「パンはパンでも全盛期のマイク・タイソンの隣で食べるパンは?」「緊張で味がしない」 2017年09月20日 日記 トラックバック:0コメント:0



先日、とあるクリニックに健康診断に行って、そこで初めてエコー検査を受けてきた。

エコー検査は看護師さんが画面を見ながら検査するわけで、まず初めにベッドに寝かされた後に部屋を真っ暗にされる。
真っ暗な部屋の中で看護師さんの顔が画面の光で照らし出されており、一種幻想的な雰囲気を帯びるとかそんなのはどうでもいい。

まさにまな板の↑野鯉状態で寝転がされ、腎臓がある腰の辺りにジェルを塗布され、「少しヒヤッとしますよぉ~」と言いながら、エコーのあの読み取り機みたいなやつを押し付けられたのですが、これがまた予想以上にヒヤッとした、ガリガリ君ソーダ味当てられてんのかと思った。

で、腎臓の部分のエコー検査が終わったら、膀胱の方も検査するらしく、服をずらして下さいと言われたので自分で少し下げて臍下あたりを露出していたら、「そんなぬるいことしてんじゃないわよっ!」と言わんばかりに、看護師さんにいきなりズボンをガッと勢いよくずらされて、いやもう”MajiでChinko出る5mm前”ぐらいまで下げられて、「失礼します~」とか言われた。

いや、失礼しすぎだろ。

もう、看護師さん僕の陰毛にちょっと触れてたぐらいだからね、いやマジで。
頭の中で「こんなことある?」としか思えなかった。

ベッドに横にされて、部屋真っ暗にされて、ズボン下げられて、ジェル塗られて、固いものあてがわれて、這わされて…

こんなもんもう、イヤラしいお店やないか。

看護師さんの手際と態度が慣れて事務的になってて、もうそういうお店のそういう時間の流れじゃないっすか。
ビビるわぁ~、クリニックってこういう処だったの?まさか慶應医学部出身のエリートのお医者さんに問診受けた次の瞬間に隣の部屋でこんなことされるとか、世間はいろんな意味で狭いんですね、ごった煮社会なんすね先輩。

あまりにも想定外で急な出来事すぎて、ズボンずらされた瞬間めちゃくちゃ小さい声で「ぇっ…」って言っちゃったからね。
普通のグラビアの撮影だって聞いてたのに、撮影開始30分後ぐらいにいきなり監督から「じゃあ、脱いでみよっか?」って言われた時の、地方から出てきた17歳ぐらいの女の子と同じぐらいの声の大きさと言い方での「ぇっ…」だからね。

逆に言ったら俺は17歳処女だよ。
普段どんなに着飾っていても、強がってみても、人は誰しも暗室でエコー検査受ける時は17歳処女になるんぜよ!

そんな感じで婦女暴行に近い膀胱痴女られ具合だったわけですが、世間的にはあるあるなのでしょうが、初めての僕にとってはやはり結構面白くもショッキングな体験となったわけです。

まさか健康診断受けに入っただけで17歳処女にされるとは思わなかったわ。
皆さんも処女にならないよう気を付けてくださいね。


”この世には 健康診断に行っただけで 君たちを17歳処女にしようとしてくる たくさんのクリニックたちが存在する
彼らは 時として牙をむき 君たちの陰毛すら触ろうとしてくる
僕は そんな君たちを守るために エコー室と同じぐらい真っ暗な部屋の中で一人ブログを書く 残念な記者なのかもしれない…”

                                        地獄先生ぬ~べ~OP語りパート風オチ





あっ、ちなみに健康診断の結果はものの見事に問題なしのオールオッケーだった。
そう、それはまさに、未だ何ものにも汚されぬ、純白の清らかな処女のように…。(スペアオチ)


赤いきつねと緑のたぬきと俺色に染め上げられたおまえ 2017年08月08日 ネタ雑談 トラックバック:0コメント:0




前から思ってたんだけど、女性とエッチするときにたまにパンツを脱がせたあと、脱がしきらずに片方の足の脛やくるぶしの辺りにクルンと丸まって輪っか状になったパンツあるでしょ?AVなどでもお馴染みの例のやつね。

あれさ、ミスタードーナッツのエンゼルフレンチにめちゃくちゃ似てるよね。   ダウンロード (5)

この世の森羅万象の中で、セックスする時に中途半端に脱がしたため片足で丸まってる女性のパンツは、これにしか似てない。
この世の全てのものを見てきた僕が言うのだから間違いない、信じて欲しい。

ポンデリングも多少は似てるけど、やはりエンゼルフレンチほどは似ていない、ポンデリングはどちらかというと健全中の健全ことシュシュの方により近い、出しゃばらないでほしい。


ということで、しつこいけど、女性とセックスするときに足先でクルンとなってるパンツはミスドのエンゼルフレンチに似てるし、ミスドは今キャンペーンやっててお得にドーナツを食べられるから、行為に及んで女性の足にパンツをクルンとした後に、ぜひ深夜のミスドにエンゼルフレンチを二人で食べに行ってみてほしい、僕は今日あなたたちにこれだけを伝えたかった。アディオス!

