おばあちゃんのポタポタ焼きってもしかして下ネタですか? 2009年11月28日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:6

戸籍上は男性でありますが完璧にワキ毛を剃りに剃り尽くしております私↑野です。

いきなりのカミングアウトから始まった今回の記事でありますが。

ワキ毛を剃っているんですね。
剃っているんですねワキ毛を。
続きを読む

密着!6男12女20人大家族! の隣に住む山本さんの波乱万丈人生 2009年11月27日 日記 トラックバック:0コメント:0

ユニクロ、夜明けの行列 創業60周年、開店は朝6時(NIKKEI NETより)

「ユニクロ」約400店で朝6時から値引きセールを開催した。東京都中央区の銀座店には2000人以上、大阪市の梅田店は約650人が並び、「予想以上の盛況」(ユニクロ)だった。

1984年のユニクロ1号店のオープン時間を再現。当時と同じく、店の前に並んだ人には朝食としてアンパンと牛乳を限定で配った。銀座店に徹夜で並んだ男性会社員(19)は「お祭りのようで楽しかった。もらったアンパンは食べずに記念に持って帰る」と笑顔で話した。

続きを読む

新ことわざ:「ミラノ風ドリアに包まれて死ぬ」 2009年11月26日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0

↑野です。

自転車でこけた時のあの身を引き裂くかのような壮絶な痛みは一体なんなのでしょうか。
もちろんここで言う痛みとは「精神的」痛みであることは言うまでもないことでしょう。

確かに自転車で転べば体も相当に痛いです、下手したら腕の一本や二本折れます。
しかしそれを考慮しても余りあるほどの精神的な痛みがそこにはあると思うのです。

続きを読む

机上の空論vs砂上の楼閣 30分一本勝負 2009年11月25日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:2

↑野です。

僕は主婦かニートに向いていると思う。

ニートの才能については自他共に認めるところであります。
もし万が一日本政府がトチ狂って公認会計士的なノリで公認ニートなるニート国有化宣言でもしようものならば、恐らく僕が厳しい条件を突破して日本初の公認ニートとなるでしょう。

国民たちはモニターに映し出される夕方まですやすやと眠る僕の愛らしいスリーピング・フェイスを閲覧しては、まるでジブリ映画でも観た後の様にほっこりとした気持ちに浸り、また今日も元気に社会で働くのです。

やがて日本、いや世界初のプロのニートの誕生に世界中が注目し、その抜群の知名度を生かして僕は数々の本を執筆するかと思いきやただずっと家で寝てる。

それもそのはず、忘れてはならない。
ニートとはあくまで働かない存在だ。本でも執筆して印税収入を得てしまったら途端にそれはニートでなくなる。ただの時代の寵児なのである。

しかし常に公に保護され続けるプロのニートである僕に対して世間の女性たちがその母性・保育本能
を掻き立てられないはずもない。
世界中の美女たちが僕を養おうと次々とその豊満な肉体を引っ提げてやって来る。
そこでもちろん僕は世界中の美女たちに囲まれ歴史上にさえも例を見ない卓越したハーレムを築くのかと思いきやただパジャマ姿で松屋へ通う。

それもそのはず、忘れてはならない。
ニートとはあくまで消極的であるべきだ。少しでも野心の眼差しを垣間見せるならばそれをビジネスの場へ持って行けとのトレードオフがすぐさまに発生する。

しかもそのような一般人の美女たちに養われると果たしてどうなるであろうか。
そう、「プロ」のニートとはあくまで政府、ひいては社会全体の総意である公に保護される故に「プロ」のニートなのである。
それがそのような民間人の美女たちに保護されるとなると、途端にそれはプロからアマチュア(ただのニート)に成り下がることを意味するであろう。

僕ならこのようなニートとしての禁忌を犯すことなど絶対にあり得ない。
そして何も生産せず過度の自由に飲み込まれることもなくニート道を極める自信がある。
続きを読む

茶番6 2009年11月24日 純ネタ トラックバック:0コメント:4




続きを読む

この前サンタさんが図書館で自己啓発書読んでた 2009年11月22日 日記 トラックバック:0コメント:8

↑野でございます。

先日かなり久しぶりにカップ焼きそばなるものを食してみたわけです。
ちなみにペヤングです。

人生で初めてペヤングを賞味した僕の放つ言葉の語尾も「?だペヤング!」
となったわけですが、完食してからしばらく経つと当然のごとく憤りの感情が溢れてきました。

続きを読む

25世紀の日本国歌 2009年11月20日 純ネタ トラックバック:0コメント:6

「ドキッ!1192日本☆」  作詞・作曲 宮内庁

vocals&guitars:天皇陛下
bass guitars:皇后
drums:皇太子殿下
keyboards:皇太子妃
続きを読む

2009/11/17 産経ニュースより 2009年11月19日 日記 トラックバック:0コメント:4

痴漢容疑のNHK職員御用

通勤電車内で女性の下半身に触れたとして、警視庁渋谷署は17日、強制わいせつの現行犯で、NHK放送技術局制作技術センターのスタジオカメラマンを逮捕した。同署によると容疑者は「触ったのは間違いありません」と容疑を認めている。

