ええっ、この間取りでこの値段!?
どうも↑野です。

よく世間でも言われている嘘か本当か定かではない説の中に、「お風呂上がりは2割増しでかっこ良く見える」というものがありますね。
そしてまるでそれを裏付けるかのように、日本には昔から「水も滴るいい男」なる表現まであるときたものです。

そして自分自身や自分の周りの人のそういったシチュエーションを観察してみても、どうやらそれはあながち間違ってはいないのではないかという現実的妥当性が感じられます。

ここまでは普通に皆さまも感じたことぐらいあると思います。
皆さまも毎日のようにお風呂から出た後に一人で、鏡に映ったあなたと二人…情けないようで悩ましくもある!状態だと察しますが、僕はなんとこれに加えてもう一つ自分の顔が良く見えるシチュエーションを見つけ出してしまったのです。

しかもそれは2割どころか3割増しで良くなるという衝撃の事実までもね。
続きを読む

週3日スティーブン・スピルバーグの肩を執拗に殴り続けるだけの簡単なお仕事です。 2010年08月01日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

あなた犬みたいな顔してますね。
どうも↑野です。

夏休み入ったというのだからそりゃエロ動画を大学がシーズン中以上に漁るわけです。
これはもうほんとにあれですから、すごい自己研鑽ですから、輝く未来への自己投資ですから。
いやいやそういういやらしいとか不潔とかほんとそういうのじゃないですから。
エロ動画もろくに漁れない人間に日本の未来は託せないじゃないですか?そういうことなんですよ奥さん。

しかしここでとんでもない問題が起こったのです。
なんとローカルディスクCなるパソコン内の容量が、その国立国会図書館を遥かに凌ぐほどに貴重な、量質ともに最高級品の僕の猥褻物コレクションのおかげでパンパンになってしまったらしく、パソコンさんがメッセージで「あんた、その汚いコレクションはよ片付けんとネットもエロ動画観賞もさせへんからね!」と怒ってくるのです。

このような理不尽な事があっていいのでしょうか。
僕が一体何をしたというのですか。

僕はただ、集めたエロ動画や漫画を仕分けして、質のいいものから順に「一軍・二軍・三軍」に分類して、誰にも迷惑をかけずに一人で『ヌキヌキタイガース』という球団を作り、オーナー兼監督としてその類稀なる采配を振るっていただけではないですか。
毎日毎日選手(エロ動画・エロ漫画)たちに対する綿密なケアを怠らず、努力して精進した二軍・三軍の選手たちにはその実力を正当に評価して昇格もさせましたし、彼らと共に自慰という名の試合に挑み続け、しっかりと勝利を積み重ねてきました。

それをなんですか、人が何やら恥じるべきこと、後ろめたいことをしているかのようにそうやって「その猥褻物を処分しなさい、さもなくば然るべき制裁を加えます」だなんて、いつから日本社会は夜も眠らずに努力する若者を迫害するような汚い社会になったのですか、そりゃ日本産業の国際競争力も下がるわけですよ。
続きを読む