好きな女子の分度器の25度の部分だけを舐め回す男子小学生 2017年05月27日 日記 トラックバック:0コメント:0


以前はじめて横浜のランドマークタワーへ連れと行った時、夕食を食べにお好み焼き店に入った。

皆さん太古の昔からご存知のように、僕は人より大食いなので、お好み焼き2つは食べないとお腹一杯にならない。
座布団ぐらいの大きさなら普通に食べられる、鼻で笑いながら完食できる、その時の鼻息でお好み焼きの上の鰹節が飛ぶ。

そのため、店員さんにそのお店名物のお好み焼きを一枚、広島焼きを一枚、ネギ焼きを一枚、の計3枚を注文した。

すると、まだ不慣れそうな新人らしい店員さんが「え…、あの、お二人で、三枚ですか…?」って戸惑いだした。
まさかのクラスで一番キモい奴に告白されたぐらいオドオドしだした。

すると彼女は「少々お待ちください」と言って奥の厨房の方へと駆けていった。
そしてすぐに明らかに彼女より勤続年数の長そうな、リーダーっぽい女の人を連れて戻って来た。

そのリーダーの表情がまた険しめで、「あんた、裕子に何したのよ!あの子泣いてたじゃん!」的な表情をしていた。
もしくは、穏やかでめったに大変なことなど起こらぬ村で凄惨な連続殺人事件が起こったときの村長の緊急事態顔とでもいうか。

そして彼女は言った、「お客様、当店のお好み焼きはけっこうなボリュームがありまして、お二人で三枚は多いかと…」

ふざけないで欲しかった。
彼女は僕を誰だと思っているのだろうか?あの僕である。
年に数回ひとりでスシローに行き、30皿以上を平らげて、隣に座ったカップルの男の人が注文票を見るふりをして「マジかよこいつ…、ひとりで来て30かよ…、量がすごいというより、ひとりでそれをすんのかよ…」的な表情をされるぐらいの猛者なわけだ。

僕は自信に満ち溢れた顔でそのリーダー店員に言い放った。
「いや、僕は普通の人の二倍三倍は余裕で食べられるので大丈夫ですよ」

しぶしぶベテランっぽい店員さんの方も「それでは…」といって了承してくれた。

結果から言うと、まあそら、余裕だったわな。
話しながらゆっくりと食べて、それでも↑野ちゃん余裕の完食だったわな。
鉄板の上に何も残って無さ過ぎて、古代ギリシャ人が見たら「存在無き存在」という新たな概念を生み出すくらいな?
もうソクラテスも小さい声で「ぇっ…」って言いながら二度見して失禁するからね、傍にいたプラトンもそのこと書いてるから。

三枚の大きなお好み焼き、…、これらは一体どこへ行ったというのか?
そう、俺の胃袋という名の多次元宇宙へだ!俺の胃袋はニュートリノだ!(←逆にダメになっちゃてるね☆)

それじゃあみんなでもう一度言ってみようか?
この大量の料理はどこに消えたえのかぁ~~? セイっ!! (↑野さんの胃の中ああぁぁ~!)←埼玉スーパーアリーナの皆さん

もちろん食べ終わった後の僕はこの世で最もきれいなどや顔で店員を見やった。
店員は悔しさのためか「なんだこいつ…」といった表情で僕を見た。

連れと一緒にランドマークを出た時、そこには心なしか、いつもより美しく見える横浜の夜景が広がっていた。


…あれから何年が経ったろうか。
今の僕は食欲が完全に落ちてしまい、回転寿司店で16皿食べた瞬間「あふぅ…」と妖艶な響きの溜息をつき、ランドマークへ一緒に行った時と同じ連れに対して「あかんわ、もうお腹一杯やわ…」と潤んだ悲しそうな瞳で、ランドマークのお好み焼き屋で現れたソクラテスと同じぐらい小さな声で言っていた。 ※現代のランドマークにソクラテスはいません

僕に一体何が起こったというのであろうか?
あんなに大食い自慢をして、Twitter上でも「回転寿司なら軽く180皿は食べられる」とか「帆立ロールとか都こんぶって薄いから世田谷区の面積分ぐらいは食べられるよね」とか無邪気な笑顔で言い放っていたあの頃の僕に。

そんな僕が今では「小食な方が経済的にお得だから…」とか「癌をはじめとした現代の深刻な生活習慣病の多くは、栄養不足からではなく、むしろ過剰栄養から来ているんだ、だから食べない方が健康になれるんだ」とか言い出してるからね。

かつて「俺の胃袋は多次元宇宙だ!」とか宣ってた自分が今や「俺の胃袋はミンティアの入れ物ぐらいだ!」って言ってるから。

でもな!なあなあ聞いて!大食いってそもそもなんなんあれ!?なんの自慢なん?
食べる量が少ないに越したことはないやろ!なんやねんあのテレビチャンピオンとか!ジャイアント白田がなんぼのもんじゃい!
ギャル曽根に特別な税金をかけろ!飢餓に苦しむ人々の村のど真ん中で大食い選手権やってみろや!