続きを読む

ユニクロのヒートテックインナーが江頭2:50のコスプレ衣装も兼ねている件 2009年11月18日 日記 トラックバック:0コメント:10

けいざいがくぶ 3ねん 7くみ ↑の

げつようび、ぼくはしんやまでおきていました。
こーひーをのんだらめがさえてしまったからです。

もうどうせならひとばんてつやしてがっこうにいこうとおもいました。
げつようのよるにともだちから「あしたのおひるにあってしゃべったりまんがかいたりしようね」とさそわれていたからです。ぼくはそのときあしたぜったいがっこうにいこうとおもいました。

まんがいちねてしまってもおきれるようにけいたいでんわのあらーむを8じはんにせっとしてふとんのなかでほんをよんでいました。

きづいたらかようびのひるの3じでした。
くわしくいうと3じ45ふんだったのでもはやどっちかというと4じぐらいでした。

ものすごいはいとくかんでした。
ぼくはいそいでけいたいでんわをみました。

ちゃくしんりれきがありました。
ともだちからでした。

きんたまがきゅるっとなりました。
続きを読む

アンケート結果 2009年11月16日 企画 トラックバック:0コメント:0


以前取らせていただいたアンケートの結果とそれに対する僕のコメントです。
協力してくださった方々ありがとうございました。

続きを読む

今まで15人の女性と付き合ってきましたが全員ヤクルトレディースでした 2009年11月15日 妄想 トラックバック:0コメント:0

13日の金曜日だったものですからお家にジェイソンさんがやって来たわけです。
毎回毎回お風呂に入っている時に来るので正直こっちも「あ、来るな」とか思っちゃうわけです。
ぶっちゃけ階段を上がって来る足音とか余裕で聞こえてきてしまう。僕の部屋はアパートの5階なのでジェイソンさんの荒い息使いとかも聞こえてくるのです。

しかもあのマスクに申し訳なさげに付いてる数個の穴だけでは当然息苦しいことこの上ないようでありまして、「シュゴー、シュゴー、シュグ、ホゴオッ!」とか時々むせるわけです、心配になります。ちなみにジェイソンさん、13日の金曜日以外はあのマスクの小さい穴を利用してペヤングを作る時に湯切りとして使ってらしゃると言います。

続きを読む

茶番5 2009年11月14日 純ネタ トラックバック:0コメント:8






続きを読む

離婚原因1位:なんかもみあげの形がむかつく 2009年11月11日 日記 トラックバック:0コメント:4

今日電車で帰っている途中の目黒駅でサラリーマンの方々の帰宅ラッシュに遭遇したようで、人がどっと乗り込んできたのです。

いくらサラリーマンという存在を忌み嫌う僕であっても彼ら自身が嫌いなわけではありません。
むしろ彼らもこの歪んだ社会という名の牢獄に捕らえられた被害者であり慈しむべき人々なのです。

僕は端に身を縮めて菩薩の精神で彼らを迎え入れました。
もうここまできたら菩薩の精神とかではなくて菩薩が僕を見習うレベルです。

するとスーツに身を包んだ社会の歯車どもに紛れて私服姿の中学生ぐらいの女の子が乗り込んできたのです。
別に珍しいことでも何でもなく、気にすることなどないはずなのですが、一見して明らかに分かるほどその顔に厭世の表情を浮かべていました。もう明日にでもこの世との関係を絶ってしまわないかと心配してしまう程に。

正直ここ最近の僕と同じような雰囲気を醸し出していたので、こうなると嫌でも気になるというものです。
続きを読む

うわーい、サンタさんが靴下の中に絹ごし豆腐を入れてプレゼントしてくれたよー 2009年11月09日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:6

↑野です。

本日も朝から大学へ行き、その後大学の図書館にスライディングで侵入し、しばらく本を読んで帰りにコンビニで漫画を立ち読みするという目を見張るほどの生産的かつ合理的な一日を送り家路についた僕であります。

すると自宅ポストに郵便物が入っていました。
もちろん自宅ポストの郵便物を確認することに定評があり、実際に今年の夏に「第68回世界自宅に届いた郵便物を確認大会」にて日本代表で出場し、惜しくも1位は逃したもののしっかり2位の座をものにした僕はダンベルを与えられたケイン・コスギのような純粋な眼差しでこれを確認します。

