排泄音聞かれるの恥ずかしいから音姫のボタン押したら鬼束ちひろの月光が大音量で鳴り出した 2015年08月15日 日記 トラックバック:0コメント:0

宗教上の理由から目黒川沿いを5時間散歩する皆さんこんにちは。
ラッパのマークの正露丸のラッパを吹いて鳴らすことができる↑野です。

ゆうちょふるファンタジー。
そう、つまり、郵便局には様々なストーリーが詰まっとる、そう思うわけですよわたくしは。

というのも、今時マサイ族でもやらなさそうな「納付書による直接手払い」を未だにこの高度文明社会こと日本国内でしておりまして、先日ゆうちょ銀行に行ってきたわけですが、ほんと、いろんな人、いろんな金融・保険商品や依頼があって面白いもんですね。

いろんな人々が訪れていろんなことを言いよる、そしていろんなことが聞こえてきよる。

たとえば、普通の感じの主婦っぽい人が隣の窓口で担当者に「配当金は12万3000円となっております」とか言われててね。

12万て!!
12万からの3000円て!!しかも「配当金」て!!給料でもなんでもなくそれとは別に12万て!!

しかもそれ聞いてる主婦の人真顔だからね?
下手したらちょっと不服そうな感じの声で「あー、そうですか…」とか言ってるからね?なんならちょっと不服そうにね?

12万でそのテンションて!!12万プラス3000円を配当金でその純然たる真顔と落ち着いたテンションて!!

あんたねえ?ふざけるんじゃあないよ!あんたみたいな客はねえ、こっちだってお断りなんだよぉ!えなり、塩まいときな!
                                             (友情出演:泉ピン子さん)

俺が逆の立場だったら失禁してるからね、普段絶対に使わないのにビックリしすぎて「そ、それは本当ナリかキテレツぅ!?」って窓口の局員に向かって叫んでるから、コロッケ片手に白目むいてるから、全裸になってその12枚の万札で陰部隠してるから。

っていうか、それ聞いた瞬間に心の中で「じゃあその内の2万3000円くれや!っていうかもう3000円でいいわ、そしたら端数もなくなってそっちもスッキリするやろ?3000円を最も上手く使える自信あるからそれ俺にくれや!!」って叫んでたからね。

かと思いきや、今度は反対側の隣の窓口で30代中盤ぐらいの男女二名が窓口で「昨日ドイツに送金したんですけどー」ときたよ。

ドイツて!!EUて!!だんけしぇん!!ダンケシェンやでえ!
ドイツに送金することある!?え?君たち頻繁にドイツに送金しちゃう派?なんかそういうサークルかなんかあんの?

そしてこれまたそのカップルの顔チラッと見てみたら純然たる当たり前顔!
もうね、ドイツ身近顔!自分ももはやEUの一員顔!心なしかでっかいフランクフルト食べてる気がしてきたよこっちまで。

こんな風にね、僕からしたら「え、そんなことしてるんだ」と意外に思えるようなことをしてる方々がたくさんいるんですね。
ゆうちょ銀行でこのレベルですから、もう外資証券窓口なんか、あんたもうたぶん乱交パーティーしてまっせ、いや絶対してるね!ドル札握りしめながらやってる!パンツにサイン済みのトラベラーズチェックおひねりで入れながらやっとるわあいつらは!

メガバンクの窓口なんて覗いた日にゃトゥービッグなイチモツをピシャァンピシャァンと書類記入用テーブルに打ち付けてるから。
「実印持ってくるの忘れたんでこれで」ってボロンと出しよるわな、メガなバンクさんの顧客ときたら、あーやだやだ!体が火照ってきちゃった!あらあんたそうやって、口座に何回も何回も、人前で入れたり引き出したり!親の顔が見てみたいもんだよ全く!

確かに俺は配当金を受け取っていない、ドイツに送金もしていない、しかしな、見てみこの瞳?めっちゃキレイやろ!?
この瞳のキレイさがあれば、配当金なんていらないんだよ、ドイツに送金する必要もないんだよ!

しかも前から言ってるとおり、俺乳首めちゃくちゃキレイだから!
女子大生が束になってかかっても勝てないぐらい、上半身裸の状態なら女子大に入っても許されるぐらいのな!