たくさん食べられるのすご~いって、カービーかお前らは!!スーパーデラックスかよ!すぐにデータ消えて泣きながら再プレイするやつじゃねえか!弟や妹が間違えて消したのかと思って喧嘩してお母さんに怒られてパイの実食べさせてもらえなくなるだろ!

ということで、経済的にも健康的にも世界の食糧事情的にも小食最高!!
時代は小食 大食に食傷 そんな日々なら消色 イェア!(カナガワノラッパー)


とか言いながら、先日お酒飲みながら大きめの水餃子40個も食べちゃいましたテヘ☆


嵐のコンサートチケットを転売することによって生計を立てているおっさん名言集 2017年03月25日 純ネタ トラックバック:0コメント:0





“ 立派な人間になろうとするな、価値のある人間になろうとせよ

そして価値のある人間とは、他者に貢献する人間である ”



               ~嵐のコンサートチケットを転売することによって生計を立てているおっさん~



続きを読む

ぶらり一人旅:多摩モノレール制覇編 後編 2017年01月04日 企画 トラックバック:0コメント:0


001_R_20160529093059ec5.jpg

よう、みんな待たせたな!
すまん!この企画の前回更新が約5年前ということで、ずいぶん間が開いてしまいました。
しかしわたくしはやっと帰ってまいりました!

見てくださいよこの時間!
朝3時代に起きて、始発電車に乗って多摩モノレールに向かいましたよ!


ぶらり一人旅:多摩モノレール制覇編 前編
ぶらり一人旅:多摩モノレール制覇編 中編


続きを読む

ぶらり二人旅:高尾山 編 2016年05月26日 企画 トラックバック:0コメント:0


皆さんこんにちは。
何を隠そう僕は、数年前に初めて高尾に行ったのに高尾山に全く登らず、ガン無視して高尾山以外の森や町を歩きまくるという信じられないぐらい常道から外れた独創的なことを仕出かして、皆さんに白目を剥かせ失禁させてしまったわけですが。

そんな僕もとうとう高尾山に登ってきましたよ!(二回目ですけどね)

続きを読む

うえさんぽ 第3回 上野公園・目黒川 桜祭り 2016年05月22日 企画 トラックバック:0コメント:0


いやぁ~どうもどうもこんにちは。
去年の2015年の春に上野公園と目黒川の桜祭りに行って来たよ。

日本の心である桜にはとことん興奮するよね~。
興奮しすぎてこっちの頬も桜色に染まっちゃうよ。


じゃあ行ってみようか!

続きを読む

うえさんぽ 第2回 横浜・みなとみらい 2016年05月14日 企画 トラックバック:0コメント:0


いや~こんにちは、今回は横浜のデパートで開催されたムーミン展に行った後、横浜はみなとみらい地区を散歩してきちゃったよ。
横浜市に住んでるとはいえ、みなとみらい地区にはなかなか行かないもんだからね、久しぶりにあの辺りを楽しんだよ。


それじゃ、行ってみましょうか。

続きを読む

ぶらり一人旅:狭山丘陵(トトロの森)編Ⅲ 2016年04月30日 企画 トラックバック:0コメント:0


217_R.jpg
そして私はまたこのトトロの住む地、狭山丘陵の入り口付近バス停へと舞い戻ってきた。
                                ※訪れたのは2014年の5月です。

                              ぶらり一人旅:狭山丘陵(トトロの森)編
                              ぶらり一人旅:狭山丘陵(トトロの森)編Ⅱ
続きを読む

パスカル「人間は考える自撮り棒である」 2016年04月24日 純ネタ トラックバック:0コメント:0



司会「箱の中身はなんだろな?さあ、どうですか挑戦者さん!」

挑戦者「ええ~!なにこれ~、触ったことない感触ですよぉ~!なんすかこれ~!」

司会「残り時間はもうあとわずかですよ!さあ、それでは答えをどうぞ!」

挑戦者「ええ~!なんかそこら辺の女子大生よりいい匂いするし、触ったことない感触だし、う~ん、すいません分かりません!」

司会「はい残ね~ん!正解は『この世の真理』でした~!」

挑戦者「どっひゃあー!ということは、僕が人類で最初にこの世の真理に触れたんですね!?うわ~い!」




哲学者「真理って、そこら辺の女子大生よりいい匂いするんだ…」



 » »