続きを読む

スーパーひとし君人形を救う会 2009年11月07日 妄想 トラックバック:0コメント:0

テトリスやりたい。テトリスやりたい。もうかれこれ10年近くやってない。え?いやいやそっちの意味のテトリスじゃないですよ。何言ってんすか先輩。あのテーテテテーテテ♪のロシアンチックな曲とともにスタートする魔の依存度を誇る大人のオモチャ。ああ、自宅で一日累計14時間ぐらいテトリスやりたい。もうテトリスになりたい。今気づいた、僕がなりたかったのはテトリスだったんだ。皆から待望されるあの長い棒にはなれないかもしれないけどそれに次ぐL字っぽいやつぐらいには上り詰めてやるさ。そして僕は回転させられL字から7字型に変形させられ、一気に3段ぐらい消してその役目を終えるのです。間違ってもあの正方形みたいなやつにはなってたまるか。あんなんになったら僕のテトリス人生終わるよ。

続きを読む

チャート式深読み数学 2009年11月05日 純ネタ トラックバック:0コメント:2

(問1)
次の確率分布に従う確率変数Xの期待値E(X)、標準偏差D(X)の値を求めよ

変数X  1   2   3   4   5
確率P 1/5  1/5  1/5  1/5  1/5



                             2008年 東狂大学茶番学部 出題
続きを読む

ボッコボコにされた水戸黄門とブロッコリーのオリーブオイル炒め 2009年11月04日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:6

まさかの↑野です。

人の目をちゃんと見て話しなさいと言われて育てられたことを今更になって思い出したものですからここ1週間は何をする時も相手の目をしっかりと見据えて話してきたのです。

相手の角膜に穴が開くのではないかというほど。
君の瞳に映る僕を見ているんだとでもいうほど。
思わず周りの景色がが桃色に染まり、どこからともなくラブソングが聞こえてくるほどに。 

松屋の店員♂が「大盛り豚飯ですね」といえば「お願いします」と言い。
コンビニの店員♀が「ストローお付けしますか?」と聞けば「それより僕と踊らない?」と質問に質問で返す。

そんな日々。
人の目をしっかりと見て話す。誠に素晴らしいことだと思います。
そいつらが何故か僕の目を見て笑うことを除いては。
続きを読む

生まれつき恋するたびに笑点のBGMが鳴り響く体質 2009年11月03日 日記 トラックバック:0コメント:11

最近歳をとったなと感じることが多いのです。
もう3割くらい最近の若い子が何言ってるのか分からない。
まあ若い子と喋ったりしないのですが電車の中で女子高生の会話に聞き耳を立てるのは常識であります。

こう見えても僕は何を隠そう昭和生まれ、現在も築25年の昭和アパートに済んでいる昭和の申し子なので平成生まれの子たちを見ては何だか切ないような気持と僅かな対抗心に似た感情が入り乱れ、思わず「パンツください2000円までなら払いますんで」とか言ってしまいたくなります。
続きを読む

ペプシ熟女味 2009年11月02日 日記 トラックバック:0コメント:8

↑野です。

履いていくパンツがなかったものですからノーパンで大学&図書館だったわけです。
俗にいうノーパン・キャンパスライフだったのです。
秋の爽やかな風が吹き抜けていましたとも、ええ吹き抜けていましたとも私の股間のライブラリーにも。

「秋茄子は嫁に食わすな」とは間違いであると考えます。
正しくは「秋嫁にパンツを履かすな」と言うべきでしょう。

こうして{↑野?パンツ×底辺÷2}は図書館にて本を読み勉強をし、人知れずノーパン背徳感をご賞味していたのであります。
続きを読む

桃太郎 2009年11月01日 純ネタ トラックバック:0コメント:4

むかしむかしとある山奥に、詳しく言うと岡山県の北の方のなんかやたらと虫がいっぱいいる処に、おばあさんとおじいさんが二世帯住宅に一世帯で住んでいました。(当初息子夫婦と同居する予定で建てたんですけど、息子さんの嫁さんが都会育ちで田舎に馴染めないし、息子も東京都内の仕事を手放せないのでこういったことになってしまいました。家はよく考えてから建てなきゃいけませんね。)

おばあさんはなんかいろいろ役所と揉めててあれなんですけどやっぱり洗濯とかしとかないとほら、服とか着るもんなくなっちゃうじゃないですか?だから川に洗濯に行ったわけですよ。(おじいさんとおばあさんの息子さんは二人いて一人は弁護士、もう一人は農林水産省の事務次官をしていてかなり裕福なのでちゃんと家に二層式ドラム型洗濯機とかあったんですけどほら、おじいさんとおばあさんって戦後間もなく生まれた人なんで、いまいちそういう文明の利器的なのに全てを任せる生活っていうのに多少の抵抗感があったんですよ。)

ちなみにおじいさんは山に芝刈りに行ってものすごい面白いエピソードがあったんですけど今ちょっとプロデューサーに桃太郎のエピソード話優先だからそっちは喋らなくていいって言われたんで忘れてください。

おばあさんが川で洗濯していたわけですよ。そしたら何と大きな桃が流れてきたんですよ。いやいやマジでマジで。その時の証拠VTRがこちら!
続きを読む