一人会計30万ぐらいする高級料亭の、あの日本庭園みたいな所に全裸の俺が正座してて、ししおどしが「カコーン…」てなるたびに俺の乳首にムーディーなオレンジ色の間接照明がスポットライトのように照らしてライトアップしてて、それを見ながら政治家や大企業の重役たちが料理に舌鼓打ってるからね、故スティーブ・ジョブズ氏もよくお忍びで俺の乳首見に来てたぐらいだから。

ほんのりと淡い桜色の、日本に生まれてよかったと思うぐらいの和の艶やかさを備えた、それでいてどこか懐かしくも甘美な追憶を呼び覚ますような、そういった趣と優美さとを備えつつ、壮麗かつ妖艶な不思議な魅力をも蓄えており、人類がいつか還る場所…


つまり、この記事で俺が何を言いたかったかというと、「俺の乳首はめちゃくちゃキレイ」ということ!以上!はい解散!!


マジックミラー号の中で医学生が献体解剖 2015年07月14日 日記 トラックバック:0コメント:0

にやにやしながら淡水魚を海水に放つみなさんこんにちは。
5メートルのシークレットシューズを履いて街中を行く↑野です。

あのね、おじさんね、気になったお店を食べログで検索するような人間になっちゃったよ…。

おまけにあれだからね、Googleマップまで参照にするようになっちゃったから、当日お店行く前に迷ったりせずにスムーズに行けるように、お店の位置しっかりと調べちゃってるから、ストリートビューまで引っ張りだして道順やお店の外観までしっかりと確認しちゃってるから、ストリートビューが撮影された年月日まで確認して、古い画像だったら、今はもうある程度景観が変わっちゃってて目印にならないかもしれないな、と、番組制作会社のADも真っ青なほどに、そこまで想定して下調べしてるからね。

変わっちまったなぁ…、あんなに他人の意向なんか気にするか!踊らされてんじゃねえよ!と喚きつつ、官能的な香りの漂う夜風を肩で颯爽と切りながら夜の港街を練り歩いていた、あの頃の俺はもうここにはいないんだよ。
ごめんなマサシ、おっちゃん変わったわ、人混みに流されて変わってしまったんだわ。(クローバー草原の上で大の字になって)

いつからこうなっちゃったんだろうな?
あの頃の自分になんて言われるだろうな?

こんな、外を歩いていて気になったお店をネットで調べて評価を気にするこのネタバレ・ライフスタイルを笑ってくれよ。

昔の頃の俺なら、こんな生き方を鼻で笑ってた。

「分からないからこそいいんだろうが」「迷うのもまた醍醐味」「初めて入る店での失敗を繰り返して勘を養え」「お台場冒険王以外でも冒険しろ」「俺35越えてから宝塚歌劇団目指すから」「昨夜お前の母親を抱いたぞ」「柴犬は常に笑ってるタイプの柴犬と、常に真顔のタイプのどちらかしかいない。俺は笑ってるタイプの柴犬が好きだ。あそこにこの世の全ての平穏がある」

こう豪語していたはずなのだ。

なのに今となってはこのとおり、牙の抜けたライオンどころじゃない、翼をもがれたエンジェルどころじゃない、名前から☆の抜けたつのだ☆ひろぐらいの落ちぶれよう、社会的常識を身に付けてしまった朝丘雪路、竹城あきと名乗るあき竹城、深夜に音の響くアパートで友達とブタミントン大会、SASUKEに関する記憶を全て忘れ去ってしまった山田勝己ほどの、人類史上稀に見る大罪。

ふふふ、笑ってくれよ……、こんなアタイを叱ってよ!!
街中で見かけた良さそうな店を後日食べログでチェックして、平均評価やメニュー、さらには店員の態度や店内の内装までしっかりと画面に食い入るように見ながらチェックしちゃってる、こんなアタイの姿を見ないでえぇぇぇ!!

そう、寝たわよ!わたし食べログさんと寝たわっ!!
食べログさんに食べられてしまったの!食べログにわたしの抱き心地評価も載ってるのよ!☆2.8だったわ、低いなおい!

仕方がないじゃない!
初めて入った店でランチで1500円くらい払ったのに、比較的小さめの飼い猫があんまり腹減ってないのに食べた昼飯ぐらいの量しか入ってなくて、しかも別段大して美味しくもなくて、「あれ、これ自分で作ったほうが美味くね?」と思う、店内で失禁もののボッタクリ店が、魔の大都会東京には五万とあるのだから!あんたたちがウチをそうさせたんや!この街が、あたしを変えたのよ!!

