ソフト・オン・デマンド経営大学院 2010年05月15日 日記 トラックバック:0コメント:0

↑野です。

「ストレス吉川のしかし生きている」の管理人にして元お笑いコンビの相方のストレス吉川くんが僕のようなゴミクズ野郎の要望に応えてかつて彼が経験した禁欲生活の経緯・効果・注意点などを執筆してくださいました。

まずはこのやりとりのいきさつから説明をさせていただきたいと思います。

そもそも僕は皆様のような幸せの絶頂にいる人間たちがゴールデンウィークという現代に残りし黄金郷を楽しみに楽しみ、遊園地やテーマパークに行って家族の絆や恋人との関係をより美しく確かなものにしていた時に家で一人で本を10冊ほど読むトライアルを勝手にしていたのです。

その時に休憩がてらにネットサーフィンという誰もが羨む貴族階級のスポーツに興じていましたところ、偶然「性的禁欲生活」の記事を拝見いたしまして、性的なこととなると一流の弁護士よりも巧みに情報を収集し分析する能力に長けており、AV制作会社からいくつものヘッドハンティングを受ける僕ですからすぐさま関連情報を集めてみました。

するとどうでしょうか。
様々な境遇にいる様々な人々から性的禁欲生活を行った成果として「良質な睡眠」「思考力の上昇」「対人能力の強化」「ポジティブシンキング(自尊心の増加)」そしてなんと「女性にモテるようになった」などの信じられないほどオカルティックな内容の効果が多数報告されているではございませんか。

とは言っても僕とてこの真偽不明確な様々の情報が入り乱れる現代社会に暮らしそこそこのメディアリテラシーを有する人間ですので、すぐにそれらの眉つば情報を信じ込み飛び付くようなことはしませんでした。

むしろ第一印象としては「禁欲してモテモテって、じゃあ一休さんどんだけモテんねんGackt何人分やねん」とか思いました。現に客観的な根拠は存在しないのも確かなようです。

しかし僕は少し考えてある結論に達しました。
思えば僕はそのゴールデンウィークの時まではエリート性欲パーソンとして自慰行為を繰り返して参りました。
平日は毎晩手に汗と性器を握り、休日などは一日朝昼夜三回の「↑野式年収100倍アップ自慰投資法」を実践してきました。そして驚くべきことにこの血の滲むような日々の努力は実に高校2年生以来ほとんど毎日途切れることなく実行されてきたということです。

そうした生活を送ってきた結果、皆様ご存知のように僕の人生は日本人1億2千万人中1億1999万9995位という、日本列島のGDPを大きく下げる人生となってしまいました。
正直これ以上落ちようのないほどに腐り堕ちた人生を歩んでいたわけです。

そのため、例えオカルティックであろうが禁欲生活の結果報告が嘘であろうがもはや僕には失うものなど何も無かったのです、失くすにしてもいいとこ日本国籍ぐらいのもんです。

となれば話は早いわけでして、僕は5月3日ぐらいから一切の性的行為及び自慰行為をやめたのです。
ここに↑野という一人の男の生涯をかけた挑戦が始まったのです。
続きを読む

ヤマザキ春のパン祭りにて死者数千人 2010年05月05日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

どうも↑野です。

実はかなり前から、正確にはもう小学生ぐらいの頃から悩んでいることがあります。
というのも僕は経験記憶とでも名付けましょうか、「いつどこで誰がどのようなことを言ったか」がもうほんとに病的なぐらい勝手に覚えていてしまうのですね。

念の為に確認しておくと、ここで言う記憶とは人の発言内容や行ったことの記憶に特化したものであります。
現に英単語を覚えるだとか数学の公式を覚えるという意味での記憶力は平均並みです。
せめてこれが学習における記憶作業においても発揮されればどんなによろしいかと唇を噛み締める毎日です。

まあ、とにかくいったん誰かとどこかで話したり、人が書いてあるのを見たら恐ろしいぐらい勝手に覚えていてしまうというこの自身の能力が誠に遺憾なのであります。
続きを読む