助けてライダー!とりあえず今から指定する口座に指定する料金を振り込んでから助けてー! 2010年06月28日 日記 トラックバック:0コメント:0

やあ、↑野だよ。

twitterを始めてみたわけですよ。
むしろtwitterが僕を欲しがっていたわけです、この淫乱つぶやき野郎が。

「だからみんなたかにゃんをいっぱいいっぱいフォローしてにゃん☆目指せフォロワー数1億2千万人!」とでも言うと思ったのかい、ええ!?ふざけるんじゃあないわよこの幼妻がっ!!

あのね、そんなただでさえつまらない人生しか送っていない僕からしたら「死にたいなう」ぐらいしかつぶやきたいことなんてないんですよ。
当り前でしょう、そんな人が見て役立つ情報だとか、見てる方まで幸せな気持ちになるような出来事報告なんて何一つありませんし、あるのなら自分の胸の中に一人そっと仕舞って遠い目でコーヒーをすするのではないのかと。

しかも僕はと言えば、アカウント取ってからずっといつオバマ大統領にフォローされるのかされるのかと待っているというのに一向にオバマ大統領からフォローが来ないんですけど、なんすかこれ僕オバマさんに嫌われてるんすか?一体誰のおかげで今日のアメリカ合衆国があると思っているんですか、僕のおかげでしょうよ!

え?じゃあ逆に聞きますけど、twitter上で僕の「お茶漬けサラサラなう!」とか見たいと思いますか?普通に嫌でしょ、なに人がお茶漬けサラサラかきこんでる姿想像して悦に浸ってるんですか何谷園の社員の方ですか。

それならば何か有益な考え・情報でも発信したいところでございますが、僕のようなカスみたいな頭から出てくる発想なんてせいぜい「かまぼこにポン酢を付けたらとってもおいしいよ☆」ぐらいしかないのです。

というわけでしてね、なかなか上手い使い方が分からんのですよ。
連絡取り合うならメールや電話の方が早いし、twitter独自の可能性と言えばまあ、何かについて少し議論できるかなぐらいのもんですけど、それもすでにブログなどが果たしてきた役割でもあります、あくまで簡易ブログの域を出ないのではないのかなと思うわけです。
著名人の方々の社会・経済の様々なことについての優れた論を見たいのなら書籍が最も充実していますし。

果たしてtwitterのみが持つ他のツールとの比較優位とは何ぞや。
続きを読む

3LDKバルコニー付き神話大系 2010年06月22日 純ネタ トラックバック:0コメント:0


「あっ、お母さん、どこに行っていたの?また例の『他人のpasmoをへし折って周る会』?それとも『家電屋さんでパソコンについて散々質問したあと結局何一つ買わずに店を出るサークル』?あ、もしかして『まだ全然ハゲてない人に将来ハゲると執拗に脅して不安にさせる自治体』かな?ぼくあれからすっごく頑張って今日学校でね…」

「そんなことよりリッツパーティーしない?」

「待ってました!!」
続きを読む

月刊少年↑野 6月号 2010年06月17日 漫画 トラックバック:0コメント:0

     続きを読む

くまのプーさん「そうやっていつも都合の悪い現実から目を背けて生きていくんだね」 2010年06月07日 日記 トラックバック:0コメント:0

   moblog_e06ca127.jpg

何ということでございましょうか…。

怒っていますよ。
いやもはや怒り狂っておりますよわたくしは。

というのも真面目すぎて日本が沈没しそうなぐらい真面目な僕ですから、本日も颯爽とチャリで自宅から5分もの長時間をかけて過酷にもほどがある通学を果たして大学へと赴くではありませんか。
目指すは図書館ということでね、図書館への最短コースへと廻りこもうとしたところこれですよ。

これはさすがにもう憤りの感情を禁じえないですよね。

ここで一般の方々ならば僕が怒っている理由を「子育て中のカラスが襲ってくるせいで遠回りをしなければならない」ことに対する怒りだと思うのでしょうか?

バカ野郎っ!!

はい今そう思ってた子そこに座り。
ほらほら先生絶対に怒らないから座りなさいその剣山の上に。

勘違いしないでよね。
あなたたちそれでも本当にもののけ姫世代ですか?

これは大自然の悲鳴ですよ。
我々人間の傲慢かつ搾取的自然環境破壊を続けた結果のカラスの悲鳴ですよ。

じゃあ逆にお聞きしますけども、ある日突然子育て中のあなたの自宅に勝手にサッカー日本代表が押し掛けて来てドリブルからのパス練習を始めたりしたらあなたたち一体どう思うんですか?

もしくは同じく子育てをしていたところにいきなり全裸でオイルまみれのケイン・コスギが片言で「オジャマシマス」って言いながら勝手に自宅のリビングに入って来て腕立て伏せをし始めたらあなたたち一体どういう気持ちになるのかと聞いているんです。

間違いなく日本代表の守備練習に自身もメンバーとして急遽参加するか、ケイン・コスギの乳首を懇切丁寧にもてあそびながら「出て行ってください!!」と抗議しますよね?

そしてもしも抗議してもサムライジャパンが聞く耳を持たずそのまま貪欲にゴールを狙い続けたとしたら?
抗議してもケイン・コスギが「ユアベスト・パートナー!」としか言わず、先ほどの腕立て伏せはウォーミングアップと言わんばかりに次回のサスケ出場の練習に取りかかったとしたらどうしますか?

当然あなたたちとて武力行使しかないでしょう。

ほら、こんなに分かりやすい理屈が他にありますか?
つまり僕が言いたいのは、僕はケイン・コスギみたいな身体になりたいということです。
続きを読む

全国の犬の鼻を濡らすベンチャー企業立ち上げました 2010年06月05日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

↑野ですこんばんは。

物凄いことになってしまいました。
なんと今世間で噂のipodを買うことになりました。

まあ、あんまりこういうこと言うと怒られそうですけどお前らみたいな愚民どもが一生働いても決して手に入れることの出来ないあの有名な最新のITツールipodを僕はいとも簡単に手に入れるということです。

ほら、やっぱり僕って言っても時代の最先端を行く世界のキーパーソンじゃないですか?
自然と手に入っちゃうんですよね、最新のITツールとかそういうのべつに求めてなくっても。

っていうかこれ今言っちゃって良いのかどうか分からないですけど、ipodとか僕が作りましたからね。
表面上ではアップル社が作ったことになってますけど、正直なところ僕が12年前から構想してたuepodのアイデア完全にパクられましたよね、まあいいですけど僕ほどのハイパーメディアクリエイターならあの程度の商品なんぼでもアイディア出せるんで。

というわけでipodに触れたことのない皆さまには申し訳がないのですが、僕はこのたび世界最新の人類の叡智ことipodを買って様々なオーディオを楽しむ事と相成りました。
続きを読む