それに江ノ島なんて行ってみ!?どんだけしらす食わす食事処あるんだよ!雨後の竹の子よろしく、みーんなどこもかしこも「しらす丼ありますしらす丼ありますしらす丼あります」て、集団主義かよ、シラスファシズムかよ、一体一日で何兆ものしらすたちが胃袋という名の収容所に更迭され虐殺されてるというんだ。
そんな状況の中で、どのお店が評判いいのか、どのお店がお高くてどこはリーズナブルなのか?知りたいに決まってるじゃない!

特に観光地は、食い物を探す観光客を食い物にしようと目を光らせるボッタクリ店で溢れかえっている。
そんな、天使のような悪魔の笑顔この街に溢れている近藤真彦状態において、我々に勝機を見出させるは人々の口コミ情報のみ!

そう、高くて量が少なくてクオリティの低い店が乱立するこの魔界都市で僕らは生きてゆかねばならない。
店側にカモにされて食べられる前にこっちが店の方を食べてやらねばならんのだ!
その上で食べログは、口コミ評価は、一条の光の道しるべとなるんや!

全国の食べログを利用することに否定的なそこの君!


おまえも食べログに載せてやろうか!!!

モーセ「俺の前では海でさえ股を開く」 2015年01月30日 日記 トラックバック:0コメント:0


向かい風に土下座するみなさんこんばんは。
TSUTAYAのドキュメンタリー・コーナーの棚に自分の幼い頃のホームビデオをそっと潜り込ませる↑野です。

よく人の家とか畑にある、樹になってるミカンとか柿がもったいない。

毎年毎年、地面にボトボトと落ちては大量に腐っている。
かと思いきや、毎年スーパーでミカンや柿を購入する人は多い。
こんなにもったいないことがあろうか、もったいないの典型、もったいないの極地、もったいない界のNo.1風俗嬢(キスあり)。

それじゃあ、落して腐らせるんなら僕にくださいよヘイヘーイ!と言えるかというとなかなか言えないよね。
冬の桜木町駅の改札で恋人に好きだと言うことはできても、夜のオフィスで気になる同僚女性を駅前に新しくできたトルコ料理店に誘うことはできても、この声が枯れるぐらいに君に好きだと言うことができたとしても、戦争や差別のない平和で豊かな世界の実現を目指して自分にできる範囲で行動することはできても、他所のお家のインターホン押してミカンくださいとはなかなか言えない。

樹の所有者はしっかりと考えていただきたい。
自分たちで消費し切れないのなら、ご近所に配るもよし、無人販売所みたいにして、格安で売るのもよしではないですか。
それをなに落して腐らせてるんすか、たまに車に轢かれまくってるし、轢かれすぎてママレードみたいになってるし、ママレード・ボーイ気取りってか?道路が轢かれたミカンで黄色くなっててこりゃ「ひかれる オレンジ☆ロード」ってか?しゃらくせえ!

そんなことのためにあの子らは生まれて来たんやあらへん!
柑橘系の爽やかな香りと仄かな甘み、そしてあの芸術的美しさを無駄にしよってこのバカちんが!
世の中、食うに困ってる人たちもたくさんいるというのに!人間のすることやあらへんで!鬼や、あんたらは鬼や!

お前らみたいなもんが真の意味での腐ったミカンじゃい!
本当に落ちたのはミカンなんかじゃない!お前たちのその「心」こそが、ボトボトと地に堕ちとんじゃーい!


罪人処刑時の断末魔を聞くとお乳が張ってきちゃう妊婦 2014年11月23日 日記 トラックバック:0コメント:0



先日、みなとみらいの国際大通りを歩いているときに、連れに向かって「男なのに妊娠しちゃった」的なボケを連発しながら歩いていて、最後の一発のボケとして「アイム プレグナント!!(わたしは妊婦です)」と叫んだら、その瞬間、隣に背の高い白人の外国人男性がいたので、おそらく(このジャパニーズ、頭がおかしい…)と思われたはずです。


「じゃんけんで負けたほうが皇族入りな」 2014年10月22日 日記 トラックバック:0コメント:0



僕はよく、恋人や友人が自然な話の流れで「四季折々の…」と言うたびに、バブルガムブラザーズのWON'T BE LONGをもじって「四季オリオリオリオー!四季オリオリオリイェー!!」と大声で叫びながら満面の笑みで踊りだすのですが、今のところこれやるたびに確実に嫌われてますね。



 » »